ネコと夜景とビール

Nikonのデジタル一眼レフで撮影した写真を掲載しているブログです。路地ネコ、ジャンクションなどの夜景、限定醸造ビールの写真を中心に載せています。

ネコと夜景とビール

サントリー ブリュワーズ・バー「琥珀色のラガー」!

DSC_8283

ファミリーマート限定の「琥珀色のラガー」!

 

2017年4月25日、サントリーから限定醸造ビール「ブリュワーズ・バー 琥珀色のラガー」が発売になりました!このビールは全国のファミリーマート・サークルK・サンクス限定販売となっています。ファミリーマート限定ビールは、2017年はサッポロの「ビアサプライズ『至福のコク』」以来、3ヶ月ぶりのリリースですね。

daiki-photo.hatenablog.jp

 

ニュースリリースには

ブランドロゴを看板風に描いて流行のビアバーの世界観を表現

とあり、ビアバーの店頭に出ているチョークで書くスタンドサイン風なものをイメージしているようです。そう言われてみるとラベルのカラーも黒板のグリーンっぽい色で、なるほど納得。

 

深いコクと華やかな余韻のビール

DSC_8284

早速缶を開けて、グラスにビールを注いでいきます。少し赤茶かかったまさしく琥珀色のビールが注がれていきます。香りはホップの爽やかな香り。アンバーと言えば琥珀色。琥珀色といえば「アンバーエール」をイメージしがちで、麦芽の香ばしいロースト香をイメージしていたのですが、ちょっと違いましたね。エールとラガーの違いかな。

 

まずは一口飲んでみると、ホップの華やかな香りとともに、ビールが喉を通る時に舌の奥でしっかりと苦味を感じさせます。「深いコク」とあるだけあって苦味だけでなく甘みも混じり合った感じの味わい。余韻は意外とスッキリしていて、苦味がすーっと消えていきます。すごく飲みやすいですね。「よなよなエール」のライト版というと例えがチープかもしれませんが、クラフトビールの入門編として味わえるビールですね。よなよなエールっぽいんだけど、エールタイプではなくラガータイプなので、スタイルで言うとアメリカンアンバーラガーとか、アメリカンペールラガーといったところでしょうか。

相変わらず、サントリーのブルワリーの「クラフトビールを一般の人向けに整える」力はスゴイと思います。

コクの深みとスッキリとした後味で飲みやすい「琥珀色のラガー」でした。