読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネコと夜景とビール

Nikonのデジタル一眼レフカメラ・D7100で撮影した写真を掲載しているブログです。路地ネコ、ジャンクションなどの夜景、限定醸造ビールの写真を中心に載せています。

サントリー クラフトマンズ ビア 千都の夢〈ゴールデンエール〉!

DSC_5644

イオン限定のクラフトビールが登場! 

 

3月1日にイオングループ限定のクラフトビールがリリースされました。その名も「クラフトマンズビア 千都の夢〈ゴールデンエール〉」!京都ビール工場改め京都ブルワリーでの醸造ということで、ラベルには京都の街、名前も千年の都から取ったと思われる「千都」ということで、京都での醸造を全面に出したビールになっています。イオングループ限定ということで近所のイオンで購入。さすがスーパー価格、350ml缶を税込み199円で購入することができました。

 

「クラフトマンズビア」シリーズは去年も何本か出ていましたね。

daiki-photo.hatenablog.jp

daiki-photo.hatenablog.jp

 

 

DSC_5645

ラベルの裏面にはビールの特徴が書かれています。やはり京都をイメージしたビールということをうたっていますね。ゴールデンエールということは華やかな香りということで、香り高いドイツ・ハラタウブラン種のホップを使用しています。 

 

そういえばサントリーはビール工場を「ブルワリー」と呼ぶことにしたそうですね。東京・武蔵野ビール工場は「東京・武蔵野ブルワリー」と名称変更しています。ビール工場ではなくブルワリーと呼ばせるのはいいイメージ戦略だなーと思ってしまいました。日本ではブルワリーと聞くとクラフトビールの醸造所を想起させるような気がするので、さすがサントリー、このあたりは上手い。東京武蔵野、京都の他千葉・利根川と熊本にもビール工場がありますね。この2つもブルワリーに名前を変えるのか、密かに気になっています。

 

DSC_5648

 

コクと香りが楽しめる、飲みやすいビール

さて、早速飲んでみることにします。グラスに注いだビールは鮮やかなゴールド。フルーティなホップの香りがただよいます。飲んでみるとフルーティな香りが飛び込んできます。そして甘みと苦味が混じり合って飲みごたえのあるコクを感じさせてくれますね。アルコール度数も6%と少し高めに設定してあるので、フルーティさと共に飲みごたえを感じさせてくれます。香りは華やかですが甘すぎず、苦すぎず。クラフトビールの中でもクセがなく飲みやすいタイプですね。でも、普段のビールとはちょっと違った味わいが楽しめる、なかなかよくまとまったビールだと感じました。イオン限定のプライベートブランドと侮るなかれ、です。

 

イオン限定でお値段も少しお安め、でもクラフトビールの味わいが楽しめる「クラフトマンズビア 千都の夢〈ゴールデンエール〉」。なかなか美味しいぞ!