読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネコと夜景とビール

Nikonのデジタル一眼レフカメラ・D7100で撮影した写真を掲載しているブログです。路地ネコ、ジャンクションなどの夜景、限定醸造ビールの写真を中心に載せています。

意外と穴場な夜景スポット。晴海ふ頭「晴海客船ターミナル」はクリスマスも楽しめます!

夜景★東京

晴海埠頭から撮る東京タワーと東京湾の夜景

 東京の意外な穴場夜景スポット・「晴海ふ頭」

 

過去の写真フォルダを振り返っていると、三脚を買って初めて夜景を撮影したときの写真データが出てきました。日付は2012年、4年前の12月。その頃自分の中で「夜景が撮りたい!」とヨドバシカメラで三脚を購入して、初めて夜景撮影に臨んだのがこの晴海ふ頭でした。

 

晴海ふ頭は大型客船などが入港する客船ターミナルで、東京港を一望できるスポットになっています。アクセスはバスになるのですが、このバスがなかなか便利で、東京駅丸の内南口、四ツ谷駅、錦糸町駅から晴海ふ頭行きのバスが出ています。東京駅発のバスは有楽町や銀座を経由するので、私はいつも銀座から晴海ふ頭行きのバスに乗って晴海ふ頭へ向かっています。銀座から約20分で到着できて、夜景もとてもキレイなのですが意外と人が少ないんですよね。そういう意味では穴場夜景スポットだと思います。

晴海ふ頭から見えるレインボーブリッジ

この写真を撮影したのも12月23日、天皇誕生日であり、クリスマスイブイブの日。それでも夜景を見る人の数はさほど多くなかった記憶があります。海沿いで寒い、というのもありますが、もったいないなぁ。クリスマスのデートに銀座や丸の内で食事の前後にここに夜景を見に来る、なんてデートコースもありのような気がします。めんどくさいかな?

 

晴海ふ頭から撮るお台場の夜景

こちらはお台場の夜景。このあたりの海は水上バスや屋形船の往来が多く、シャッターを開いていれば海の上を走る船の光跡がたくさん撮れるのです。夜景撮影の練習にもってこいのシチュエーション。私も初めての夜景撮影でテンション上がったのを覚えています。

 

ターミナルにはクリスマスツリー★

晴海ふ頭のクリスマスツリー

12月になるとターミナル内の待合スペースにクリスマスツリーが飾られています。クリスマスツリーの上にあるミラーボールと室内の照明演出で、これがなかなかいい雰囲気。室内が様々な色の照明で照らされています。

 

4年前の写真なので、今年はどうかな?と調べてみたら東京都客船ターミナルの公式Twitterでクリスマスツリーのことがツイートされていました。よかったよかった。

晴海ふ頭のクリスマスツリー

 

クリスマスツリーの後ろにはライトアップされたレインボーブリッジなんて、贅沢なシチュエーション。屋内なので暖かい環境で夜景もクリスマス気分も味わえてしまう客船ターミナル。外で夜景を楽しんで、建物の中で暖まりながらクリスマスツリーを楽しむ。なかなかいいですね。

 

夜景撮影にも、夜景鑑賞デートにも

東京港から見る夜景はレインボーブリッジあり、お台場あり、東京タワーあり、と見どころはたくさん。夜景撮影も捗るスポットです。タイミングがよければ豪華客船も一緒に撮れたりするかもしれません。アクセスは車かバスになりますが、夜景鑑賞のデートコースにもオススメできます。ターミナルの中は暖房が効いていますし、外で夜景見て、寒くなったらターミナルへ。キレイな夜景が独り占めふたり占めできる場所。個人的にオススメしたい夜景スポット、晴海客船ターミナルでした。

 

晴海客船ターミナルで撮影した夜景の写真はほかにもありますので、よろしければぜひご覧になってくださいね。

daiki-photo.hatenablog.jp

daiki-photo.hatenablog.jp

daiki-photo.hatenablog.jp

daiki-photo.hatenablog.jp

daiki-photo.hatenablog.jp