ネコと夜景とビール

Nikonのデジタル一眼レフで撮影した写真を掲載しているブログです。路地ネコ、ジャンクションなどの夜景、限定醸造ビールの写真を中心に載せています。

ネコと夜景とビール

東京で北海道の寿司を堪能!丸の内KITTEの回転寿司「根室花まる」で北の海の幸をいただきます!

東京丸の内KITTEの「根室花まる」

KITTE屈指の人気店でランチ! 

先日丸の内のKITTEへ出かけた際に「根室花まる」でランチしてきました!

 

2013年のKITTE開業当初からものすごい行列ができていることはいろいろな情報で見聞きして知っていたため、これまでお店に行くのはちょっと敬遠していたのですが、この日はたまたまKITTEに到着したのが開店直後の11時5分頃。レストランフロアのオープン直後ということで、お店の前を覗いてみると10人ちょっとの列。これはチャンスだ!と思い切って並んでみた次第です!

 

ちなみに根室花まるはこのKITTEが道外初進出のお店なんですよね。今はKITTEの他に東急プラザ銀座にも出店されています。「根室花まる」のお寿司は、10年近く前、初めて北海道に旅行した際に札幌のステラプレイスのお店で食べて「回転寿司でこれだけ美味いのか!」と感動した覚えがあります。そのお寿司が東京で食べられるなんて、こんなに嬉しいことはありません!

 

 

北海道の海の幸をいただきます!

根室はなまるのニシン皿

並んでから30分もしないうちに席に通されました!今回は一人なのでカウンター席です。店内はカウンター、ボックス席共に満席です!

 

さっそくメニューを見ながら、北海道の海の幸を中心に注文していきましょう!まず注文したのは「ニシン」。東京の回転寿司ではあまり見かけないメニューのような気がします。メニューには「鮮度が落ちやすくて本州ではあまり見られないネタ」と説明がありました。食べてみると脂が乗っていて美味!でも意外とさっぱり食べられるのはやはり新鮮なネタだからでしょうか。

 

根室はなまるのアブラカレイ皿

続いて根室歯舞産の「アブラカレイ」。回転寿司でよく見るのはエンガワですが、こちらは身の部分。これがまた脂が乗って濃厚な旨味!!あー幸せです。。

 

根室はなまるの生ホタテ

続いて生ホタテを注文。味の濃厚さはもちろん、プリプリの歯ごたえは思わず笑ってしまう美味しさ。 噛むとホタテの甘みが口に広がって至福のひととき・・・

 

たらばのふんどし

 こちらはタラバガニのお腹の部分の身をネタにした「タラバのふんどし」。珍しいメニューですね。口にすると噛みごたえのある身からはカニの旨味がじゅわっと染み出てきます・・・美味い!カニの足の部分とはまた違った食感が楽しめる一皿。足の部分と食べ比べても面白そう。そしてどちらも美味しそう。

 

昆布締めのヒラメ

途中にもう1~2枚挟んで、ラストは寒平目の昆布〆。昆布の旨味が平目にしみていて、ヒラメの身の美味しさを引き立ててくれます。最後の1皿にして至高の1皿。さくっと計7皿で2,400円とリーズナブルで大満足なランチとなりました。幸せ。

 

やはり開店直後が狙い目!

DSC_3935

 お店を出る頃には時計の針は12時を指していました。お店を出ると行列は私が並んでいたときの3倍以上の長さに!さすがの人気店。今回は開店直後に飛び込んだのが奏功したようです。

 

f:id:daiki_bassist:20170809105044j:plain

これは別の日に撮ったKITTE1Fでの写真です。KITTEのフロア開店時間は11時ですが、根室花まるの入店を目指すお客さんは1階の登りエスカレーター前で行列を作って開店を待っています。平日の午前10時45分にはこの行列。確実に開店時間にお店に入るなら10時過ぎにはKITTEに到着しておいて、1Fで待つのが良さそうです。ちょっとの待ち時間ならOKという場合は開店直後に直接お店に向かって並び具合を確かめていくのが良いでしょう。さすがの人気店、食べるには並ばないといけないみたいです。

 

お手軽に北海道の美味しい回転寿司が味わえる「根室花まる」さんでお寿司を堪能した記事でした。美味しかった!

 

 

東京にはもう1店、銀座に出店している根室花まるさん。平日の開店時間と同時に行ってきました。KITTEよりは行列が短い・・・かも?

daiki-photo.hatenablog.jp