読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネコと夜景とビール

Nikonのデジタル一眼レフカメラ・D7100で撮影した写真を掲載しているブログです。路地ネコ、ジャンクションなどの夜景、限定醸造ビールの写真を中心に載せています。

愛媛でぜひ食べたいB級グルメ!「じゃこカツ」をいただきました!

食事 お店

松山空港

 松山空港で見かけた「じゃこカツ」とは・・・

 

 

松山では瀬戸内海の新鮮なお刺身や鯛めしなど、いろいろとご当地ならではの食事をしたのですが、松山空港で「じゃこカツ」なる気になる一品を見つけたので、帰りの飛行機に乗る前に買ってみました。 「じゃこ天」はお土産などでもよく見たのですが、カツとは・・・?

 

 これがじゃこカツ!

じゃこカツ

 

松山空港の売店で購入したじゃこカツ!愛媛県宇和島の近海でとれたホタルジャコ(ハランボ)をすり身にして、成形してそのまま揚げるとじゃこ天になります。じゃこカツはじゃこ天をそのまま揚げたものかと思っていたら違うようで、ホタルジャコのすり身に人参やごぼう、玉ねぎなどの野菜を混ぜて、スパイシーな味をつけたら衣を付けて揚げるとじゃこカツの出来上がり。見た目はコロッケみたいな感じです。

 

 

 

じゃこカツ2

レンズのキャップと比べると2回りくらい大きいです(他に比べるものはなかったのか。。。)。レンズの直径が5.2センチなので、直径10センチほどの大きさでしょうか。

 

さっそく食べてみると外はサクサクとした食感、中は魚のすり身の甘さに少しスパイシーな味付けが絶妙!しっかり味が付いているのでソースなど何もつけなくても美味しい!!野菜が入っていることでより甘みが増しているようで、ついもう一口、もう一口とあっという間に一つ食べてしまいました。美味しくて夢中で食べてしまったので、じゃこカツを割ったところの写真などを撮るのをすっかり忘れました。。

 

 

 東京でもじゃこカツが食べたい!

香川愛媛旬彩館

 

あまりに美味しかったじゃこカツを東京でも食べられないかと調べてみたら、新橋にある香川・愛媛のアンテナショップ「香川・愛媛 せとうち旬彩館」に売っているらしい!ということで休日に新橋にあるお店へ行ってみました。場所は、JR「新橋」駅の銀座改札口を出て、JR線の高架を背中にして外堀通りを進み、「新橋一丁目」交差点の角になります。駅から徒歩1分くらいの近距離。

 

香川・愛媛 せとうち旬彩館|せとうちの旬を、東京で。

 

 

新橋一丁目交差点

ももてなしや

 

ちなみに香川・愛媛のアンテナショップのある「新橋一丁目」交差点、角向かいには岡山・鳥取のアンテナショップがあります。この交差点を密かに「瀬戸内海」と呼んでいるのは秘密です。

 

 

 冷凍じゃこカツ発見!

冷凍じゃこカツ

 

お店では冷凍のじゃこカツが販売されています!早速買って帰って家で調理することに。調理は簡単で、170度くらいの温度の油に、冷凍のままじゃこカツを入れて5分ほど揚げれば出来上がり。普通のフライやあげものとおなじ感覚で揚げて大丈夫そうですね。我が家は油少なめでフライパンで揚げてしまうのですが、しっかり揚がりました。

 

 

じゃこカツ
4

 

中はジャコのすり身に人参、ごぼう、玉ねぎと野菜が入っています。食べてみると、魚の甘さとスパイシーな味付け、そして外のサクっとした食感がしっかり味わえます!空港で食べた時と同じ感動!そしてこの味付け、ご飯にも合うし、ビールにも合うんですよね。。。冷凍でも東京で食べられるのは嬉しい!

 

愛媛に行ったらぜひ食べたい!じゃこカツ

いろいろ調べてみると、じゃこカツが世に出てきたのは10年ほど前からで、テレビや新聞でも取り上げられていたようです。いわゆるB級グルメという括りになるのでしょうか。いろいろなB級グルメがあるなかで、これはその中でもかなりハイクオリティだと感じました!食べやすいし、美味しいし。また松山に行ったら食べたいなぁ。。。

  

同じく愛媛の名産品「じゃこ天」と食べ比べてもいいかも。おかずにもお酒のおつまみにも良い感じ。


 

 

愛媛で出会ったB級グルメ「じゃこカツ」を食べて感激!な記事でした!