ネコと夜景とビール

Nikonのデジタル一眼レフで撮影した写真を掲載しているブログです。路地ネコ、ジャンクションなどの夜景、限定醸造ビールの写真を中心に載せています。

エビス #126(イチニーロク) デュアルスムース!

エビス_#126

 セブン&アイグループ限定のエビスが登場!

 

2016年6月21日はエビス「#126(イチニーロク) デュアルスムース」の発売日でした!セブン&アイグループ限定のエビスということで、近所のセブン-イレブンで購入しました。税込みで255円。ブルーの格子柄のデザインが爽やかで美しい缶です。

「#126」とはSNSで使われるハッシュタグで、126年目を迎えたエビスの新たな挑戦、を意味しているのだとか。

 

ホームページを見ると、「#126」の特徴はエビスならではのコクと同時にスムースな味わいを実現しているところのようです。製法も特別なもので、雑味を抑えた「穀皮分離仕込」製法と、雑味成分の生成を抑制する「穏やかな煮沸システム」という2つの特徴的な製法を採用。エビスといえば豊かなコクと苦み、というイメージがありますが、そこにスムースという一見すると相反する特徴のようですが、これがどのように表現されているのか。

 

エビスの芳醇さにクリアな後味

エビス_#126

 

グラスに注いでみると、薄く鮮やかなゴールドのビール。さっそく口に含むやいなや、口いっぱいに広がるコク!そしてエビスらしい苦みが同時に口に広がっていきます!エビスらしい豊潤な味わいなのですが、後味は意外にもクリアですっきり。苦みの余韻が少なく、飲み終えると口の中はすっきりしている感じです。もう一口飲んでみると、また驚くようなコクが広がって、すっきりと消えていく後味。。ホームページにもあるコピーの通り「コクがあるのに、飲みやすい」とはこのことですね。原材料は同じでも製法でこうも変わるものなんですね。普段エビスを飲まれている方も、この違いはぜひ味わってみると面白いかもしれません。

 

今年は攻めてるサッポロビール(という印象)

今年はサッポロビールの新商品の展開が攻めてるなー、という印象です。初めて「サッポロ黒ラベル」のエクステンション商品となる「エクストラブリュー」をリリースしたり、エビス・ザ・ホップの復活にエビスのさらに上を行く最高峰の「エビス マイスター」など次から次へと新しいビールをリリースしています。黒ラベル、エビスともに別バージョンのスタイルをリリースして、ビール市場に挑んできている感じですよね。この挑戦状は受けて立たねば!と次の新商品を楽しみにしております☆

 

 

松徳硝子 うすはり ビールグラスピルスナー 355ml

松徳硝子 うすはり ビールグラスピルスナー 355ml