読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネコと夜景とビール

Nikonのデジタル一眼レフカメラ・D7100で撮影した写真を掲載しているブログです。路地ネコ、ジャンクションなどの夜景、限定醸造ビールの写真を中心に載せています。

5年ぶりのリニューアル!サントリー ザ・プレミアム・モルツ!

DSC_6238

 

5年ぶりのリニューアルを果たしたプレミアム・モルツ

 

サントリーのビール事業を文字通り引っ張るフラッグシップブランドである「ザ・プレミアム・モルツ」。そのプレモルが2017年3月14日からリニューアルして登場したということで、近所のコンビニで買ってきました。缶のデザインも「The PREMIUM」の部分が大きく、強調されているようです。

サントリーのホームページでは「リバイタライズ(revitalize)」という言葉を用いて今回のリニューアルを紹介しています。ネット辞書で調べてみると「新たな生命を吹き込む」というようなニュアンスでしょうか。ここまで順調に売上を伸ばしてきていたプレモルを、敢えてこのタイミングで刷新して新たな生命を吹き込む、という意気込みを感じます。ちょうど2018年のサントリーの新卒採用ページにこのことが書いてあったのですが、なかなか読み応えがありました。

広告も、イチロー選手を起用していますよね。元々イチロー選手と言えば、2009年と2010年のキリン「一番搾り」のCMキャラクターとして起用されていたので、ビールの広告でイチロー選手を見るとふとそのことを思い出してしまいました。余談です。 

 

「昔」を思い出させる香りと味

DSC_6240

さて、さっそく「リバイタライズ」されたプレモルを飲んでみましょう。缶を開けるとホップの香りがしてきますね。グラスに注がれたビールは明るいゴールド。さっそく一口飲んでみると、ホップの香りと苦味、そしてほのかに甘みを感じさせてしっかりとコクがある味わい。香りも味もくっきり強調されている感じを受けます。昔飲んだプレモルに近い印象ですね。

プレミアム・モルツが出始めた頃、初めて飲んだ時のインパクト。今でも覚えているのは新潟の出張帰りに同僚と新幹線に乗り込んで、キオスクで買った缶ビールで乾杯。その時プレモルを初めて飲んだと記憶をしていますが、口の中に広がるホップの苦味と麦芽の甘み、そして華やかな香り。「こんなビールがあったのか!」と驚いたのを覚えています。あの時の記憶が蘇ったというか。

ここ最近のプレモルは香りはあるけどほどほどで、という印象でしたが、今回のリニューアルで昔の「やんちゃ」さを取り戻した、というところでしょうか。

 

f:id:daiki_bassist:20170316075832j:image

近所のスーパーにリニューアル前のプレモルがまだ売っていたので、比較のためにと飲んでみました。プレモルの特徴である華やかな香りはありますが、口に入れた後の香りの広がりはリニューアル後の方がよりはっきりしていますね。味についても、リニューアル前のプレモルは苦味の方がやや強めに出ていた気がします。うん、確かに味にも変化が見られます。個人的にはプレモルは今回のリニューアル後の方が好みかな。

 

プレミアム・モルツらしい香りとコクを全面に打ち出してきた今回のリニューアル。結構インパクトありました。飲み比べしてみるとより違いがわかるので面白いと思います!