読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネコと夜景とビール

Nikonのデジタル一眼レフカメラ・D7100で撮影した写真を掲載しているブログです。路地ネコ、ジャンクションなどの夜景、限定醸造ビールの写真を中心に載せています。

羽田空港でしか飲めないビール「羽田スカイエール」を飲みました

羽田スカイエール

 羽田限定のビール!

先日羽田空港に遊びに行った時に、羽田空港限定のビール「羽田スカイエール」を飲んできました!前からその存在は知っていたものの、なかなか飲む機会がなかったのですが、今回ついにありつけた次第です。

このビールを醸造しているのは、あの天王洲アイルの「T.Y.HARBOR BREWERY」なんですね。モノレールの沿線上にある、東京のクラフトビールの名門です。

 

 この日はちょうど「T.Y.HARBOR」のレストランで食事をしたのでした。クラフトビール美味しいです。

daiki-photo.hatenablog.jp

 

 

 第2ターミナルでボトルのビールをいただきます。

羽田スカイエール

羽田空港限定ということで、第1ターミナル、第2ターミナルのショップで購入することができる「羽田スカイエール」。今回は第2ターミナルにある「ウエストパークカフェ エクスプレス」でビールを購入しました。第2ターミナルの3Fにあるお店です。ここのお店はスタンドバーのようなお店で、羽田スカイエールは瓶での販売となります。650円で、プラスチックのカップもついてきました。 

 

ということで、カップに注いでいきます。その名の通りエールタイプのビールということでホップの華やかな香りが漂います。ビールは薄めのゴールドで美しい。飲んでみるとキリッとした飲み口で、エールビールらしい香りと程よい苦味が口に残ります。アルコール度数は4%でビールとしてはやや軽め。そのためグイッと飲んでしまえるさっぱりとしたビールです。

「T.Y.HARBOR」のレストランで提供されるビールはペールエールやアンバーエール、IPAなどクラフトビールらしい個性の際立ったビールが多いのですが、この「羽田スカイエール」はいわゆる日本の大手ビールの特徴に近い感じですね。すごく飲みやすいビールです。

 

DSC_6834

ちなみに「ウエストパークカフェ エクスプレス」さんでは「羽田スカイエール」だけでなく、バドワイザーやコロナ、ハイネケンなど北中米、ヨーロッパのビールや日本のスーパードライなど何種類ものビールがボトルで楽しめるお店です。フライト前にちょっとリラックスで一杯、なんていうこともできちゃいますね。

 

 「羽田スカイエール」を樽生で飲むなら・・・

DSC_6811

ちなみに、「羽田スカイエール」を樽生で飲めるお店も羽田空港の中に存在します。その中でも特にオススメなのは、第1ターミナルの展望デッキにある「スカイステーション」というお店です。羽田スカイエールを樽生で飲めるだけでなく、展望デッキから飛行機が離着陸するところを眺めながらの一杯。空港でしか味わえない瞬間です。

 

 

DSC_6823

第1ターミナルの展望デッキはスズメが多いんですよね。デッキで購入したホットドッグのパンをもらったりして、意外と人と距離が近いスズメたちと出会えます。ちなみにこの日は風が強く、スズメも飛ばされそうになっていました。。

 

DSC_6830

 

飛行機を眺めながらの一杯、最高ですね。次はぜひ樽生で味わいたい「羽田スカイエール」です。

 

 

クラフトビールぴあ (ぴあMOOK)

クラフトビールぴあ (ぴあMOOK)