ネコと夜景とビール

Nikonのデジタル一眼レフで撮影した写真を掲載しているブログです。路地ネコ、ジャンクションなどの夜景、限定醸造ビールの写真を中心に載せています。

浴衣で歩く、夏の倉敷・美観地区。「倉敷着物小町」さんで浴衣レンタル!

倉敷_美観地区_浴衣

夏の美観地区を浴衣で散策しませんか?

 

昨年の夏休みは岡山・倉敷の街に行っていました。倉敷といえば美観地区。江戸から明治にかけて建てられた建築物が並ぶ、情緒あふれる街並み。そんな歴史ある街を浴衣で歩こう!と浴衣をレンタルして倉敷散策へ出掛けることにしました。

 

浴衣は、旅行前に予約をしていた倉敷の「倉敷着物小町」さんでレンタルしました。倉敷駅前の本店に加えて、2014年から倉敷美観地区にもお店を出されていて、美観地区散策にはピッタリのお店です。倉敷川の一本外の道、「桃太郎のからくり博物館」のお隣にお店があります。

 

www.kimonokomachi.jp

 

料金は日中の時間帯のDAYプランで男性:3,500円、女性:4,500円。男女カップルだと6,900円とちょっとお得。奥さんとのレンタルだったので、カップルプランでお得にレンタルさせてもらいました。

 

開店時間の9時30分にお店にお邪魔して、着付けをしてもらいます。浴衣や帯も種類が多く、いろいろな組み合わせで提案していただきながら、気に入った浴衣を選んでいきます。自分は紺色に緑の帯を合わせてもらいました。薄い緑が爽やかでいい感じ。美観地区のなまこ壁と一枚撮ってみました。

 

倉敷_美観地区_浴衣

 

 奥さんは白い浴衣に青と紫の帯。これまた爽やか。帯がアジサイみたいでキレイでした。なまこ壁の蔵が立ち並ぶ路地で一枚。雰囲気出ますね。 

倉敷_美観地区_浴衣

 

 

 倉敷着物小町さんでは、デニム生地の生産が盛んな倉敷ならではの「デニム浴衣」も用意されていて、レンタルすることができるそうです。今回は普通の浴衣でしたが、一度着てみたいデニム浴衣。。

 

 

倉敷の街は浴衣が似合う

倉敷_美観地区_浴衣

 浴衣を着て、倉敷の街を散策します。紡績工場を元に開発された複合交流施設「アイビースクエア」。蔦のからまる赤いレンガの建物はホテルにもなっています。洋風な雰囲気なのですが、浴衣で来ても風景に溶け込みます。すごくいい雰囲気のエリア。 

 

倉敷_美観地区_浴衣

 やっぱり昔の建物が並ぶ街並みには浴衣がよく似合います。慣れない浴衣と履物でカラコロとゆっくり歩きながら、気になるお店を回ったり、路地に入ってみたり。楽しい旅行の思い出が、より記憶に残るものになりました。

 

 

また浴衣で歩いてみたい美観地区

普段浴衣を着ることはほとんどないのですが、旅行先で浴衣を着てみてとてもいい思い出になりました!歴史ある街並みと和服の組み合わせは抜群ですね。自分もその街並みに溶け込んでいるような雰囲気を味わえます。倉敷・美観地区はまたぜひ浴衣で歩いてみたい街並みです。次はいつ行けるかな。。

 

 

ことりっぷ 倉敷・尾道・瀬戸内の島 (旅行ガイド)

ことりっぷ 倉敷・尾道・瀬戸内の島 (旅行ガイド)

  • 作者: 昭文社旅行ガイドブック編集部
  • 出版社/メーカー: 昭文社
  • 発売日: 2012/06/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る