ネコと夜景とビール

Nikonのデジタル一眼レフで撮影した写真を掲載しているブログです。路地ネコ、ジャンクションなどの夜景、限定醸造ビールの写真を中心に載せています。

長い冬の夜にゆっくり楽しみたい グランドキリン 夜間飛行!

DSC_2666

カラフルなラベルの「夜間飛行」 

 

2016年12月6日は4本の新商品・限定ビールがリリースした日となりました!その中でキリンビールさんが出してきたのはグランドキリンのニュータイプ「夜間飛行」!セブン&アイグループ限定の「キリンブラウマイスター」と同時に2本リリースです!グランドキリンシリーズは今年6種類めの登場となりました。

今回は「アンバーエール」スタイルのグランドキリン。ラベルのデザインがカラフルでラベル表面の銀色の部分はラメで立体的に加工されています。このあたりのゴージャスさはさすがグランドキリンというところでしょうか。

 

DSC_2668

今回の「夜間飛行」のテーマは「凛とした静かな冬の夜にひとり、思いを馳せながら楽しめる」とのこと。わいわいと仲間と飲むよりは、長い夜をゆっくり過ごしながら飲む一杯、というところですかね。

 

DSC_2669

毎回ボトルのキャップのデザインもカワイイグランドキリン。今回はその名の通り優雅に飛行するロケットのイラストが描かれています。紫のカラーリングもステキです。

 

後を引く甘みのアンバーエール

DSC_2672

 

キャップを開けるとホップの香りが漂います。「夜間飛行」はアメリカンカスケードホップを使っているということで、ほんのりとフルーティな香り。グラスに注ぐと赤褐色のビール。これぞアンバーエールの色合いですね。さっそく飲んでみると、アンバーエールならではの甘みが口に広がります!麦芽由来の甘さとともに乳糖を使っているということで、甘みがふくよかな感じ。それでも口当たりはさらっとしていて、喉を通ったあとは甘みとともにどことなく酸味も残るような後味。アンバーエールというと結構コク深いイメージがありますが、意外とライトな飲み口なのは「夜間飛行」たるゆえんでしょうか。

褐色系のビールは少し温度を上げて飲んだほうがその風味をより楽しめるといいますが「夜間飛行」も冷蔵庫から出して5分くらい置いて飲むと麦芽の香ばしさがより感じられるようになりました。そういった意味でもゆっくり飲むのがオススメの1本です。