ネコと夜景とビール

Nikonのデジタル一眼レフで撮影した写真を掲載しているブログです。路地ネコ、ジャンクションなどの夜景、限定醸造ビールの写真を中心に載せています。

ネコと夜景とビール

NYからやってきた!キリン ブルックリンラガー!

DSC_6241

 ニューヨークNo.1クラフトビール!

 

2017年3月7日、ニューヨーク生まれのクラフトビール「ブルックリンラガー」がキリンビールから発売されました!アメリカを代表するクラフトビールブルワリー「ブルックリンブルワリー」とキリンビールが業務提携契約を締結しました。そのため、輸入販売ではなく、ライセンスに基づいてキリンビールがブルックリンラガーを醸造・販売する形になっています。これまで日本では輸入品の他、「常陸野ネストビール」を醸造する木内酒造がブルックリンラガーの製造ライセンスを取得して樽生のビールを製造・販売していましたが、今回の業務提携でライセンスはキリンが独占取得しているようです。

ラベルに大きく描かれたデザインロゴはあの「I LOVE NY」(LOVEはハートマーク)をデザインしたミルトン・グレイザー氏のデザインなんだとか。デザイン費はお金の代わりにブルックリンラガー飲み放題の権利で、という伝説も残っています。

 

発売してからいろいろとお店を回ってみたものの見つけることができず、駅ビルに入っているちょっと小洒落た食品専門店で購入することに。税込みで429円と缶ビールとしてはややお高めです。なかなかコンビニでは手にとりにくい価格帯のビールということで入荷しているお店も少ないのかもしれませんね。

 

 去年の夏、木内酒造のブルックリンラガーを飲みました。これも美味しかったんだよなぁ。

daiki-photo.hatenablog.jp

 

ブルックリンラガーは1800年代、ブルックリン地区で大流行していた「ウィーンスタイル」のビールを新たに再現したビール。モルトによって赤みがかった色のビールとまろやかなコクが特徴のウィーンスタイルを新たに表現しています。スタイルは「アメリカンアンバーラガー」。カラメルのモルトとアロマホップの華やかな香りと爽やかな苦味が特徴の、オリジナルスタイル。

 

昔ビールの本で読んだのですが、ブルックリンラガーは現地ニューヨークでは水道水を仕込み水に使っているとか。そんな大都市で水道水を使って大丈夫なんだろうか・・・と思っていたのですが、ニューヨークの水道水は厳しく管理されていて高品質なんだとか。なんだか意外です。

 

ホップの香りと柑橘系の苦味、そして爽やかな後味

DSC_6242

 

さっそくグラスに注いでみると、赤みがかったブラウンのビールがグラスを満たしていきます。香りはホップの爽やかな香り。飲んでみると、柑橘系、グレープフルーツのような苦味が爽やかで、ホップの苦味を感じさせます。カラメル麦芽を使用しているということでほのかに香ばしい香りが広がります。ホップの香りと苦味の感じはどことなくよなよなエールを思い起こさせるものがありますが、ブルックリンラガーは後味のキレの良さが特徴的。香りと苦味の余韻を感じさせつつ、すーっと消えていく後味。これは美味しい。

ブルックリンブルワリーのサイトにはこのビールとのフードペアリングが紹介されているのですが「ピザ、ハンバーガー、サラダ、ステーキ、ローストチキン、バーベキュー、揚げた魚、豚肉etc」と書いてあって、おお、アメリカン。。。確かに濃い味付けの料理にも負けない風味でありながら、後味がすっきり爽やかなのでよく合いそうです。キリンビールの製造は缶だけでなく業務用の樽生もあるので、飲食店でブルックリンラガーを飲む機会も増えるかもしれませんね。

 

ブルックリンブルワリーにはブルックリンラガーのほかセゾンやIPA、ペールエールなど多くの種類のビールが醸造されています。日本でもぜひ製造・販売して欲しい!