ネコと夜景とビール

Nikonのデジタル一眼レフで撮影した写真を掲載しているブログです。路地ネコ、ジャンクションなどの夜景、限定醸造ビールの写真を中心に載せています。

新しい銀座の象徴!「GINZA PLACE」へ行ってきました!

GINZA PLACE

「明日の銀座を創るランドマーク」 

 

2016年9月24日(土)に銀座に新しくオープンした複合商業施設「GINZA PLACE」へ行ってきました!場所は銀座4丁目交差点の角、銀座の中心部。元々「サッポロ銀座ビル」が建っていた場所ですが、再開発に伴い生まれ変わりました。ちょうど銀座は通勤ルートなので、ちょっと遊びに行ってみようかと訪れた次第です。アクセスも東京メトロ銀座駅のA4出口と直結しているので、地下鉄を出ればすぐにたどり着きますね。

 

GINZA PLACEはかなり印象的な外観のビルになっています。今回は有楽町の方から歩いて向かったのですが、遠くから見てもかなりのインパクト。この外観は伝統的な彫刻の技法である「透かし彫り」をモチーフにしているのですね。東急プラザ銀座の外観も江戸切子をモチーフにしているので、晴海通り沿いには伝統工芸と現代のビルが融合した建築物が2棟並び立つことになります。現在も海外からの来客が多いですが、4年後の東京オリンピックを見据えて日本古来の文化と技術を発信する、というのもあるのかもしれませんね。

外観デザインアーキテクトとして国際的評価が高く、日本への造詣も深い、クライン ダイサム アーキテクツを起用。 「FRETWORK(透かし彫り)」をモチーフに、伝統工芸が持つ柔らかさ・優しさのある美しい表情と、発展する銀座を象徴するような上昇感・高揚感のあるエレガントで個性のあるデザインを目指しました。(GINZA PLACE公式サイトより引用)

 

ちなみに、施設全体のオープン前に地下の「銀座ライオン」は先行でオープンしていたので、そちらには訪問して美味しいビールをいただいていたのでした。

 

daiki-photo.hatenablog.jp

 

 

「NISSAN CROSSING」

NISSAN CROSSING

「GINZA PLACE」のエントランスと2階には日産のグローバルショールームである「NISSAN CROSSING」が出展しています。サッポロ銀座ビル時代にも日産ギャラリーがありましたね。カッコイイ自動車が展示されていたのを覚えています。 

撮影して現像したあとに気づきましたが、和光の時計塔がうまく写り込んでいました。なんかおしゃれな写真だ(自画自賛)

 

 写欲を掻き立てる美しい自動車たち

NISSAN CROSSING

未来のクルマや日産の最先端が展示されたギャラリー、ということでいろいろな自動車が展示されていましたが、どれもカッコよく、美しいものばかり。車に詳しくなくてもこれは写真を撮りたくなってしまいますね。こちらは「GT-R NISMO」。

 

 

NISSAN CROSSING

丸型のテールランプ、カッコイイなぁ。

 

 

 

NISSAN CROSSING

こちらは「Nissan IDS Concept」。電気自動車×自動運転というまさに未来の自動車。いよいよこういう自動車が街中を走る時代がやってくるのでしょうね。デザインも洗練されている印象。

 

  

NISSAN CROSSING

  

NISSAN CROSSING

 

NISSAN CROSSING

いやー、カッコイイ。夢中で写真を撮ってしまいました。

 

 

 

DSC_9638

「NISSAN CROSSING」は2階まで続いています。2階は窓際に休憩用のスペースが設けられていて腰を掛けて銀座4丁目交差点を上から眺めることができます。カフェも併設されているので、銀座散歩でちょっと休憩、というのもいいかもしれません。

 

DSC_9637

この高さの目線で和光の時計塔を見るのもなかなか新鮮です。

 

DSC_9636

2階にも自動車の展示がされています。 

 

 

DSC_9642

3階はイベントスペースとカフェが併設されたフロア。「RAMO FRUTAS CAFE」が出店。窓際は2階と同じく展望エリアになっています。4階から6階はソニービル再開発に伴いソニーのショールームが入りました。4階は最新のソニー製品が実際に手にとって触れるということで、ちょこちょこと試し撮り。そして7階にはパリ2つ星フレンチの総料理長が監修する「THIERRY MARX」「BISTRO MARX」が出店。テラスは23時から深夜2時までの間のみ開かれる「プレミアムテラスバー」として営業するそうです。ラグジュアリーだ。。。

 

 ちなみに9階と11階は10月以降オープンする予定で、9階がスリランカのスパブランドショップ「SPA CEYLON」、11階が神戸牛の鉄板焼き「神戸プレジール銀座」が出店。なんかこう、昔イメージしていた綺羅びやかな銀座が詰め込まれたような「GINZA PLACE」。

 

地下の「銀座ライオン」でビール!

DSC_9604

地下1階、2階はお上りさんな私にも優しい、昔ながらの「銀座ライオン」がオープンしています。せっかくなので今日はランチを。ビールはここでしか飲めない「クラフトラベル That's HOP 伝説のソラチエース」をチョイス!希少なホップである「ソラチエース」を100%使った渾身のクラフトビール。一口飲むとその香りに驚きました!ウッディな香りのウイスキーのような香り!解説には「ヒノキや松やレモングラスを思わせる香り」とありますが、これはかなり個性的で斬新。飲みくちは爽やかで苦味もそれほど強くないのですが、この香りは唯一無二かも。

 

DSC_9605

 

食事のメニューはアラビアータをチョイス。赤唐辛子の入った辛めのトマトソースと輪切りのウインナーがどこか懐かしい味わい。見た目以上にボリュームがあって大満足。日曜の午後ながら店内は賑わっていてスタッフのみなさんも忙しそうでした。

 

新たな銀座の象徴「GINZA PLACE」

GINZA PLACE

 昔ながらの銀座の親しみやすさと、「高値の花」らしい豪華さ・綺羅びやかさが共存する「GINZA PLACE」。立ち寄ると何か刺激を受けるような、新しい銀座の象徴のようです。自分も銀座ライオンでビール方面の刺激を受けつつ、GINZA PLACEの発展を見ていきたいなぁ、と思います。