読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネコと夜景とビール

Nikonのデジタル一眼レフカメラ・D7100で撮影した写真を掲載しているブログです。路地ネコ、ジャンクションなどの夜景、限定醸造ビールの写真を中心に載せています。

NYからやってきた!キリン ブルックリンラガー!

ビール

DSC_6241

 ニューヨークNo.1クラフトビール!

 

2017年3月7日、ニューヨーク生まれのクラフトビール「ブルックリンラガー」がキリンビールから発売されました!アメリカを代表するクラフトビールブルワリー「ブルックリンブルワリー」とキリンビールが業務提携契約を締結しました。そのため、輸入販売ではなく、ライセンスに基づいてキリンビールがブルックリンラガーを醸造・販売する形になっています。これまで日本では輸入品の他、「常陸野ネストビール」を醸造する木内酒造がブルックリンラガーの製造ライセンスを取得して樽生のビールを製造・販売していましたが、今回の業務提携でライセンスはキリンが独占取得しているようです。

ラベルに大きく描かれたデザインロゴはあの「I LOVE NY」(LOVEはハートマーク)をデザインしたミルトン・グレイザー氏のデザインなんだとか。デザイン費はお金の代わりにブルックリンラガー飲み放題の権利で、という伝説も残っています。

 

発売してからいろいろとお店を回ってみたものの見つけることができず、駅ビルに入っているちょっと小洒落た食品専門店で購入することに。税込みで429円と缶ビールとしてはややお高めです。なかなかコンビニでは手にとりにくい価格帯のビールということで入荷しているお店も少ないのかもしれませんね。

 

 去年の夏、木内酒造のブルックリンラガーを飲みました。これも美味しかったんだよなぁ。

daiki-photo.hatenablog.jp

 

ブルックリンラガーは1800年代、ブルックリン地区で大流行していた「ウィーンスタイル」のビールを新たに再現したビール。モルトによって赤みがかった色のビールとまろやかなコクが特徴のウィーンスタイルを新たに表現しています。スタイルは「アメリカンアンバーラガー」。カラメルのモルトとアロマホップの華やかな香りと爽やかな苦味が特徴の、オリジナルスタイル。

 

昔ビールの本で読んだのですが、ブルックリンラガーは現地ニューヨークでは水道水を仕込み水に使っているとか。そんな大都市で水道水を使って大丈夫なんだろうか・・・と思っていたのですが、ニューヨークの水道水は厳しく管理されていて高品質なんだとか。なんだか意外です。

 

ホップの香りと柑橘系の苦味、そして爽やかな後味

DSC_6242

 

さっそくグラスに注いでみると、赤みがかったブラウンのビールがグラスを満たしていきます。香りはホップの爽やかな香り。飲んでみると、柑橘系、グレープフルーツのような苦味が爽やかで、ホップの苦味を感じさせます。カラメル麦芽を使用しているということでほのかに香ばしい香りが広がります。ホップの香りと苦味の感じはどことなくよなよなエールを思い起こさせるものがありますが、ブルックリンラガーは後味のキレの良さが特徴的。香りと苦味の余韻を感じさせつつ、すーっと消えていく後味。これは美味しい。

ブルックリンブルワリーのサイトにはこのビールとのフードペアリングが紹介されているのですが「ピザ、ハンバーガー、サラダ、ステーキ、ローストチキン、バーベキュー、揚げた魚、豚肉etc」と書いてあって、おお、アメリカン。。。確かに濃い味付けの料理にも負けない風味でありながら、後味がすっきり爽やかなのでよく合いそうです。キリンビールの製造は缶だけでなく業務用の樽生もあるので、飲食店でブルックリンラガーを飲む機会も増えるかもしれませんね。

 

ブルックリンブルワリーにはブルックリンラガーのほかセゾンやIPA、ペールエールなど多くの種類のビールが醸造されています。日本でもぜひ製造・販売して欲しい!

