読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネコと夜景とビール

Nikonのデジタル一眼レフカメラ・D7100で撮影した写真を掲載しているブログです。路地ネコ、ジャンクションなどの夜景、限定醸造ビールの写真を中心に載せています。

夕暮れ迫る沼津港を散策する

旅行 昼の風景 夕景 カフェ・レストランなど ビール

DSC_5994

夕暮れ時の沼津港を歩く 

 

沼津港へ行ってきました。先日の一人旅、富士市吉原で岳南電車と富士山の撮影や「さわやか」のハンバーグなど、ひとしきり堪能したあと、東海道線で沼津へと戻ってきました。吉原-沼津は電車で15分。沼津観光のオプションとして吉原方面に行くのはありだなぁ、と強く実感。吉原、楽しいですよ。

 

さて、チェックインの予定時刻より早めにホテルに到着して、部屋で一休みした後は沼津港へと繰り出すことにしました。翌日午前中に海鮮丼を食べようかな、と計画していましたが、下見を兼ねて行ってみることに。沼津駅南口から沼津港へ向かうバスが出ていますので、そのバスに乗車して15分もすると到着します。運賃は200円。便利だ。

 

大型展望水門「びゅうお」

DSC_5995

沼津港に到着して、まず向かったのは大型展望水門「びゅうお」。大型地震の発生確率が高まっている中、大津波から港を守るための水門です。

 

DSC_5998

「守る・眺める」ということで津波から港を守る役割と共に、観光スポットとして展望台としての役割も果たしています。富士山はもちろんのこと、駿河湾や伊豆の山々など360度の眺望を楽しむことができるとありますね。これは楽しみ。 

 

DSC_5999

沼津を舞台としたアニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」にも登場したということで、入り口に案内がありました。

 

DSC_6000

 受付でチケットを購入して、エレベーターで展望フロアへと登ります。チケットは大人1名100円。受付でスタンプを押してもらえばその日中は再入場も可能とのこと。

展望フロアに降り立って、大きな窓から差し込む夕陽に目を細めます。約30メートルの高さからの眺めは素晴らしい。夕陽を浴びてオレンジに輝く沼津港を一望できます。

 

DSC_6002

水路を挟んで門の形になっていて、水門の上の部分は渡り廊下。夕暮れの時間帯は全体的に茜色になって雰囲気がありますね。ちょうど「ラブライブ!サンシャイン!!」でも夕暮れの時間帯に登場していたようですね。聖地巡礼的に訪れていた方々が記念撮影していたのが印象的。

これは撮影が捗る・・・と思ったのは秘密ですし、ねんどろいどが現地調達できるんじゃないかと沼津のアニメイトやゲーマーズに立ち寄ってしまったのも秘密です(結局なかった)。しかしこのロケーション、シチュエーションは素敵。

 

DSC_6003

 南側を向くといわゆる内浦の方になるのですかね。伊豆半島のゴツゴツした山々が見渡せます。

 

DSC_6006

日中はキレイに見えた富士山も、この時間帯には雲が多くなって山頂は見えなくなってしまいました。びゅうおから見る富士山はキレイでしょうね。

 

びゅうおからの富士山や沼津港の夕暮れの美しさはのっぽはん (id:n_m_res)さんの記事をぜひご覧ください。美しい。

305f.hateblo.jp

 

DSC_6023

びゅうおを後にして、市場のある通りへと向かいます。平日の夕方ということもあってさすがに人通りは少ないですね。朝から昼にかけての時間が最も人が多いのでしょう。静かな市場を歩いていきます。

 

DSC_6025

翌日の朝にまた沼津港へ行こうと思っていたので、下見のような感じで歩いてみますが、日中は賑わいそうですね。寿司、海鮮丼に干物、どれもこれも食欲をそそります。

 

沼津生まれのクラフトビールを堪能

DSC_6026

DSC_6033

沼津港の飲食店が並ぶ通りを後にして、ひとつ目当てのお店があったのでそのお店へと向かいます。沼津港に来たらここに寄らなければ!と決めていたお店がありました。そのお店とは、静岡・沼津生まれのクラフトビールの飲めるお店「ベアード・タップルーム 沼津フィッシュマーケット」!

日もだいぶ傾いて、お店の灯りが私を呼んでいるようです。

Baird Beer | タップルームで飲む:沼津フィッシュマーケット

 

momo(id:happydust)さんの記事を読んでから「これはいつか行かなければいけない!」と思っていたので、今回来られて非常に嬉しかったのです。

www.yamaonsen.com

 

DSC_6029

定番のビールから季節限定のビールまで20種類近くの中から選ぶだけで楽しくなってしまいます。この日はよく歩いて喉も乾いたということで、定番の「沼津ラガー」をいただきました。500mlグラスで800円。まだ少し明るい時間、しかも平日ということでお店もまだ空いていました。余裕を持って記念撮影。キレイなビール。

ラガータイプといえば日本の大手メーカーが醸造・販売するいわゆる日本の定番ビール。キリッとした飲み口が特徴ですが、沼津ラガーはホップの香りやほんのり香ばしい麦の香り、そして爽やかな苦味が口に広がり、舌の上で少しとどまったかと思えばすーっと消えていく後味。後を引くのでついもう一口と飲みたくなってしまいます。これはいい。

窓の向こうには港が広がって、夕暮れの穏やかな港を眺めながら一杯。最高のロケーション。 

 

今回は一杯だけいただいてお店を後にしました。美味しいビールでした。また必ず来よう。

 

DSC_6036-2

沼津駅に戻るバスを待っていたのですが、ふと海の方を見るとマジックアワーらしいグラデーションの空。バスを一本遅らせて、美しい空を一枚。

 

DSC_6045

びゅうおは夜になるとライトアップされるんですね。控えめながら美しく夜の海に浮かび上がるびゅうお。いいライトアップですね。三脚がないので手持ちで撮影しましたが、次はマジックアワーに三脚持ってきたい場所です。

 

DSC_6050

 

ブルーのライトが水面に浮かぶ静かな沼津港。明日の朝、また来ますよ。

 

港と言えば午前中や昼間の活気のある時間帯ですが、夕暮れ時にやってきて美しい空と海を眺めるのもよいものです。夕暮れ時の沼津港、良いです。

 

 

 翌朝の沼津港散策もこれまた楽しめたのでした。朝の市場は活気がありますね。

daiki-photo.hatenablog.jp