ネコと夜景とビール

Nikonのデジタル一眼レフで撮影した写真を掲載しているブログです。路地ネコ、ジャンクションなどの夜景、限定醸造ビールの写真を中心に載せています。

ネコと夜景とビール

「足立の花火」を遠巻きに撮影してみました

足立の花火

 

離れた場所から「足立の花火」を撮る

 

昨日、7月23日は足立区・荒川河川敷での「足立の花火」の日でした。毎年40万人近くの来場者が訪れ、1万2000発の花火が打ち上がる都内でも有数の花火大会です。足立区在住ではあるものの、40万人という人数に及び腰で毎年見送っていました。。ですが、今年はちょっと遠くから撮影してみよう、ということで撮影スポットを探して、少し離れたところから撮影してみることにしました。

 

今回の撮影場所は足立区某所。花火の打ち上がる会場からは約2キロ弱離れた場所です。マンションなどは多いのですが、タワーマンションなど都心のような高層ビルはさほど多くない場所なので、マンションや団地の隙間の空から花火が見られるスポットは結構あるようですね。

 

 

足立の花火

今回の撮影にはD7100に中望遠の焦点距離のAF-S NIKKOR 85mm f/1.8Gという組み合わせで臨んでいます。2キロ離れると、広角だとかなり花火が小さくなってしまいそうなので、今回は中望遠で一発を狙うスタイルです。焦点距離はDX(APS-C)なので127.5mmになりますが、さらにD7100のクロップ機能を用いて、さらに1.3倍の167.75mmまで焦点距離を伸ばします。中望遠単焦点がちょっとした望遠レンズに早変わり。2キロ弱離れた先の花火も結構大きく写すことができました。

 

 バルブ撮影の長さをいろいろ試してみる

足立の花火

 

花火の撮影は三脚を立ててレリーズを繋ぎ、バルブ撮影で撮影するのが一般的ですね。今回私もそのスタイルで撮影しています。2年前、初めて花火の撮影をしましたが、その時もバルブ撮影でシャッターを開いている時間に迷いながら撮影していたことを思い出しました。

 

daiki-photo.hatenablog.jp

 

花火会場から離れていると、花火が打ち上がるタイミングがわかりづらいので、一発上がったら次も上がるだろうと読み込んでシャッターを開く、という感じで狙ってみます。上の写真は6.5秒。花火が2発くらい重なっている感じでしょうか。

 

 

 

足立の花火

 

2枚目にも載せているこちらの写真はシャッターは4秒。色を残すには気持ち短めにしておいたほうがいいのかもしれないですね。このあたりは経験と練習あるのみでしょうか。

 

 

足立の花火

 こちらの花火は炸裂弾のようにピカッと光ってから火花の流れる花火。絞りをF13まで絞っていることで、「ピカッ」の光芒がキレイですね。

 

 マンションから見る足立の花火

足立の花火

 

上にも書いたとおり、足立の花火はあまり高いビルに遮られていないので、住んでいる場所によっては家から見られるという方も多いみたいですね。花火大会の時間にはいろいろなマンションから歓声が上がっていたようです。撮影が終わって家に帰ってから写真を見ると、画面右下、マンションから花火を撮影している方がいらっしゃいました。家から見る花火大会、というのもいいですね。

 

離れた場所から撮る花火大会もなかなか楽しいです

今回は花火会場からかなり離れた場所で花火を撮影してみました。ある程度の望遠レンズがあればそこそこ大きく花火を撮影することができますね。すこし離れた場所で穴場スポットを見つけたら、気軽に花火が撮影できるかも。

 

 

Nikon デジタル一眼レフカメラ D7100 ボディー D7100

Nikon デジタル一眼レフカメラ D7100 ボディー D7100

 

 

Nikon 単焦点レンズ AF-S NIKKOR 85mm f/1.8G フルサイズ対応

Nikon 単焦点レンズ AF-S NIKKOR 85mm f/1.8G フルサイズ対応