読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネコと夜景とビール

Nikonのデジタル一眼レフカメラ・D7100で撮影した写真を掲載しているブログです。路地ネコ、ジャンクションなどの夜景、限定醸造ビールの写真を中心に載せています。

「キリンラガー」と「キリンクラシックラガー」を飲み比べてみる

f:id:daiki_bassist:20170405233308j:image

昔ながらの「キリンクラシックラガー」

 

最近普段飲みのビールを選ぶ時に、手にとることが多くなったビールが「キリンクラシックラガー」。昭和40年代、国内シェアの半分以上を占めていたキリンビールの主力商品「キリンラガー」を復刻させたビールとして2001年に発売されたビールです。当時の製法と同じ熱処理製法で作られたビールですね。

 

ちなみにお恥ずかしい話ながら、キリンラガーは熱処理ビールだとずっと思い込んでいたのですが、1996年に非熱処理に変わっていたんですよね・・・

 

f:id:daiki_bassist:20170405233313j:image

キリンクラシックラガーは、上にも書いたとおり昔ながらのビールというイメージ。昔ビールと言えばとにかく「苦い!」という印象しかありませんでした。実際にクラシックラガーを飲んでみると、どっしりとした苦味がまず口に広がっていきます。あーこれだ。昔思っていたビールの味だ。苦味の奥に麦芽の旨味と甘みをほんのりと感じさせてくれます。アルコール度数は4.5%と少し低めですが、どっしりとした苦味と麦芽の旨味が飲みごたえを作り出しているので、決して軽いビールではないのです。やっぱり自分の中では好きなビールのタイプだなぁ。

 

キリンラガーも飲んでみる

f:id:daiki_bassist:20170405233331j:image

そういえば、クラシックラガーと現行のキリンラガーをちゃんと飲み比べたことがなかったな・・・ということで、キリンラガーも飲んでみることにしました。色味はクラシックラガーに比べると少しだけ明るい感じ。飲んでみると、ラガーらしい苦味とともに酸味が口に広がります。クラシックラガーと比べるとキレが増している印象です。こうう比べてみると確かに現行のラガーとクラシックラガーは別物なんだな、とわかりますね。

 

f:id:daiki_bassist:20170405233338j:image

原材料はどちらも「麦芽・ホップ・米・コーン・スターチ」と同じ。醸造方法・処理方法が違うだけでこうも味わいが変わるのか、というのがよくわかります。今のところの個人的な好みはクラシックラガーですね。

 

クラフトビール全盛で、ペールエールやIPAなど香り高いビールが流行の中心にありますが、その一方で日本の昔ながらのビールの味わいが自分は好きなので、クラシックラガーは引き続き飲んでいきたいですね。