ネコと夜景とビール

Nikonのデジタル一眼レフで撮影した写真を掲載しているブログです。路地ネコ、ジャンクションなどの夜景、限定醸造ビールの写真を中心に載せています。

ネコと夜景とビール

「昇仙峡ほうとう会館」でほうとう手打ち体験!楽しい甲府ツアー!

DSC_2188

 

甲府を満喫するツアー!

 

週末に甲府へと出掛けてきました。会社で「部署を越えた交流をしよう」という動きが広まっていて、有志でフットサルしたり、勉強会したり、ゴルフに行ったり・・・というような活動をしているのですが、その中で「部署を越えたメンバーで旅行に行こう!」という企画が立ち上がりまして、せっかくなので参加してみたという次第です。総勢12名のメンバーが集まって、今回はレンタカーで甲府へ!

朝9時に新宿で集合して、それぞれカンタンな自己紹介のあとは車2台に分乗して中央道へ!

 

 

 

 

DSC_2086

 

最初の目的地:昇仙峡ほうとう会館!

 

新宿を出発して、まず目指すのは甲府市内の観光名所のひとつ「昇仙峡」。昇仙峡にある「ほうとう会館」でほうとうの手打ち体験をします!新宿を出発して、2時間ちょっとのドライブであっという間に昇仙峡へ。甲府駅からも車で30分くらいの距離だそうです。

 

www.houtoukaikan.com

 

IMGP1936

 いざ、ほうとう手打ち体験!

 

受付を済ませて、さっそくほうとう手打ち体験へ。ちなみに、金額はひとり2000円とのこと。事前予約が必要です。

ほうとう打ちの体験道場へと入ると、中力粉で練られた生地と打ち粉、そして麺棒がそれぞれに用意されています。

 

 

IMGP1947

 

係の方の説明を聞きながら、まずは打ち粉を敷いて、生地を準備します。打ち粉はほうとうを茹でる時のとろみにも繋がるんだとか。

 

 

IMGP1950

 

まずは手で体重をかけながら生地を薄く伸ばしていきます!生地が結構弾力があって固く、みんなわーわー言いながら生地を伸ばしていきます。

 

 

IMGP1952

 

ある程度薄くなってきたら、今度は麺棒でさらに薄く伸ばしていきます。正方形で一辺の長さが30センチくらいの大きさを目指していくと、厚さが1.5ミリくらいになるということで、それぞれ一心不乱に麺棒をごろごろ。

 

 

IMGP1954

 

もう少しで30センチに到達するか、くらいの大きさです。四隅に向かって麺棒を転がしながら、生地をひたすら薄く薄く伸ばします。

 

 

 

IMGP1959

 

 

IMGP1962

 

生地が薄く伸びたら、生地を四つ折りに畳んで包丁で切っていきます。太さ・厚さは自分次第。包丁を入れて、生地ができあがりました!

 

 

 

IMGP1965

 

今回の生地は3人前用意できる量ということで、2人前はおみやげに、1人前はこのあと調理していただきます!

 

今回もカメラを持って行っていたのですが、ほうとう打ち体験にはQ7を。小さいので、ちょっと脇に置いておいて、場面場面でさくさくっと撮れる機動性。便利。

 

 

 自分用にQ-S1買ってもいいかも。。

 

 

 

IMGP1970

 

さっき打ったほうとうをいただきます!

ほうとう打ち体験が終わったあとは食堂へ移動。200人くらいが入れそうな大きな食堂です。こちらにそれぞれ鍋が用意されていて、これでさっき打ったほうとうをいただきます!

 

IMGP1977

 鍋に火をかけて、沸騰してきたらほうとうを投入!

 

 

IMGP1980

 

特製のみそを入れて、かきまぜながら6分待てば出来上がり!

 

 

IMGP1987

 

自分で打って、自分で切ったほうとう!打ちたてということもあっておいしさもひとしおです。かぼちゃをはじめとした野菜が入った味噌仕立ての汁もこれまた美味しくて、食が進みます。

 

 

IMGP1989

IMGP1990

 

修了証(という名のポイントカード)もいただきました

 

ほうとう打ちの記念ということで、体験した人には修了証が渡されます。裏はスタンプカードになっていて、ポイント数に応じてほうとう打ちの道具がもらえるという。10回、行けるかな・・・5回だとちょっと目指せそうかも?でも非常に楽しいほうとう打ち、大人の社会科見学的な感じで一同楽しく過ごしました!

甲府ツアーの写真、もう少し続きます!