読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネコと夜景とビール

Nikonのデジタル一眼レフカメラ・D7100で撮影した写真を掲載しているブログです。路地ネコ、ジャンクションなどの夜景、限定醸造ビールの写真を中心に載せています。

歩道橋の手すりを使って夜景撮影に挑む

 

歩道橋から撮影した赤坂の夜景

歩道橋から夜景を撮る 

 

週末に久々に夜景の撮影をしてみました。赤坂見附でビールを飲もう!ということで週末の夜に赤坂見附へ。集合時間よりちょっと早めに到着してしまったので、せっかくなら久々に夜景でも撮ろうか、とぶらぶらと歩いていると、高速道路の高架の下に歩道橋がかかっていたので、そこを撮影スポットとすることにしました。

足元は青山通り、頭上には首都高速4号新宿線と交通量の多い通り。スローシャッターにすれば光の筋がキレイに撮れそうです。とは言えこの日は三脚を持ってきているわけでもないので、スローシャッターでもブレが出ないように歩道橋の手すりを使って撮影してみます。

 

 

f:id:daiki_bassist:20161030220941j:image

難しいことではまったくなく、歩道橋にカメラを置いて、スローシャッターで撮影するだけ。文字通り置くだけなので、歩道橋の振動でカメラがブレたり、万が一振動などによってカメラが落ちたりすることがないように手で支えて固定しています。(写真ではストラップに手が通っていないので、ちゃんと手か首にストラップを通して、万が一に備えなければいけませんね。。。)

 

歩道橋の手すりも平らだとやりやすいですが、山なりの形になっている歩道橋もあるので、そのあたりは上手く手で支えながら撮る必要がありますね。どちらにしても、手で支えるときは手すりに押さえつけるイメージで固定しています。

 

カメラの設定も普通に夜景を撮るときと同じようにしていました。

  • iso感度は100~200
  • 絞り優先オートで、F11~13くらいに設定
  • 色温度はオートにして、現像のときに調整

大体こんな感じの設定で撮っています。シャッタースピードを調整したいときはマニュアル設定にしてシャッタースピードを自分で決めてしまったほうが狙った写真が撮りやすいですけどね。カメラに任せると「ちょっとシャッタースピード遅すぎかな?」というときもあるので、そういうときはマニュアルでいきます。 

 

DSC_1139

三脚がなくても、上手く固定できればしっかり撮れるものですね。足元に流れる道路にはヘッドライトの光の筋が残り、電灯の光芒もキレイです。

 

 

DSC_1146

少し場所を変えて撮ってみると、青山通りが左手に伸びていくのが見えます。歩道橋は人が歩くと思った以上に揺れるので、撮影中に人が歩くとどうしてもブレてしまいます。そのあたりは仕方ないですね。歩行者の方の邪魔にならないように、タイミングを取りながら何枚か撮影しておきます。

  

DSC_1149

 

こちらは赤坂見附の交差点の上にかかる歩道橋から。外堀通りから続いてくる道は交差点で6車線になります。これはなかなか迫力のある光の筋が撮れますね!人の往来が多い歩道橋での撮影でしたが、運良くブレていない写真が撮れていました。

 

今回の夜景は9月に購入したAF-S NIKKOR 24mm f/1.8G EDで撮影しました。ナノクリスタルコートのレンズということで、街灯や車のライトなど強い光がレンズに入ってもフレアやゴーストがほとんど出ないので、かなりクリアな夜景撮影が楽しめました。

 

Nikon 単焦点レンズ AF-S NIKKOR 24mm f/1.8G ED

Nikon 単焦点レンズ AF-S NIKKOR 24mm f/1.8G ED

 

 

歩道橋の手すりに固定するという点ではJOBYのミニ三脚「ゴリラポッド」を使って、手すりに巻き付けるのもありかもしれません。もちろん、落下のリスクはあるので使用には十分気をつけないといけませんね。

 

 

 

久々の夜景撮影でしたが、歩道橋で上手く撮ることができました。また新しいジャンクションの撮影にも行きたくなりますね!