読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネコと夜景とビール

Nikonのデジタル一眼レフカメラ・D7100で撮影した写真を掲載しているブログです。路地ネコ、ジャンクションなどの夜景、限定醸造ビールの写真を中心に載せています。

ベイスターズCS進出を祝うべく「ベイスターズエール」と「ベイスターズラガー」を飲んでみました!

DSC_9569

 祝!ベイスターズCS進出記念!

 

横浜DeNAベイスターズが販売している球団オリジナルビール「ベイスターズエール」と「ベイスターズラガー」を購入しました!ベイスターズといえば 2016年ペナントレースにおいて、初のクライマックスシリーズ進出が決定!ということで、これはお祝いのために飲まなければ!!と球団のオンラインストアで購入した次第です。

当初は試合の日にスタジアムで販売されるビールということで、横浜スタジアムに試合を見に行かないと飲めないビールでしたが、8月より瓶ビールでの発売も開始しました。オリジナルビールの人気はかなり高く、横浜スタジアムで最も飲まれているビールになっているとか。

 

 以前に試合のない日に横浜スタジアムに行ったのですが、そのときは残念ながら飲めず。。。

daiki-photo.hatenablog.jp

 

DSC_9575

購入したのは「BAYSTARS LAGER & BAYSTARS ALE化粧箱入り4本セット」。ベイスターズラガーとベイスターズエールが2本ずつ化粧箱に入って送られてきました。金額は税込みで2,800円+送料となっています。

 

 

 球団初のオリジナルクラフトビール「ベイスターズエール」

DSC_9586

2015年に球団初のオリジナルクラフトビールとして登場した「ベイスターズエール」。地元横浜のブルワリーである横浜ベイブルーイングとの共同開発でリリースされました。「ベイスターズらしさ」をビールで表現するために選手・監督・コーチにアンケートを取り、その結果を元に誕生したという、まさにベイスターズを象徴するビール。ラベルのイラストも港町・横浜ということで帆船が描かれていたり、ベイスターズのロゴの入ったボールだったりとオシャレな感じ。 

 

 

DSC_9594

グラスに注いでみると明るめのゴールドのビール。一口飲むと、ホップの香りは爽やかで、苦味は控えめなとても飲みやすいビール。コクはあるのにすっきり飲みやすく、全体的に軽やかなビールですね。これはスタジアムで飲むとするするっと飲んでしまいそうです。美味しい。 

 

 木内酒造との共同開発で誕生「ベイスターズラガー」

DSC_9580

 こちらは2016年に球団オリジナルクラフトビール第2弾として登場した「ベイスターズラガー」。あの「常陸野ネストビール」でおなじみの木内酒造との共同開発で誕生したクラフトビールです。こちらはブルーを基調としたラベルで老舗ビールのような楕円のデザインが印象的。ラガーは日本の一般的なビールのスタイルですから、ラベルのデザインも昔ながらの瓶ビールにちょっと似せたのかも、なんて想像してしまいます。 

 

 

DSC_9593

 

こちらも美しく透き通った薄めのゴールドのビール。アロマ系のホップを使用しているということで、こちらもホップの爽やかな香りがただよいます。飲んでみるとホップの苦味と香りが広がって心地よいですね。この苦味が結構後を引いて、飲んだ後も舌の奥にじんわりと残ります。これでまたもう一口飲みたくなって、ビールが進んでしまいます。これまた美味しい。

 

 

これはスタジアムで飲むしかない!

DSC_0149

 

ベイスターズオリジナルのクラフトビールを飲んでみました。どちらもハイクオリティで美味しい!横浜らしい爽やかな2種類のビールは、スタジアムの観戦時に飲めば最高に美味しく感じそうですね!これは試合を見に行かなければ・・・!