ネコと夜景とビール

Nikonのデジタル一眼レフで撮影した写真を掲載しているブログです。路地ネコ、ジャンクションなどの夜景、限定醸造ビールの写真を中心に載せています。

夜の街でカメラを持ってネコさんと出会ったら

夜のネコ

 夜の街でネコさんを撮る

 

先日、実家からの帰り道にネコさんと遭遇したので久々に夜のネコさん撮影にチャレンジしてみました。少し前にタケルさん (id:sfTKL)のブログで夜のネコ撮影について書かれていたことを思い出しながら、自分はどうやって撮っていたっけと振り返ってみました。

  

タケルさんの撮影される夜のネコは美しいです。神秘的。

www.spaceflier.com

 

カメラはD7100というAPS-Cサイズのセンサーのカメラに、AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8Gという単焦点のレンズをつけて撮影しています。手ブレ補正はないのですが、F1.8という明るさで、多少の街灯などの明かりがあればなんとか撮影できる、というところです。

 

Nikon デジタル一眼レフカメラ D7100 ボディー D7100

Nikon デジタル一眼レフカメラ D7100 ボディー D7100

 

  

Nikon 単焦点レンズ AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G ニコンDXフォーマット専用

Nikon 単焦点レンズ AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G ニコンDXフォーマット専用

 

 

 

 

夜のネコ2

 

今回(というか毎回ですが)はISO感度を4000まで上げて、シャッタースピードを1/20~1/30くらいは最低でも確保できるようにして撮影しています。絞りも1.8から2.2くらいにしていました。本当だとISO感度はオートにしておくのがいいのかもしれませんが、毎回唐突にネコさんと出会って、その場にとどまってくれているうちに撮影しなければ!とISO感度をグイッと上げて撮影してしまっています。これくらいのサイズだとノイズはそこまで目立たないように見えますが、拡大するとザラッとした感じに見えてしまいます。夜なので仕方ないですが。。

 

 

夜のネコ3

 

動かれるとほぼブレてしまうので、連写しておいてブレが比較的少ない写真をあとで選ぶという手法になってしまいます。

 

 夜のネコさんは瞳が丸く可愛く写る

夜のネコ4

 

夜のネコさんを撮ると、瞳がまん丸で可愛く写るのが魅力的です。瞳孔が大きくなることで夜の少ない光を多く取り入れているんですよね。なので瞳がまん丸。明るすぎると黒目が細いので、もちろんそれでもカワイイのですが、瞳の大きなネコさんの写真を撮りたいときは夜の撮影にチャレンジしてみるといいかもしれませんね。

 

 

 

夜のネコ5

 

塀の上にいるネコさんは、近づいてみると警戒はするものの、すぐに逃げるというわけではなかったので近づけるギリギリまで寄ってみました。

 

 

夜のネコ6

 

夜のネコ7

ちょっと警戒されてしまったようですね。。このあたりは光の当たり具合もありシャッタースピードは1/30から1/40くらいをキープしていました。これよりも遅くなると焦点距離50mmほどでは厳しいですね。何枚か連続してシャッターを切って、ブレの少ない写真を選んでようやく記事になりました。 

 

焦点距離は50mmより広く、F値は小さい方がいいですね

夜のネコ8

 

タケルさんのブログにも書かれている通り、夜のネコさんを撮影する際はレンズ選びが重要になってきます。やはり絞り値の小さいレンズとなると単焦点で、かつ35mmから50mmくらいの焦点距離がバランスが良いように思います。私もAF-S NIKKOR 85mm f/1.8Gをつけて夜のネコさん撮影に臨んだことがありますが、焦点距離が127.5mmで手ブレ補正がないので、シャッタースピードが1/30でもブレブレで全然撮れませんでした。。。焦点距離が長くなるとその分シャッタースピードはより速くする必要が出てくるので、見られるレベルのISO感度で撮影しようとなるとなかなか難しいようです。

 

上の写真は広角レンズ(10-20mm F4-5.6 EX DC HSM)をつけて夜景撮影していた時に出会ったネコさんを撮ったのですが、広角レンズの方が1/10程度のシャッタースピードでもブレずに撮れたりするので、ネコさんに近づけたら面白い写真が撮れそうです。近づくのが難しいのですが。。。

 

夜のネコさん撮影は難しいけど面白い

タケルさんの記事を参考に、夜のネコさん撮影を振り返ってみましたが、瞳が大きく可愛らしいネコさんの表情が撮れていると嬉しいものです。難しいシチュエーションではありますが、引き続き夜のネコさん撮影をしていきたいですね。