ネコと夜景とビール

Nikonのデジタル一眼レフで撮影した写真を掲載しているブログです。路地ネコ、ジャンクションなどの夜景、限定醸造ビールの写真を中心に載せています。

Negiccoに会いに新潟へ行ってきました

新潟駅

 Negiccoさんの本拠地・新潟へ

 

12月26日、約10年ぶりに新潟へ行ってきました!今回の目的は、新潟在住のアイドル「Negicco」さんのイベントに参加するため!10年ぶりといいながら、10年前に新潟に行ったのも仕事だったので、観光目的では実は初めての新潟訪問。せっかくの機会だということで、イベント前に新潟散策をしてきました。

前職では学校を回る仕事で、主に大学などが取引先で新潟市内の大学へ月に1度くらいのペースで行っていました。公共交通機関で移動したり、時にはレンタカーを運転したり。東京と新潟は新幹線で2時間程度なので、基本は日帰り。いつも新潟駅と取引先の往復だけで、観光らしい観光はほぼゼロ。新潟のこと、知っているようで実はあまり知らないなぁと感じていたので、今回の新潟入りはそういう意味でも楽しみ。

 

 今年、テレビで見たことからすっかりハマってしまい応援するようになったNegiccoさん。関東圏でのライブは何回か参加しましたが、本拠地・新潟への「遠征」は初めてです。

 

daiki-photo.hatenablog.jp

 

 

 念願かなって初めての新潟観光!ということなので、ついついるるぶを購入。観光スポットの案内役でNegiccoさんも登場しています。

るるぶ新潟 佐渡’16 (るるぶ情報版(国内))

るるぶ新潟 佐渡’16 (るるぶ情報版(国内))

 

 

今年リリースされたアルバム「Rice&Snow」は名盤です。ジャンルはアイドルなのかもしれませんが、純粋で透明度の高い高品質なポップミュージック。

Rice&Snow

Rice&Snow

 

  

まずは「万代バスセンター」を目指す

万代バスセンターへ

 新潟駅を出て、駅前の大通りを歩きながらまずは徒歩で「レインボータワー」を目指します。ここは新潟市内のバスならびに高速バスの発着所となっている「万代バスセンター」に併設されている施設で、前職時代にも何度となく使っていた場所。なんだかんだ場所を覚えているものですね。当時の記憶を辿りながら、新潟の街を歩いていきます。 

 

バスセンターのカレー

 今回バスセンターに立ち寄った目的は、ある意味Negiccoファンの聖地である「万代そば」を見るため!いわゆる立ち食いそばのお店なのですが、NegiccoのメンバーであるMeguさん(愛称:ぽんちゃ)が無類のカレー好きで、ここのカレーが美味しい!と広めていった結果、Negiccoのイベントがある度にここにファンが集結してカレーを食べる!という場所なのです。ファンが次々と訪れてはカレーを食べていくので、カレーが売り切れることもあるとか。

イベント前の朝ですが、この日もカレーを食べている方が多数。聖地巡礼的に立ち寄りましたが、自分は今回事情によりパスしてしまいました。次はバスセンターでカレーを食べるぞ!

 

  

みかづき

 万代バスセンターにはその他「新潟のソウルフード」イタリアンのお店・みかづきもありました。「イタリアン」は麺がパスタではなく中華麺で、トマトソースなどがかかった洋風ソース掛け焼きそば、という風に表現するんですね。昔通ったことがあったはずなのに、当時は食にほとんど興味がなくてほぼ毎回マックを食べていたのを思い出しました。当時の自分をぶっ飛ばしてやりたい。 

 

新潟の海の幸が食べたい!ということは寿司だ!

DSC_9613

 Negiccoの聖地とも言えるバスセンターのカレーをパスしたのは、新潟の海の幸が食べたくて、お寿司をターゲットにしていたからなのです。ということで新潟の有名店「廻転寿司 弁慶」さんへ行ってきました!万代バスセンターから徒歩で15分ほど、新潟駅からも20分くらいの「ピアbandai」という商業施設の中にあります。漁港である万代島に建てられた、鮮魚市場や新潟の産地直品が購入できる店舗などがある場所で、その中に出店している回転寿司店です。

www.bandai-nigiwai.jp

 

 

のどぐろ

 

佐渡産のネタで握られたお寿司はどれも美味しかったのですが、食べたかったのどぐろは絶品!脂が乗っていて、とろける美味しさ。のどぐろはお皿の柄の通り一番高い皿でしたがそれでも518円。低価格帯のお皿にも地元・佐渡産のネタが多く使われていて、かなりお得。日本海の海の幸が存分に味わえます。回転寿司だからと侮るなかれ。新潟観光のガイドブックにも乗っている人気店なので、行列が絶えないお店でした。お昼に行くなら開店直後から11時くらいが狙い目っぽいですね。 

 

 

新潟日報・メディアシップで新潟市内を一望

メディアシップ

腹ごしらえの後は、再び万代エリアへ戻って新潟日報・メディアシップを目指します。メディアシップは地元・新潟の新聞社「新潟日報」の本社が入っているビルで、オフィスの他にも商業施設やホールなど多様な機能を備える地上20階建てのビルです。このメディアシップの最上階に展望フロアがあるということで登ってみた次第です。朝8時から23時まで無料開放されているようで、日本海に沈む夕陽や新潟市内の夜景が一望できるスペースになっています(ただし、三脚使用はNGとのこと)。

   

DSC_9622

メディアシップから北側を望みます。向こうに見えるのは新潟で最も高い万代島ビル。中層階はオフィス機能、高層階は「ホテル日航新潟」の客室になっています。足元には「朱鷺メッセ」があります。信濃川が日本海に注いでいる河口になっていて、フェリーが入港していました。

写真では切れていますが、もう少し右手に先程行った「ピアbandai」があるんですよ。

  

DSC_9630

 こちらは南側。先ほどのレインボータワーにビッグスワン。いわゆる越後平野が一望できる方角ですね。この時間は少し雲が厚くなってきましたが、隙間からの光がまたキレイでした。

今回は時間の都合で無理でしたが、夕暮れ、夜景を見に再訪したいですね!

 

 

すっかり長くなってしまったので、次回に続きます。まだまだ新潟・Negiccoさんの聖地を歩いていきます!

 

daiki-photo.hatenablog.jp