読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネコと夜景とビール

Nikonのデジタル一眼レフカメラ・D7100で撮影した写真を掲載しているブログです。路地ネコ、ジャンクションなどの夜景、限定醸造ビールの写真を中心に載せています。

2度目のリニューアル!サントリー「金のビール」を飲んでみました!

サントリー_金のビール

 

2度めのリニューアルを果たした「金のビール」

 

セブン&アイ限定で発売されているサントリー「金のビール」が2度めのリニューアルをしたということで購入してみました!セブン&アイブランドの中でもプレミアムブランドに位置する「セブンゴールド」から出ているのでお値段は普通のビールより少し高めの221円(税込)。プライベートブランドのプレミアムビールです。2014年にリリースされて以来、2015年に1度目のリニューアル、そして2016年の5月に2度目のリニューアルを行っています。

 

ホームページを見ると「4種類の麦芽を使用、一部は国産ゴールデン麦芽」「麦の旨みを引き出すデコクション製法」「アルコール度数6%の飲みごたえ」と、これまでの金のビールと同じ路線とのこと。アルコール度数を6.5%から6%に下げて、新たに「クリーミーな泡」という付加価値を打ち出してきました。果たして。

 

 

コクがあって「重い」ビール

サントリー_金のビール

 

ビールはやや濃い目のゴールドで、濃厚な味わいをイメージさせます。香りはどことなくウイスキーのような鋭い香り、というのでしょうか。ホップの香りとは少し違う印象です。一口飲んでみると、ほんのりと甘さを感じさせたあと、舌の奥に苦みを感じさせるビール。確かにコクはありますが、ちょっとアルコールの渋みが強い感じです。麦芽のコクよりもアルコールの重たさのほうが勝っている感じですかね。うーん、国内のビールにはあまりないボディのあるビールですが、何か違う。。。個人的な好みなので一概には言えませんが、前回のリニューアル時の「金のビール」の方がアルコール度数は高いもののコクと旨みと苦みのバランスが取れていたと感じました。むむむ。。。

 

これはサントリーの実験なのかも・・・?

「プレミアム・モルツ」や「ザ・モルツ」など看板商品も積極的にリニューアルをしているサントリーさん。「金のビール」も年に1度ペースのリニューアルとなりました。2014年に初めて出た時はアルコールの風味がちょっと強め、2度目はコクと旨みのバランスが取れたビールになり、3度めはアルコール度数を下げたのにアルコールの強さがまた前に出てきたビールとトライアンドエラーを繰り返している感じ。もしかすると、リニューアルを繰り返しながら最適解を見つけ出す実験なのかも・・・?また1年後、さらなる進化を遂げた「金のビール」と出会えるのかもしれない!?