読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネコと夜景とビール

Nikonのデジタル一眼レフカメラ・D7100で撮影した写真を掲載しているブログです。路地ネコ、ジャンクションなどの夜景、限定醸造ビールの写真を中心に載せています。

秋葉原・万世橋でクラフトビール!「常陸野ブルーイング・ラボ」へ行ってきました!

常陸野ブルーイングラボ

木内酒造「常陸野ネストビール」東京初の直営店!

 

週末に秋葉原・万世橋にある「マーチエキュート 神田万世橋」へ行ってきました!お目当ては、茨城のクラフトビール「常陸野ネストビール」の直営販売バー「常陸野ブルーイング・ラボ」です!創業200年の老舗酒蔵「木内酒造」さんが20年前に醸造・販売を開始したクラフトビール「常陸野ネストビール」が樽生で飲めるお店なのです。少し遅いですが母の日のプレゼントを兼ねて、ビール好きの母親を連れて遊びにいってきました。

mAAch マーチ エキュート 神田万世橋

 「マーチエキュート 神田万世橋」はその名の通り万世橋のそばにあります。秋葉原駅からは徒歩10分ほどでしょうか。電気街やオタク文化の秋葉原とはまた違った秋葉原が楽しめる一角です。

 

常陸野ネストビールはクラフトビール取扱い店でもよく見かけていたのですが、実はこれまで飲んだことがなかったので、自分としても楽しみ。常陸野ネストビールは海外にも積極的に出荷されていて「世界一売れているクラフトビール」とも呼ばれていたりします。

 

www.kodawari.cc

 

常陸野ブルーイングラボ

 「マーチエキュート神田万世橋」は、その昔、中央線の神田と御茶ノ水の間にあった「万世橋駅」の煉瓦づくりの建物を使ってレストランやカフェ、ショップを展開している商業施設です。昔の煉瓦をそのまま使った内装で、とても雰囲気のあるお店ばかり。海外のお客さんが多いな、という印象です。秋葉原自体海外のお客さんが多いですが、その中でも海外のバースタイルで飲めて、しかも海外でも知名度のある「常陸野ネストビール」が飲める、というところが理由なのかもと考えたり。 

 

 

常陸野ブルーイングラボ

 「常陸野ブルーイング・ラボ」の店内も、昔の赤い煉瓦の壁をそのまま活かした内装になっていて、とてもオシャレなビアパブといった雰囲気。

  

常陸野ブルーイングラボ

 壁面はカウンターテーブルになっていて、販売されているビールやビアグラスや商品などが展示されており、店内を見渡すだけでも楽しいです。「常陸野ネストビール」のロゴマークであるフクロウ、かわいいなー。

 

 9種類のビールから選んでいただきます

常陸野ネストビール

 店内ではキャッシュ・オン・デリバリー制(商品の注文ごとにレジでお会計)になっており、テーブルでメニューを見てからレジへ。まずは日本ビールらしい定番の「常陸野ネストラガー」と芳醇な麦芽の香ばしさが味わえる「アンバーエール」を注文!グラス一杯680円とお値段もお得に感じます。グラス一杯は330mlなので、量としてもちょうどいい感じ。

 

「アンバーエール」は少し強めの炭酸に、香ばしい麦芽の香り。ホップの苦味がしっかりあって、さらにアルコール度数は6%と飲みごたえのあるビール。

「ネストラガー」は日本のビールらしいラガービールですが、ホップの香り高いビール。ホップの苦味も効いていて、個人的に好きなビールでした。 

  

常陸野ブルーイングラボ

バーカウンターにはタップがずらっと並びます。クラフトビールを樽生で飲めるのって美味しいですよね。。うっとり。

 

 せっかくなのでおかわりを

常陸野ネストビール

 ビール好きだと一杯じゃおさまらないですよね。ということで昼間からおかわり。今度はイギリススタイルの「ペールエール」にローストした麦芽の香ばしさが魅力の「スウィートスタウト」をオーダー。

 「ペールエール」は特徴のあるホップの香りですが、スッキリとした苦味が爽やかで飲みやすいビール。「スイートスタウト」はアイスコーヒーのようなローストされた麦芽の香ばしさがありますが、見た目よりすっきりした味わい。コクと苦味が飲んだ後にすーっと引いていく感じです。

どれも特徴的ですがバランスのとれた美味しいビール。

 

 

常陸野ブルーイングラボ

おつまみに黒糖七味ナッツを注文してみました。黒糖の甘さと、七味のピリッとした辛さが混ざって甘辛ナッツがビールによく合います! 

 

 

常陸野ブルーイング・ラボ

お冷は「酒蔵の仕込み水」で微炭酸のミネラルウォーター。これがまた美味しい。こういう部分にも酒蔵のこだわりが感じられていいですね。

 

 

ひと味違った秋葉原の空気

常陸野ブルーイングラボ

 お店の外、神田川沿いはテラスになっていて、飲食を楽しめるようになっています。これからの季節、屋外で飲むのも気持ちいい季節ですよね!店外テラスでちょっと一杯なんていうのも。

 

川の向こうは電気街。神田川を挟んで、いわゆる秋葉原のイメージとはちょっと違った一角で、最高のクラフトビールを飲む休日。最高です。

 

 

 

日本のクラフトビール図鑑

日本のクラフトビール図鑑