読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネコと夜景とビール

Nikonのデジタル一眼レフカメラ・D7100で撮影した写真を掲載しているブログです。路地ネコ、ジャンクションなどの夜景、限定醸造ビールの写真を中心に載せています。

今年も採れたてがやってきた!キリン 一番搾り とれたてホップ生ビール!

ビール

一番搾りとれたてホップ

 

2016年10月25日、毎年恒例のビールが店頭に並びました!今年採れたばかりのホップを使った「キリン 一番搾り とれたてホップ生ビール」!今年で13年目を迎えるこのビール。私がブログを初めてからは4度目のとれたてホップとなりました。価格は350ml缶で税込み223円と普通の一番搾りと同じですね。

 

毎年美味しいとれたてホップ。 

daiki-photo.hatenablog.jp

daiki-photo.hatenablog.jp

daiki-photo.hatenablog.jp

 

 

特別な「とれたてホップ」

DSC_1009

 ビールの風味を決定づけるホップ。今年収穫したばかりのホップを新鮮なうちに使用した一番搾りが「とれたてホップ」。通常、ホップは乾燥させて圧縮し、小さくして保存するというのが一般的。ただ、「とれたてホップ」で使うホップは、収穫したばかりのホップをマイナス50度で急速冷凍し、鮮度を保ったままビール工場へ。そして凍らせたまま粉砕し、ビールの醸造へと使われていくそうです。みずみずしいホップの香りが存分に楽しめる一番搾り。飲むのが楽しみですね。

 

 

 若く爽やかな一番搾り

DSC_1021

 

さっそくグラスに注いでいくと、ホップのいい香りがします。一口飲んでみると、爽やかな香りが広がっていきます。ラベルの裏には「沈丁花のような凛とした華やかな香り」と書いてある通り、ほんのりと花のような香りもありますね。でも、同じ沈丁花の香りと言われる「一番搾りプレミアム」よりも若く青い感じ。柑橘系とか、青リンゴとか、そんな爽やかな香りです。フルーティすぎず、いわゆるビールらしさも感じられますが、苦味は普段の一番搾りよりすっきりとしていて、全体的にキリッとした印象のビールです。美味しい。

 

通常は缶、瓶での販売となりますが、東北地方限定で樽生の販売もしているそうです!これが樽生で飲めるなんて・・・うらやましい!飲んでみたいですね。

 

ホップの爽やかさを十二分に楽しめるビール

「とれたてホップ」の名の通り、新鮮なホップの爽やかな香りと味わいを楽しめる「一番搾り とれたてホップ生ビール」。新米や秋の味覚と一緒に、今年採れたばかりのホップを楽しんでみてはいかがでしょうか。