ネコと夜景とビール

Nikonのデジタル一眼レフで撮影した写真を掲載しているブログです。路地ネコ、ジャンクションなどの夜景、限定醸造ビールの写真を中心に載せています。

ネコと夜景とビール

東武線で行く群馬・栃木日帰りツアー!富弘美術館で芸術鑑賞

DSC_4345

 北千住駅から群馬・栃木へ!

 

 

土曜日に群馬・栃木の日帰りツアーに参加してきました!東武トップツアーズさんで「わたらせ渓谷鐵道」に乗れるツアーを見つけて申し込んでみた次第です。わたらせ渓谷鐵道の乗車のみならず、途中バス移動で「富弘美術館」や「足尾銅山」などの栃木・群馬の観光スポットを回り、最後は日光でお土産を購入して、という盛りだくさんのツアーです。

 

東武の特急列車で一路群馬方面へ。電車は浅草・北千住・東武動物公園から乗車することができるので、私たちは最寄りのターミナル駅である北千住駅から乗り込みます。東武線の1Fホームの埼玉寄りの端に特急専用ホームがあり、そこで電車を待ちます。往路は「りょうもう」号!赤いラインの電車です。日光方面へ行くのは「スペーシア」で、群馬方面に行くのは「りょうもう」というすみ分けですね。

 

 

 

DSC_4350

 

りょうもう号に1時間30分ほど揺られ、終点・赤城駅へ到着。ここからはロータリーで待っていたバスに乗り込んで目的地へ移動します。

 

 

富弘美術館へ

DSC_4356

 

最初の目的地は富弘美術館。赤城駅から車で約30分ほど走らせたところにある美術館です。ここは星野富弘さんの作品が展示された美術館。星野富弘さんは中学校の教諭になって部活の指導中に頚椎を損傷、手足が麻痺するという事故にあわれ、その後口に筆をくわえ絵や詩を書き、作品を発表されていらっしゃる方です。

 

絵の美しさ、詩になった一言一言が心を打ち、涙しそうになりました。そして自分が五体満足で旅行できたり写真を撮ったりできることのありがたさ。美術館内は写真撮影禁止ですが、行けてよかった。

 

富弘美術館

 

 

DSC_4361

 美術館の裏手には草木ダム・草木湖が広がっています。ここはどの季節に来ても美しい自然が楽しめる場所でしょうね。紅葉もキレイそうです。 

 

 

DSC_4386

 トンボが近くに止まってくれました。秋の気配はまだもう少し先のようですが、さわやかな気分にさせてくれますね。

 

  

この後はわたらせ渓谷鐵道へ乗り込みます!

 

daiki-photo.hatenablog.jp