ネコと夜景とビール

Nikonのデジタル一眼レフで撮影した写真を掲載しているブログです。路地ネコ、ジャンクションなどの夜景、限定醸造ビールの写真を中心に載せています。

ネコと夜景とビール

神戸1000万ドルの夜景を一望できる場所!諏訪山公園展望台へ行ってきました!

DSC_0852

これぞ神戸の夜景!

 

神戸といえば夜景の美しい街。一面に広がる夜景の美しさは、1,000万ドルの夜景とも称されています。そんな美しい神戸の夜景を一望できるスポットとして有名な、諏訪山公園展望台へ行ってきました。思わず息を飲むような、美しい夜景が目の前に広がっていたのでした。

 

諏訪山展望台へのアクセス

諏訪山公園は異人館の街・北野の西にあります。神戸の街を一望できるということで、少し小高い丘の上にあるため、車でのアクセスになります。徒歩でも行けるようなのですが、夜景の見られる時間帯は階段や歩道がかなり暗いため、あまりおすすめできないと神戸に住む叔父から言われてしまいました・・・昼間なら散歩がてら歩いて行くのも良さそうですけどね。

神戸の中心街・三宮から車で10分ほどでアクセスできるので、街中からは近いのですが、レンタカーかタクシーで行かないといけないので、ちょっと準備が必要かもしれませんね。

 

そんなこんなで、山を車で登ってきてたどり着いた諏訪山展望台から見た夜景は美しすぎて言葉が出ません。パノラマに広がるこの夜景こそ、神戸1,000万ドルの夜景。

 

DSC_0857

諏訪山公園から海の方角を見て、正面は神戸の中心街、左手の方に進めば大阪方面。水平線の先に光るのは大阪の湾岸エリアが光ります。諏訪山公園の展望台は標高160メートルと、ちょっとした高層ビルの展望台と同じくらいの高さなので、いい具合に街の夜景が詰まって見えるような気がします。高すぎると街の光が豆粒くらいにしか見えないのですが、なんというかちょうどいい高さ。東京タワーの展望台と同じくらいの高さなんですよね。 

 

DSC_0861

展望台からやや東向き、少し大阪方面に向きを変えて1枚。正面の空に伸びる光跡は関西国際空港から飛び立つ、もしくは降り立つ飛行機の光でしょうか。さらに右手には神戸空港にアクセスしようとする飛行機の光も見えます。港を行き交う船も海の上に光跡を残しながら進んでいきます。空も広いし、眼下にはまばゆいばかりの街の灯り。神戸・大阪という関西の大都市の夜景が一望できる諏訪山公園展望台。これは見ごたえがありました。

 

車で行かないといけないけど、行くだけの価値のある夜景が見られる、諏訪山公園展望台でした。

 

ハーバーランドから見える神戸のランドマークの夜景もやっぱりステキ。アクセスしやすいし、家族連れやカップルの旅行でも楽しめる夜景スポットですよね。ここも好き。

daiki-photo.hatenablog.jp