読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネコと夜景とビール

Nikonのデジタル一眼レフカメラ・D7100で撮影した写真を掲載しているブログです。路地ネコ、ジャンクションなどの夜景、限定醸造ビールの写真を中心に載せています。

キリン一番搾り 若葉香るホップ!

DSC_6767

春らしい爽やかな一番搾り!

 

2017年3月21日(火)、キリンより期間限定醸造となる「一番搾り 若葉香るホップ」が発売となりました!春らしい柔らかな色合いのデザインの缶ラベル。コンビニやスーパーの陳列棚でも映える感じでいいですね。価格は通常のビールと同じ設定ですが、スーパーだと安く並んでいるところもあるようです。会社帰りに立ち寄ったスーパーでは税込み200円とちょっとお得に購入することができました。

 

DSC_6768

ラベルの裏面にはこの商品のために日本を代表する詩人である谷川俊太郎が描き下ろした詩が掲載されています。冬から春に変わろうとするまさに今の時期にふさわしい内容です。春が待ち遠しくなりますね。

 

若葉のような、爽やかでスッキリと飲めるビール

DSC_6769

 

さっそくグラスへと注いでみます。缶を開けると新鮮なホップの香りを感じることができます。若葉香るの言葉通り。注がれるビールはキレイな黄金色。一口飲んでみると、炭酸の刺激とともにホップの優しい香りが広がります。国産ホップ「IBUKI」を使っているということで、ホップの特徴であるフローラルな香りが優しく広がります。小麦のビールほどではないものの、花のような、草原のような香り。苦味はさほど強くないためスッキリとした飲み心地。どことなく「一番搾りプレミアム」を彷彿とさせる香りと味わいです。

 

ちなみ「IBUKI」というホップはキリンビールが同じく国産ホップの「信州早生」を元に品種改良したホップで、キリンビールが「IBUKI」の名で商標登録しているんですね。国産ホップもなかなか奥が深そうです。

 

春に目覚めた草花のような若々しい感じ。でも軽すぎず、一番搾りらしい麦芽の旨味も感じさせてくれるビールです。バランスが取れていて飲みやすいですね。

 

これから桜の開花が本格的に進んでいよいよ花見シーズンに入っていきますが、桜の下でぷしゅっと開けて飲んでみたいビール。春らしいビールがやってきました。