読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネコと夜景とビール

Nikonのデジタル一眼レフカメラ・D7100で撮影した写真を掲載しているブログです。路地ネコ、ジャンクションなどの夜景、限定醸造ビールの写真を中心に載せています。

川崎工場夜景バスツアーへ!その1「川崎マリエン展望室」

DSC_0367

はとバスで川崎工場夜景へ!

 

この間の工場夜景バスツアーの備忘録です。

 

川崎工場夜景のバスツアーの出発地点は東京駅。実は初めて乗る黄色いはとバスで一路川崎へ向かいます。この日はほぼ満席。40名近い人数がツアーに参加していました。催行は毎週土曜日、16時20分東京駅発のツアーです。料金は大人1名6,200円。はとバスのホームページから予約するのですが、結構早いタイミングで満席になっているようです。

 

 

DSC_0368

まずは川崎・コリアンタウンにて焼き肉で腹ごしらえ!

 

ガイドさんの案内を聞きながら、約40分ほどバスに乗り到着したのは川崎の焼肉屋「西の屋」さん。このツアーに参加するまで知らなかったのですが、川崎にもコリアンタウンがあり、焼き肉の名店が並んでいるんだとか。焼き肉とキャベツとご飯を一緒に食べるのが川崎スタイル。甘辛いタレにつけたお肉とキャベツの相性は抜群!カルビと鶏肉がセットで出てきましたが、どちらも美味でした。食事代はツアー料金に含まれていますが、ビールなどのお酒は別料金とのこと。焼肉と言えばビール!ですが、この先夜景撮りでトイレのない場所にも行くためここはぐっと我慢。。。 夜の海沿いは冷えますしね。

 

最初の目的地:川崎マリエンへ

 

焼肉で腹ごしらえをして、いよいよ工場夜景スポットへと向かいます。バスには「川崎工場夜景ナビゲーター」なる工場夜景の専門ガイドさんが搭乗して案内をしてくださいます。最初に向かったスポットは「川崎マリエン」。川崎市のコミュニティ施設ですが、10Fの360度展望室から見渡せる夜景は「日本夜景遺産」にも登録されているとのこと。

 

 

 

 

DSC_0378

マリエンから見る川崎の工場エリア。オレンジと白のライト、クレーンに煙突とこれぞ工業地帯。タイミングがよければ工場で出たガスを無害化する際に燃焼させた炎「フレアスタック」が見られるようです。ガイドさんの話に耳を傾けていると、どこから吹き上がるかわかるときもあるみたいですよ。

 

 

 

DSC_0380

 

こちらは東京湾方面。遠くに並ぶ灯りは京葉工業地域のライトだそうです。そして羽田空港へ着陸する飛行機が次々と目前を飛んでいきます。眼下には船で運ばれるための自動車がミニカーのように並んでいました。

 

 

展望室では望遠レンズが便利かも

 

展望室内の撮影は台にカメラを置いて撮影するしかなく、なかなかに苦戦。今回は広角レンズしか持っていなかったため展望室から工場やフレアスタックにズームして写真を撮ることが出来なかったのは少し心残り。展望台からは望遠で狙った方がいいかも。望遠レンズ・・・欲しい。。

 

 これくらいの高倍率レンズだと一本で対応できそうですね。

 

 

そしてそしてとても余談ですが、ブログを始めて1年となりました!いつも見てくださるみなさまのおかげで続けられています。今後ともどうぞよろしくお願いします。