読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネコと夜景とビール

Nikonのデジタル一眼レフカメラ・D7100で撮影した写真を掲載しているブログです。路地ネコ、ジャンクションなどの夜景、限定醸造ビールの写真を中心に載せています。

昔はそれほどいいと思わなかった写真が、今見ると好きな写真だったりする

夜景★東京 夜景★神戸 人物

マジックアワーに撮影する人物写真

 昔はそれほど好きではなかったけれど、今見ると好きな写真

 

昔の写真を振り返ってみると、そのときはそれほどいいと思わなかった写真が今になって「お、意外といい写真!」となることがあります。年月が経つと被写体や撮影方法、構図などの好みが変わってくるんですね。

1枚目の写真は、神戸に行ったときの写真です。マジックアワーの時間帯にハーバーランドで撮った奥さんの横顔の写真。背景のライトがキレイにボケていて、今見るとなかなかいい写真。こんな写真も撮っていたんですね。でも、当時は特別いいとも思わず、ブログで使うこともなく、という写真でした。

 

 

神戸・ポートタワーの夜景

 

少し前までは、夜景の写真と言うと「三脚で撮った写真じゃないと!」という思い込みが自分の中であって、手持ちの夜景写真は実はそれほど好きではありませんでした。三脚でスローシャッターで撮った方がキレイですし。でも、スローシャッターで撮ると、キレイに映る分、シャッターが開いている時間が長く、道行く人の姿が消えてしまったりするので、その景色に人がいない、ある意味非現実的な写真とも言えます。その場の空気感を撮る、という点では手持ちで撮る夜景もいいなぁ、と今更ながらに思っています。

  

浅草・浅草寺で夜景写真を撮る人々

 

こちらは浅草で満月の写真を撮っていたときの1枚。ブログの記事にしたときの写真は人が写っていない写真でした。そのとき撮ったデータを振り返っているとこの写真が出てきたのですが、この写真、今思うとなかなかいいタイミングで撮った写真だなと思います。恐らく五重塔のライトアップを撮っている男性、カメラのフラッシュがちょうど写っています。恐らく当時の自分は「満月とスカイツリーと浅草寺の門がキレイ!人は写っていない方がいい!」という思考だったはずです。時間が経過して、撮った写真を振り返ると、人が写っている写真もまた味があっていいな、と感じます。

 

 昔の写真を見直して、好きな写真を掘り起こしてみる

夜の浅草寺を参拝する女性

 

過去に撮影したデータを振り返ってみて、今見ると「これ好きかも」という写真が結構出てきました。ハードディスクの容量を確保するために、そのとき「いらない」と判断した写真を削除しようかとも思っていたのですが、それはもったいない話ですね。撮ったそのときは「うーん・・・」と思った写真も、時間が経ってから見直せば好きになるかもしれません。時間の経過とともに好みも変わるということですね。今撮った写真は数年後の自分が好きになるかもしれない、と思って、削除せずに保存しておこうと思います。