東海道の宿場町「吉原」の街を歩く

旅行 昼の風景

DSC_5833

東海道の宿場町「吉原」へ 

 

先日の沼津一人旅の際に立ち寄った富士市吉原。静岡のソウルフード「さわやか」のハンバーグを食べた後、吉原の街を歩いてみることにしました。ここで振り返っていきたいと思います。吉原の街にはアーケード、商店街があるということを事前に調べていたので、岳南電車の「吉原本町」駅を目指しながら、アーケードを歩いてみようというプランです。

 

 さわやか富士錦店は東京からもアクセスしやすいお店の一つ。静岡東部の観光と合わせて立ち寄れるお店です。

daiki-photo.hatenablog.jp

 

さわやか富士錦店を出て、国道139号線から川に沿って富士山に向かって歩いていきます。この川は小潤井川という名前の川で、富士宮市、富士市を流れる潤井川の支流として流れる川です。川の両サイドには桜の木が植えられていて、春は富士山とともに桜の楽しめる名所のようですね。春に桜咲く季節にぜひ一度見てみたい景色です。

 

DSC_5837

川沿いの道を歩いて、大きな通りにぶつかりました。どこに出ても富士山が見守ってくれている感じがしますね。iphoneの地図を見ながら細い道を入りつつ商店街を目指します。

 

DSC_5843

DSC_5844

 

吉原のセンターストリート「吉原商店街」へ到着しました。車道を挟んで店舗が並ぶ、整然とした印象の商店街。地方都市らしさを感じますね。平日の昼間ということもあるのでしょうが人通りはあまり多くはありませんでした。

 

それでも、活気が感じられないわけではなくて、おそらく古い店舗をリフォームしていたり、昔ながらのお店があったりと面白そうなお店がちらほら。

 

 

DSC_5845

おしゃれなカフェの店先で見かけた「つけナポ」の文字。吉原商店街は静岡・富士のご当地グルメ「つけナポリタン」の発祥の地だったんですね。つけ麺とナポリタンの融合。こちらのお店だけでなく、いたるところで「つけナポ」の文字を見ることができました。

今回はすでに食事を済ませてしまっていたので食べることができませんでしたが、これは一度ご当地で食べてみたい。また吉原に行く理由ができましたね。。

 

DSC_5849

大通りから一本路地に入ると公園。木々の隙間から見える富士山。いい雰囲気。

 

DSC_5847

調べてみると、あのいかりや長介さんが戦時中疎開していたのが富士市。まさにこの吉原あたりにいたということで、商店街の一角には「長さん小路」という通りがあったりするんですよね

ほかにも、商店街を盛り上げるために個人商店のコンサルを行って、ホームページのリニューアルやネットショップの拡充など、新規顧客獲得のために積極的に動いていたり、商店街をあげたイベントを多数行っていたり。知れば知るほど奥深い吉原商店街。今度はじっくり商店街を練り歩いてみたい。イベントのある時に来るのもいいですね。

 

DSC_5861

吉原商店街の最寄駅は岳南電車「吉原本町」駅。こちらももちろん富士山ビュースポットがあります。

DSC_5868

オレンジの電車がやってきて、吉原駅へと戻ります。

 

吉原ージヤトコ前間は富士山と岳南電車を一緒に撮ることができる絶好の撮影スポットがあります。今度は岳南電車の終点までいってみたいし、工場夜景も撮ってみたい。

daiki-photo.hatenablog.jp

 

 

富士山を背にして海側へ

DSC_5941

岳南電車で吉原駅に到着したら、今度は富士山を背にして海側へと出てみます。駅の反対側は田子の浦港。このあたりは漁港というよりは貿易港という感じですね。

DSC_5953

吉原駅すぐ近くにある公園には鉄骨のタワーがありました。説明書きを読むと津波避難タワーとのこと。高さ15メートルのこのタワーは、東日本大震災後に津波対策の一環として建造されたそうです。

日中は展望台として解放されていて、上に上がることができます。90段近い階段を登りきって最上階へと上がると、富士・吉原の先にそびえる富士山がよく見えます!これは絶景。

 

DSC_5963

西に目を向けると田子の浦港の姿を上から見ることができます。 田子の浦はシラスがおいしいみたいですね。今度食べに行ってみたい・・・また一つ来る目的ができてしまった。

