読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネコと夜景とビール

Nikonのデジタル一眼レフカメラ・D7100で撮影した写真を掲載しているブログです。路地ネコ、ジャンクションなどの夜景、限定醸造ビールの写真を中心に載せています。

西国第三十三満願霊場 谷汲山華厳寺

旅行 昼の風景 寺社仏閣

DSC_0830

 三十三番、華厳寺!(水曜どうでしょう風に)

 

 

 

名古屋滞在二日目は岐阜県の谷汲山華厳寺へ行ってまいりました。

名古屋から大垣へ出て、そこからは樽見鉄道で谷汲山へ。

谷汲山駅からはバスで10分ほどというアクセス。

大垣から30分も乗ると自然豊かな風景が広がります。

 

DSC_0688

バスを降りて華厳寺までの参道はこんな感じで一直線。

春秋にはそれぞれ桜と紅葉がキレイだそうで多くの観光客が訪れるとか。

それでも新緑の中を歩くのもなかなかいいものです。  

 

  

DSC_0731

 山門をくぐり、本堂へ。

 華厳寺の創建はなんと798年!1200年もの歴史のある寺院だそうです。

西国三十三所観音霊場」の第三十三番札所ということで結願・満願のお寺として

多くの方が訪れているとのこと。33の札所をすべて回ったという方々の

写真も多く飾られていました。

 

 

DSC_0756

 本堂、満願堂の奥にはさらに「奥の院」と呼ばれるお堂があるそうで

行ってみることに。奥の院への道の入り口には三猿ならぬ三狸が。。

 

 

 

DSC_0781

 この奥の院への道、道と言ってもほとんど山道で普通に登山しながら

1時間ほど登って行くという結構ハードな道でした。。。

ヒールやサンダルで気軽に登るのは無理そうです。。。(ヒルもいるらしい)

 

 

 

DSC_0793

 山道を登っていくと途中に33札所と同じ数だけの祠が建っていて

それぞれ33札所の寺の名が記されています。

ここで33札所廻りができる、ということなのでしょうか。

それにしてもハードです。。 

 

 

DSC_0803

 ようやく到着した奥の院は陽の光が当たる明るい場所にありました。

見晴らしがいい、というわけではないですがここまで登ってきた甲斐があります。

 

 

 

DSC_0837

 帰りは遠回りなもののなだらかな道で無事下山。参道の食事処で

うなぎを食べて体力回復をはかりました。。。いやー、うなぎがしみる。。。

 

 

 

DSC_0857

 

イメージキャラクター「いのりちゃん」に見送られながら華厳寺とお別れ。

桜や紅葉の季節ではありませんが、素晴らしい経験のできた華厳寺

今度は紅葉の季節にぜひ行ってみたいものです。