ネコと夜景とビール

Nikonのデジタル一眼レフで撮影した写真を掲載しているブログです。路地ネコ、ジャンクションなどの夜景、限定醸造ビールの写真を中心に載せています。

ネコと夜景とビール

「千住神社」の恵比寿さまをぐるぐる回して開運祈願!

DSC_5070

千住七福神のひとつ、千住神社へ

  

冬休み最後の日曜日、せっかくの散歩日和ということで北千住をぶらぶらと散歩してきました。今回は「千住神社」へ行ってきました。千住神社は千住七福神のひとつで、この時期は多くの方が七福神めぐりで訪れているようです。 

元々は平安時代に建立された稲荷神社が由来で、後に近隣にあった氷川神社と合祀になり、大正時代に今の「千住神社」という名前になった、歴史ある神社なのです。1,000年以上の歴史がある神社が北千住にあったとは。

千住神社は北千住駅から徒歩15分ほど。国道4号線を越えて千住宮元町の方へと進みます。駅からの距離では京成線「千住大橋」駅からの方が近いですね。

 

 災厄落としの「茅の輪くぐり」

DSC_5073

千住神社の境内へと入ってみると、参道には「茅の輪」がありました。いわゆる最厄落としの行事の一つで、お正月に茅の輪くぐりをすることで向こう半年の穢れを祓うといういわれがあります。半年ということは、もう一度夏(6月)に同じように同様の茅の輪くぐりを行います。これを「夏越の祓」と言うそうです。

 

茅の輪くぐりはくぐり方に順番があって

  1. 茅の輪の前で一礼して輪をくぐり、まずは左に廻る
  2. 左に廻って茅の輪の前に戻ってきたら、一礼して輪をくぐり、次は右へ
  3. 右に廻って茅の輪の前に戻ってきたら、一礼して輪をくぐり、もう一度左へ
  4. 左に廻って茅の輪の前に戻ってきたら、一礼して輪をくぐり御神前へ

ということで、やり方に倣って左、右、左とぐるぐるくぐってみました。これで向こう半年の穢が落とせましたね! 

 

千住神社の恵比寿さまは一味違う!

DSC_5079

千住神社は本殿の他、様々な末社があり、その中の一つとして恵比寿さまを祀っていmす。本殿に向かって右手に「願掛け恵比寿さま」のお堂があります。お堂には恵比寿様の石像が祀られていてお参りをするのですが、ここの恵比寿さまはちょっと珍しい恵比寿さまでした。お賽銭を入れて、にこやかな恵比寿さまを・・・

  

DSC_5080

  

DSC_5081

 ぐりぐりっと回します!!

  

女性は右に3回、男性は左に3回恵比寿さまを回して祈念して、その祈念に応じて恵比寿さまの体の部位を白いハンカチでなでる、という流れになっています。たとえば商売繁盛なら恵比寿さまの持つ鯛をなでます。合格祈願なら頭、縁結び・恋愛成就なら胸という風に。なんだかとげ抜き地蔵みたいな感じですね。恵比寿さまに直接触れて開運祈願ができるので、なんだかご利益ありそう!給料が上がるといいな、と恵比寿さまの鯛をなでて、お参り完了。

 

千寿七福神で開運祈願を!

今回は千住神社の廻る恵比寿さまに開運祈願!ということでお参りしてきました。北千住には「千寿七福神」として、7つの神社を廻って開運祈願ができるようになっています。北千住を3時間ほど歩いて回って7つの神社を巡れるそうです。一度街歩きを兼ねてやってみたいですね!

 

なかなか珍しい「廻る」恵比寿さまのいる千住神社をお参りした記事でした。