ネコと夜景とビール

Nikonのデジタル一眼レフで撮影した写真を掲載しているブログです。路地ネコ、ジャンクションなどの夜景、限定醸造ビールの写真を中心に載せています。

大人も子供も楽しめる!ANA機体整備工場見学へ!

整備工場で撮影したANA飛行機の写真

  ANAの整備工場へ! 

 

ANAの整備工場見学へ行ってきました!見学は事前予約制なのですが、平日に休みを取るタイミングがあり、うまく予約が取れました。ANAの機体工場見学サイトから予約を取ることができます。1週間先~半年先までの予約がオンラインでできるので、早めに予約を入れておくといいかもしれないですね。特に夏休みなどの夏季休暇中は平日でも予約が取りづらいようです。

 

予約について

予約が取れるのは月曜日から金曜日の平日となっており、時間帯は以下の4回となっています。

  1. 10:00〜11:30
  2. 13:00〜14:30
  3. 14:00〜15:30
  4. 15:00〜16:30

 

機体工場見学│企業情報│ANA

 

見学には年齢制限が設けられていて、小学生になっていないお子さんは参加できません。また、小学生のお子さんの場合も成人の引率が必要となっていますのでご注意くださいね。  

 

ANAの整備工場は東京モノレール「新整備場」駅が最寄駅になっています。駅から歩いて15分ほどの距離になりますが、空港が近いということもあり、飛行機の離着陸を見ながら歩くのもなかなか楽しいですよ!

まずは座学で飛行機と空港の説明から!

ボーイング機で使用される炭素素材の写真

 見学会は90分コースで、前半はお話し会、後半は整備工場見学になります。前半のお話し会はANAの所有する飛行機や空港の仕事について説明をしてくれます。実際の一日の仕事を追いかけるビデオを見るのですが、飛行機が旅客を乗せて飛び立つまでに多くの人が関わって、安全に飛び立てるよう働いているのを見ると、ちょっとジーンとくるものがありました。

お話し会の部屋には飛行機の外板やコクピットの窓ガラスなど、実際に使われている部品などが展示されていて、自由に触ったりすることができます。最新の787の炭素素材は軽かった!実際に使っているパーツを触れたりするのはなかなか興奮します。 

 

ヘルメットをかぶるピカチュウの写真

 お話し会が終わると、いよいよ工場見学へ。安全のため、ヘルメットをしっかり被りましょう! 

 

 いざ、整備工場へ!

整備工場で整備される飛行機の写真

整備工場見学は4つのコースに分かれ、それぞれ係の方に案内されて整備工場へと進みます。整備工場のオフィスフロアを進み、まずは整備工場3Fフロアへ!工場内に入ると整備中の飛行機が目前に広がります!!スゴイ迫力! 

 

整備工場に格納される飛行機の写真

整備工場の3階から見た光景

 この日は整備工場に2機の飛行機が格納されていて、それぞれ整備士の方が実際に整備されている場面を見学することができました。足場が組み上がっていて、飛行機を挟み込んでいますね。 

 

なかなか見られない迫力あるアングル!

整備中の飛行機を足元から見上げた写真

そしていよいよ整備工場の1Fフロアへ降り立ちました!整備中の飛行機が間近に見られます!ドックの足場は移動式で、格納された飛行機に合わせてサンドして足場を組むとか。なかなかこのアングルから飛行機を見ることはできませんね。

 

撮影には広角レンズがオススメです

整備工場では飛行機にかなり近づいて撮影することができます。飛行機全体を写したいときは広角寄りのレンズを装着しておくといいかもしれないですね。

私は今回シグマの広角レンズであるSIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC HSMを装着しています。DXフォーマット(APS-Cサイズセンサー)のD7100に装着しても超広角の15mmで撮影することができます。

 

SIGMA 超広角ズームレンズ 10-20mm F3.5 EX DC HSM ニコン用 APS-C専用 202552

SIGMA 超広角ズームレンズ 10-20mm F3.5 EX DC HSM ニコン用 APS-C専用 202552

 

一眼レフを購入したばかりの方でしたら、キットレンズの広角端が活躍しそうです。 

 

 ※ちなみに、見学中は写真撮影は可能ですが、ビデオでの撮影はご遠慮いただいているとのことですのでご注意ください。

 

整備工場に止まっている飛行機の全体像の写真

 

飛行機の先端を下から見上げる写真

 ふだんはなかなか近づくことのできないアングルから。空港で実際に飛行機に乗る時、羽田だとたまにバスで飛行機まで移動する時がありますが、それ以来ですね、このアングルで飛行機を見るのは。しかしデカイ。

  

ボーイング機のエンジンを正面から見た写真

 エンジンも間近に!すごい迫力でした。エンジンは一発10億から20億円くらいするそうです・・・!ロールスロイスのエンジンを搭載しているとか・・・! 

 

整備工場から見る着陸寸前の飛行機

 整備工場はA滑走路に面していて、見学中も飛行機が何機も着陸していました。この日は着陸に使われていました。広角レンズで撮影しているので飛行機が少し離れて見えますが、実際はかなり近くの場所に着陸しています。展望台から見るのとはまた違う、迫力の着陸シーン。

  

大人も子供も大興奮の見学でした

整備工場にあるフライトシュミレータの写真

 90分の見学の時間はあっという間に終了しました。いやー、楽しかった!!!今回はANAの工場見学でしたが、JALにも参加してみたいし、ANAももう1度参加してみたい!非常にいい経験でした。

ちなみにこのコクピットの写真は整備工場入口にある、過去に訓練用に使われていたコクピットです。大人もはしゃいでしまう工場見学でした。

 

工場見学で撮影した写真を使うには事前チェックが必要です 

 工場見学は写真撮影は自由にさせてもらいましたが、ブログやSNSに掲載する際は事前にチェックをしていただく必要があります。他の見学者や整備員の顔、他社の機体が写っている写真はNGということですがその他はOKということでした。

 

 

ANAの整備工場見学に参加したという記事でした。非常に楽しい工場見学!またぜひ参加してみたいですねー!!!