ネコと夜景とビール

Nikonのデジタル一眼レフで撮影した写真を掲載しているブログです。路地ネコ、ジャンクションなどの夜景、限定醸造ビールの写真を中心に載せています。

土鍋で美味しいご飯を炊く!我が家に「かまどさん」がやってきた!

DSC_7158

最高のご飯炊き鍋「かまどさん」

 

 

我が家は炊飯器ではなく鍋でご飯を炊いているのですが、これまで使っていた鍋がいよいよ古くなり、水が漏れ出したりしていたので新しいご飯炊き用の鍋を購入することにしました。いろいろ店を回ったりして見つけたのがその名も「かまどさん」!こちらは3合用です。

 

 伊賀焼の土鍋で三重県の「長谷園」さんが製造しています。下準備をしたら火加減いらずで美味しいご飯が炊ける!というスーパーな触れ込みに一目惚れして買ってしまったというわけです。

 


<iga-mono> 長谷製陶株式会社[公式ホームページ]

 

「火加減いらずで、かまど炊きのようなふっくら美味しいご飯が炊き上がります。」という紹介文に胸が躍ります。。

 

さぁ炊くぞ!その前に・・・初めて使うときは「目止め」をします

 かまどさんを購入して、初めて使う前に「目止め」という作業を行う必要があります。これは、土鍋でお粥を一度炊いて、お米のでんぷん質で土鍋の細かい気孔を埋めて水漏れしないようにするためです。茶碗一杯分の冷ご飯でお粥を作ったあと、1時間ほど置いてお粥を水洗い、その後目止めが完了します。「かまどさん」が自宅に届いてすぐにご飯を炊きたい!という気持ちをぐっと抑えて、初日は粛々と目止めの作業を行いましょう。

 

DSC_7148

炊き方:中強火で10分くらい

ということで、目止めが完了したら、いよいよかまどさんでご飯を炊きます!まずはお米の下準備から。必要な量のお米を研いで、20分ほど水に浸けます。お米の量や水の量はかまどさんの説明書に載っているので迷うことはありません。計量カップがあればやりやすいですね。

 

水に浸けたら、いよいよかまどさんでご飯を炊きます!コンロに置いて点火!火加減は中強火のままでOK。大体10~12分ほどすると外蓋の穴から蒸気が勢いよく吹き出してきます。それを確認したら1~2分置いて火を消し、20分蒸らしたら出来上がり。説明書にもこのまま書いてあってアバウトといえばアバウトなのですがこの通りに進めます。この辺はやっていくうちに感覚で覚えるしかないようですね。 

 

 

DSC_7180

最高に美味しい!かまどさんで炊いたご飯! 

 

そして炊き上がったご飯!!食べてみると笑っちゃうくらい美味しいご飯!!よく美味しいご飯について「お米が立ってる」という表現を聞きましたがまさにこれがその状態なんだなと思いました。固すぎずやわらかすぎず、水気もちょうどいい具合。これまでの鍋で炊いていたご飯とはまるで違いました。あまりに感動しておかずなしでご飯が進んでしまう。。。ちなみにほぼ毎日かまどさんでご飯を炊きますが、火を止める時間は毎回まちまちというか、「だいたいこれくらいかな?」という感覚でやってますが、基本的には失敗していません。結構アバウトにやってますが大丈夫。私は料理はほとんどやりませんが「かまどさん」でご飯を炊くのはできます。普段料理をしない人間でもできるくらい、簡単に炊けるんですよね。

 

使用後はささっと洗って乾燥させましょう

ご飯を炊いた後は普通に水洗いでOK。ただ、土鍋なので長時間のつけ置きはNGです。釉薬のおかげかお米もこびりつかずにさらっと洗えます。洗った後はよく拭いて、鍋底を上にしてよく乾かしましょう。普通の洗い物と大きく異なる点はないですね。 

 

強いてデメリットを上げるなら・・・

ここまでいいことばかり書いてきたので、デメリットになると思う部分を上げてみます。

  • 重い、大きい
  • 当然ですがタイマー機能がないので出掛ける前にご飯を炊く予約はできない
  • ご飯を炊いている間はコンロが一口占拠されてしまう

というところでしょうか。

 

3合の土鍋なので重さは3.5キロ。サイズも直径25センチ、高さ18センチとなかなか存在感のある大きさ。女性だと重さが気になる、という方もいらっしゃるかもしれません。あとは土鍋で大きさもあるので、収納する場所もスペースを取ってしまいます。


また、火加減不要とはいうものの、10分以上コンロで火にかけないといけません。普段から炊飯器のタイマー機能を使われている方には不便に感じる点。火を止めるタイミングも結構アバウトなので「いつ止めたらいいんだ!」と気になる人は気になりますかね。火を止めるのを忘れたら焦げるし。。電気炊飯器の便利さ・効率さには勝てない部分です。この辺の電気炊飯器の便利さを重宝している方は、かまどさんを使うことに不便さを感じると思います。

 

便利さを取るか、ご飯の美味しさを取るか、それとも両方持つ?

我が家は元々鍋でご飯を炊いていたので、かまどさんの導入もスムーズに行うことができました。電気炊飯器を使っていた方が土鍋に切り替えるのは、なかなかハードルが高いかもしれないです。忙しい日などは電気炊飯器、時間に余裕があるときはかまどさんで炊く、なんていう使い分けをするのがいいのかなー、と個人的には思います。両方使ってみて、かまどさんでご飯を炊くのがご自身の生活スタイルに合うかどうか見てみるのも一つかと。

 

でも、一度かまどさんで炊いた、炊きたてのご飯の美味しさを味わうと、もう手放せなくなりますよー!

 

長谷園 かまどさん三合炊(直火専用) CT-01

長谷園 かまどさん三合炊(直火専用) CT-01