読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネコと夜景とビール

Nikonのデジタル一眼レフカメラ・D7100で撮影した写真を掲載しているブログです。路地ネコ、ジャンクションなどの夜景、限定醸造ビールの写真を中心に載せています。

エビスビール記念館のテイスティングサロンでとびきり美味しいビールを飲む!

ビール カフェ・レストランなど 食事

DSC_5531

先日のエビスビール記念館での見学ツアー「ヱビスツアー」に参加した後、もう少し飲んでいきましょうか、ということでエビスビール記念館の中にあるテイスティングサロンでビールを飲んできました!ここではヱビスや琥珀エビスをはじめ、エビスビール各種を飲むことができます。去年登場した「ヱビスマイスター」などはヱビスバーなど限られたお店でしか樽生を飲むことができないのでなかなか貴重です。

 

 

 ヱビスツアーはビール好きな方にはぜひオススメしたいです。ヱビス美味しい。

daiki-photo.hatenablog.jp

 

 去年来たときはエビスビール3種飲み比べセットを頼んだんですよね。これまた美味しいのです。

daiki-photo.hatenablog.jp

 

 

DSC_5533

テイスティングサロンでの会計はすべて「ヱビスコイン」を使います。レジカウンターの前にヱビスコインの両替機があって、そこでコインに換えてから注文です。1枚400円ですね。この1枚でビール1杯が飲めるのです。 

 

DSC_5537

カウンターにはそれぞれの種類のビールサーバーが並んでいます。

DSC_5538

レジでお会計が済んだら、ビールの種類ごとのコースターをもらって、隣の提供カウンターに移動します。ちなみにコースターの裏側にはそれぞれのビールのうんちくが書いてあるので、読んでも楽しいコースター。 

 

DSC_5539

黄金のビールサーバーが並ぶカウンターはなかなか壮観。ビールを提供してくださる方々はみな熟練の腕前のようで、次から次へとビールを注いでいきます。多少注文が重なると、提供まで少し時間がかかることもありますが、それも美味しいビールのため。ビールがグラスに美しく注がれていく姿を見ていると飽きないものです。 

 

DSC_5541

今回私が注文したのは「ヱビスプレミアムミックス」。エビスビールとヱビスプレミアムブラックのハーフ・アンド・ハーフです。サーバーもこのミックスのために独自に開発されたもの。どこが独自かというと・・・

DSC_5543

なんと、注ぎ口が2口ついていて、ヱビスとプレミアムブラックが同時に注がれていきます! ヱビスプレミアムブラックのウリはビールから泡まで完璧な「5:5」の割合で注ぐこと。同じ量を注ぐために同時に注げるサーバーになっているんですね。

 

DSC_5544

プレミアムミックスを注ぐのにもう一手間。 最初に注いだ泡が落ち着くのを待ちます。

 

DSC_5549

泡が落ち着いたら、泡専用の注ぎ口からヱビスとプレミアムブラックの泡を同時に注いでいきます。

DSC_5552

この一手間のおかげでヱビスとプレミアムブラックが見事に混じり合うマーブル状の泡が完成!見た目も美しいヱビスプレミアムミックス。ため息が出ちゃいますね。。。

 

DSC_5554

普通のミックスとは一味も二味も違うプレミアムミックス。これで400円は安い・・・!飲んでみると、ヱビスの苦味とプレミアムブラックのコクが絶妙に絡み合うのですが、 柔らかいマーブル状の泡がビール全体を柔らかくしてくれる感じ。濃厚そうに見えますが、中身はまろやか。これはエビスビール記念館ならではの一杯。ヱビスバーでも飲めるお店と飲めないお店があるそうなので、もし店頭で見かけたらぜひお試しください。

サーバーの管理、清掃やキレイに洗ったグラス、そしてビールの美味しさを引き出す注ぎ方・・・これだけのこだわりのあるビールが手軽に飲めるとは・・・エビスビール記念館恐るべしです。

DSC_5558

テーブルにはビールと共にカメラも並びます。美味しいビールは写真に撮っておかないといけませんよね。 

 

DSC_5562

 

テイスティングサロンではビールだけでなく軽食も用意されています。ビールとセットになっているものもあれば、軽食のみ単品で購入することも可能。一皿400円、ヱビスコイン1枚で購入できるものがほとんどなので、これまたお手軽。味も高クオリティ。

DSC_5561

 

わいわいと昼間から飲むビールは最高ですね・・・

 

エビスビール記念館、エビスツアーだけでなくテイスティングサロンでも美味しいビールがいただけます!恵比寿に遊びに来たらちょっと一杯飲みたくなりますね。