読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネコと夜景とビール

Nikonのデジタル一眼レフカメラ・D7100で撮影した写真を掲載しているブログです。路地ネコ、ジャンクションなどの夜景、限定醸造ビールの写真を中心に載せています。

マニュアルレンズと共に谷根千の路地を散歩してみました

谷根千の路地

 マニュアルレンズで谷根千の路地へ

 

 

いつもと違うレンズで谷根千散歩へ、ということでD7100にマニュアルレンズ「AI Nikkor 50mm f/1.4S」を装着して行ってきました。根津神社でつつじまつりの写真を撮ったあと、その足で根津の路地へと入って行きました。

D7100はセンサーサイズがAPS-Cサイズなので、50mmのレンズを付けると75mmの焦点距離になります。いつも使うレンズ(AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G)だと約52mmですので、いつもよりちょっと画角が狭くなっています。

 

 前回は85mm(APS-Cセンサーだと127.5mm)というレンズでの谷根千散歩でした。

daiki-photo.hatenablog.jp

 

 

谷根千の路地2

 

75mmの画角は思ったより狭くない印象。個人的には馴染みやすい焦点距離でした。路地の雰囲気がうまく1枚の写真に収まってくれるような感覚です。

 

 

谷根千の路地3

 なんとなく路地の収まりがよいので、どんどん入ったことのない路地へと進んでいきます。こんな石垣のようなところが谷根千にあったとは。。いつもと違うレンズでいつもと違う発見。

 

 ネコさんも発見

ネコ1

路地を進めばどこかで出会えるかな、と思っていたら、ネコさんを発見。こちらには目もくれず何かを目で追っています。

 

 

ネコとすずめ

 ターゲットはスズメ!

 

 

 

ネコ2

 スズメに逃げられて、ネコさんと目が合いました。。。

マニュアルレンズでのネコさん撮影はまだまだ精進が必要なようです。今回のネコさんは動かなかったので狙いが定められましたが、動かれるとピント合わせが難しそう。これはまた別の機会で練習が必要そうですね。

 

 いつもと違う路地で新たな出会い

谷根千の路地4

 

さらに路地を進んでいくと、いつの間にか谷中の近くへ。七面坂にかわいらしい外装のお店が「NecoJitaya」という煮込みとワインのお店だそうです。気になる。。。しかも谷中の名物「やなか しっぽや」の姉妹店と書いてあります。さらに気になる。。。お昼も営業しているみたいなので、今度の谷中散策の際には立ち寄ってみたいお店です。

 

 その後、ランチを食べにいってきました。

daiki-photo.hatenablog.jp

 

 

 

谷根千の路地5

 

のんびり路地を散歩して、気になるところはマニュアルレンズでじっくりピントを合わせて写真を撮る。楽しいですね。新たな発見ができました。

 

 

谷根千の路地6

 

マニュアルレンズと路地散歩の相性はバツグン。なんとなく、いつもとちょっと違った写真が撮れそうな気がします。またこのレンズをつけて谷根千散策へ行ってみたいと思います。

 

 

 カメラのボディではなく、レンズについた爪で絞りをガチガチっと調整するタイプのレンズ。30年以上前に発売されて今なお現行レンズとして名を連ねるレンズです。ニコンユーザーのマニュアルレンズの第一歩としてもいいかもしれません。使いやすいです。