ネコと夜景とビール

Nikonのデジタル一眼レフで撮影した写真を掲載しているブログです。路地ネコ、ジャンクションなどの夜景、限定醸造ビールの写真を中心に載せています。

ネコと夜景とビール

日本三大稲荷の一つ!豊川稲荷へ!

DSC_0636

日本三大稲荷がひとつ、豊川稲荷へ!

 

GWの連休は奥さんの実家のある名古屋へ行ってきました。その際に観光ということで豊川稲荷へ行ってきました。豊川稲荷は愛知県豊川市にあるお寺なんですね。「稲荷」と聞くと神社を連想しますが、豐川閣妙嚴寺というお寺なんだとか。吒枳尼天が狐に跨っている姿から「豊川稲荷」という通称が付いたそうです。

また、諸説ありますが京都の伏見稲荷、佐賀の祐徳稲荷神社と並び日本三大稲荷の一つと言われています。豊川稲荷は商売繁盛の神様として有名なんですね。

 ちなみに余談ですが、今回は義両親と3人での観光。奥さんが予定があって出かけてしまうので、お義父さんが豊川稲荷へお誘いくださって行ってまいりました。義両親と3人で出かけられる程度には旦那業できているようです。

 

 レトロな雰囲気の門前街

DSC_0587

 

豊川稲荷にはJR豊川駅から徒歩5分程度の場所にあります。名古屋から行く場合は新幹線で「豊橋」駅に出て、豊橋からはJR飯田線で豊川駅へ向かいます。名古屋からは約1時間ほどかかります。

豊川駅から豊川稲荷へ向かうその間には表参道がありいろいろなお店が並んでいます。今は「豊川いなり寿司」がひとつの名物として売りだされていますが、商店街自体も昔ながらの建物を使って商売されていてその町並みがとても味わい深い感じとなっていました。

  

DSC_0576

 このレトロな看板も趣深い。

 

 

 

DSC_0589

 

中でも昼食をとったこちらの「かもめ」さんは創業80年、3代目のご主人が奥さん(もしかして娘さん?)とお二人で切り盛りされているのですが食事がどれも絶品!どれも美味しかったですが、中でも田楽の焼き加減と味噌の味が絶妙。

お店を回しているのはどうやらお二人だけみたいなので、食事の出てくるスピードはご容赦くださいね。もし豊川稲荷に出かける機会がありましたらぜひぜひ。

 

 

いざ、豊川稲荷へ

DSC_0603

表参道で腹ごしらえしてからいよいよ豊川稲荷へ。5月3日に行ったのですが、人出はそれほど多くないようでした。なんでも、5月4日、5日と春季大祭という毎年開催されるお祭りがあるらしく、どうやらこの日は準備の方ばかりだったようです。春季大祭は神輿が出たりとかなりの賑わいで、一度見てみたいですね。

  

 

DSC_0605

 

稲荷ということでいたるところにキツネさんがいらっしゃいます。本堂の両脇にも阿吽のキツネですね。

  

周辺と空気が違う霊狐塚

DSC_0615

 

そしてそして奥にある霊狐塚へ。1,000体以上の狐像が並ぶ姿は圧巻。周囲を木々で囲まれて、木々の隙間から漏れる日差しが神秘的。私は霊感とかそういった類のものは一切ないのですが、このエリアに立ち入った時はズシッときたものを感じました。周辺と空気が違う。ちょっとピリッとした空気感。それだけのパワースポット、ということでしょうか。

  

DSC_0618

愛知のみならず全国の方々から寄せられた狐像が森のなかに並びます。

 

 

 

DSC_0624

ただただ圧倒される狐の数。パワーの充満している霊狐塚。また改めて、じっくりと伺いたい豊川稲荷でした。