読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネコと夜景とビール

Nikonのデジタル一眼レフカメラ・D7100で撮影した写真を掲載しているブログです。路地ネコ、ジャンクションなどの夜景、限定醸造ビールの写真を中心に載せています。

酒折で梅もワインも満喫!楽しい甲府ツアー!(その2)

花・植物 昼の風景 旅行 公園 ビール以外のお酒

DSC_2094

 

「シャトー酒折ワイナリー」へ!

 

先日の甲府ツアー、昇仙峡でほうとう打ちを体験した後は、酒折へと向かいます。目的地は「シャトー酒折ワイナリー」!開設25年、甲府を一望できる酒折の丘の上にあるワイナリーです。入り口には「大和武尊」のステンドグラス。調べてみると、酒折という地名は古事記にも登場するほど古くからある地名なんだとか。

 

 

www.sakaoriwine.com

 

DSC_2117

 

事前に予約しておいたワイン工場の見学へと進みます。休日でシーズンオフということもあり工場自体は静かだったのですが、セラー内の樽貯蔵庫はやはり雰囲気がありますね。樽に書かれた年月日を見ると、ワインは時間が作るのだなと改めて感じます。

 

 

DSC_2130

 

見学が終わったら試飲!

工場見学が終わったら、ワインの試飲もさせてもらえます!真ん中の「シャトー酒折物語」は酒折産のブドウのみを使用した辛口ワイン。

 

 

DSC_2128

 

試飲したメンバーはみんな満足そう。美味しいワインなんでしょうね。自分はというと今回はドライバーだったため飲酒はご法度。。。

 

 

DSC_2127

 

かわりにいただいたぶどうジュースも大変美味しかったです。ビール工場だったら、ドライバー代わってもらっていたかもしれない。。。

 

 

DSC_2139

 

ワインのあとは梅を見に「不老園」へ!

 

シャトー酒折ワイナリーから甲府の街を見ると、梅の花が咲いている場所がありました。ワイナリーの方に話を聞いてみると「不老園」という庭園で、この時期は「梅まつり」を開催しているのだとか。当初の予定には入っていなかったのですが急きょ梅を見よう!と不老園へと向かいます。シャトー酒折ワイナリーからは車で数分という距離なので、併せて観光してもいいかもしれないですね。

 

www.furouen.jp

 

 

DSC_2143

 

甲府きっての梅の名所

明治時代に甲府の豪商が別荘として開園したという不老園。早咲きから遅咲き、20種類以上の梅が植えられていているそうです。この時は5分咲きほどの開花具合だったようですが、きれいに開いた梅を楽しむことができました。

 

 

DSC_2145

 

天気もよく、白梅が青空に映えます。

 

 

DSC_2215

 

園内には大正時代に建てられたお屋敷があり、座敷に上がって見学することもできます。なぜか座禅を組みだした同僚の姿があまりに様になっていたので1枚。。

 

 

 

DSC_2151

 

ワインも梅も満喫できる甲府・酒折

 

ワイナリーの見学だけでなく、梅の鑑賞まで楽しめた酒折でした!この後は温泉へ!

 

 

 

daiki-photo.hatenablog.jp