 

DSC_5968

レンズを換えて、空を広めに取り入れてみました。青い空と白い雲、そして富士山。やっぱりいいなぁ。雲の流れをぼんやりと眺めながら、ゆっくりとした時間が流れていきます。

 

DSC_5944

 

タワーを降りて駅へと戻ろうと歩いていると、おや、こんなところでネコさんが。港町にネコさん。いいですねぇ。

DSC_5952

 

白い毛がキレイなネコさん。脅かしちゃって失礼しました。

 

予想を超えて楽しかった「吉原」

沼津旅行一日目の目的地として選んだ吉原でしたが、結果的に大正解。岳南電車と富士山の組み合わせで写真が撮れるスポットは極めてフォトジェニック。ローカル線で行く旅情も味わえます。吉原商店街はまたじっくり回ってみたい。そして「さわやか」にも行ける。のんびり観光したいスポット。電車で2~30分で来れますし、沼津や熱海などと組み合わせて観光してもよいなーと思いました。また来たい、吉原。また来よう。

5年ぶりのリニューアル!サントリー ザ・プレミアム・モルツ!

ビール

DSC_6238

 

5年ぶりのリニューアルを果たしたプレミアム・モルツ

 

サントリーのビール事業を文字通り引っ張るフラッグシップブランドである「ザ・プレミアム・モルツ」。そのプレモルが2017年3月14日からリニューアルして登場したということで、近所のコンビニで買ってきました。缶のデザインも「The PREMIUM」の部分が大きく、強調されているようです。

サントリーのホームページでは「リバイタライズ(revitalize)」という言葉を用いて今回のリニューアルを紹介しています。ネット辞書で調べてみると「新たな生命を吹き込む」というようなニュアンスでしょうか。ここまで順調に売上を伸ばしてきていたプレモルを、敢えてこのタイミングで刷新して新たな生命を吹き込む、という意気込みを感じます。ちょうど2018年のサントリーの新卒採用ページにこのことが書いてあったのですが、なかなか読み応えがありました。

広告も、イチロー選手を起用していますよね。元々イチロー選手と言えば、2009年と2010年のキリン「一番搾り」のCMキャラクターとして起用されていたので、ビールの広告でイチロー選手を見るとふとそのことを思い出してしまいました。余談です。 

 

「昔」を思い出させる香りと味

DSC_6240

さて、さっそく「リバイタライズ」されたプレモルを飲んでみましょう。缶を開けるとホップの香りがしてきますね。グラスに注がれたビールは明るいゴールド。さっそく一口飲んでみると、ホップの香りと苦味、そしてほのかに甘みを感じさせてしっかりとコクがある味わい。香りも味もくっきり強調されている感じを受けます。昔飲んだプレモルに近い印象ですね。

プレミアム・モルツが出始めた頃、初めて飲んだ時のインパクト。今でも覚えているのは新潟の出張帰りに同僚と新幹線に乗り込んで、キオスクで買った缶ビールで乾杯。その時プレモルを初めて飲んだと記憶をしていますが、口の中に広がるホップの苦味と麦芽の甘み、そして華やかな香り。「こんなビールがあったのか!」と驚いたのを覚えています。あの時の記憶が蘇ったというか。

ここ最近のプレモルは香りはあるけどほどほどで、という印象でしたが、今回のリニューアルで昔の「やんちゃ」さを取り戻した、というところでしょうか。

 

f:id:daiki_bassist:20170316075832j:image

近所のスーパーにリニューアル前のプレモルがまだ売っていたので、比較のためにと飲んでみました。プレモルの特徴である華やかな香りはありますが、口に入れた後の香りの広がりはリニューアル後の方がよりはっきりしていますね。味についても、リニューアル前のプレモルは苦味の方がやや強めに出ていた気がします。うん、確かに味にも変化が見られます。個人的にはプレモルは今回のリニューアル後の方が好みかな。

 

プレミアム・モルツらしい香りとコクを全面に打ち出してきた今回のリニューアル。結構インパクトありました。飲み比べしてみるとより違いがわかるので面白いと思います!