ネコと夜景とビール

Nikonのデジタル一眼レフで撮影した写真を掲載しているブログです。路地ネコ、ジャンクションなどの夜景、限定醸造ビールの写真を中心に載せています。

ネコと夜景とビール

幻のビールを伝説の技でいただく!新橋「ビアライゼ’98」でアサヒ「マルエフ」を飲みました!

新橋「ビアライゼ98」のビール「マルエフ」の写真

 

伝説の技を今に伝えるマスターの店へ

 

私の勤務先の会社がある新橋に、幻のビールを伝説の技でサーブするというお店があるという話を聞き、仕事終わりに行ってきました!お店の名は「ビアライゼ’98」。新橋駅日比谷口を出て、SL広場の前のセブン-イレブンの脇の道を虎ノ門方面へ進み、ひとつ目の交差点を渡ったあたりにお店があります。

 

日本一美味しいビールが飲めたという東京・八重洲のビアホール「灘コロンビア」。そのお店の伝説的なマスターの最後の愛弟子が、格別な一杯を提供してくれるというお店が「ビアライゼ’98」。お店の説明を聞いただけでビールが飲みたくなります。。

 

bierreise98.jp

 

そんな伝説の技でサーブされるビールは、スーパードライの前身となるビール、アサヒ生ビール。通称「マルエフ」と呼ばれるビールです。スーパードライ発売の1年前に市場に登場したビールですが、スーパードライ発売後、一般向けの販売がなくなり、業務用の樽生のみが製造されるようになったのですが、現在はアサヒビールのホームページにもその名は載っておらず、大阪の吹田工場でのみ業務用の樽生が製造されているという状態。現在「マルエフ」を飲めるお店も限られているそうです。そんな今や幻のビールが伝説の技で注がれて飲めるなんて、楽しみで仕方ありません!はやる気持ちを抑えながらお店へと向かいます。 

 

アサヒビールにのロゴが入ったグラスに注がれた「マルエフ」

 

「コクがあるのにキレがある」

お店に入ってカウンターに通され、さっそく樽生「マルエフ」を注文します。カウンター越しにビールをサーブする姿を見ることができるので、ついついじっくり見てしまいました。サーバーからグラスに勢い良く注がれたビールは泡が多いのですが、気泡の大きい泡をそぎ落として、さらにビールをサーブ。きめ細かい泡が美しいビールが出されました。

さっそく一口いただいてみます。「マルエフ」の宣伝文句だった「コクがあるのにキレがある」そのままの味わい。スーパードライのようなキレ味に、後味に残るほろ苦さ。でもエグみや雑味は全く感じないのはその注ぎ方によるのでしょう。キレ味の中にまろやかさがあります。なんというか、思わず笑顔になってしまう美味しさ。

現状の商品ではドライのキレにコクを追求した「ドライプレミアム」などがありますが、それらともまた違う、コクとキレの共存。炭酸が適度に抜けていて飲みやすく、435mlがあっという間にグラスから消えてなくなってしまいました。

 

  

新橋「ビアライゼ98」のビール「マルエフ」ハーフパイントグラスの写真

 

本当は一杯だけのつもりだったのに、やめられなくてもう一杯、ハーフパイントで。あまりに飲みやすくてついついもう一杯、という方が多いそうです。よくわかります、だって美味しいから。

 

樽生のビールサーバーは「灘コロンビア」時代、昭和24年から使われているものを引き継いだもの。最新のビールサーバーは機械的にビールを急冷できる便利なものですが、「それではビール本来の味が壊れてしまう」と、氷水を張って、長い管を通るビールを自然に冷やして注ぐ仕組みになっているそうです。ビール樽、サーバーの徹底管理、そしてサーブする技術。すべてが組み合わさって、最高に美味しいビールが提供されるのですね。

 

歴史あるサーバーから伝説の技でサーブされる、幻のビール。これぞ絶品と呼ぶにふさわしいビールでした。

 

お店はビールだけでなく洋食の美味しさも有名で、メンチカツは不動の一番人気。昨年末の「アド街ック天国」でも取り上げられていました。はてなブログで写真をテーマに書かれている方々と「ビアライゼ’98」に行った際に食べましたが、美味しかった。あまりに美味しくて、あっという間に皿からなくなってしまい、写真を撮りそびれてしまったのが心残りです・・・写真を撮るために、また行かないといけませんね

daiki-photo.hatenablog.jp

 

幻のビールが飲める新橋「ビアライゼ’98」。ここで飲めるマルエフは、ビール好きの方はもちろん、いろいろな方にぜひ一度飲んでもらいたいビールです。