ネコと夜景とビール

Nikonのデジタル一眼レフで撮影した写真を掲載しているブログです。路地ネコ、ジャンクションなどの夜景、限定醸造ビールの写真を中心に載せています。

ネコと夜景とビール

足立区の隠れたバラの名所「ベルモント公園」でバラを愛でる

DSC_9378

足立区の隠れたバラの名所へ

 

先日、足立区にある「ベルモント公園」へ行ってきました。足立区の住宅街の真ん中にある少し大きめの公園なのですが、実は隠れたバラの名所。春と秋には園内にバラが咲き誇り、ちょっとしたバラ園のようになるのです。ちょうど5月下旬はバラの見頃の時期ということで、バラを見に行ってみた次第です。

 

DSC_1173

 ベルモント公園は足立区の「梅島」駅を最寄り駅とする公園。梅島は普通の住宅街なので、駅から徒歩数分で到着できる場所にあります。

ちなみに近くには足立区の有名なパティスリー「ラヴィアンレーヴ」があります。ここのケーキは美味しいし、春先から夏には天然氷のかき氷も楽しめます。

 去年の夏はかき氷を食べたのでした。

daiki-photo.hatenablog.jp

 

なぜ「ベルモント」かというと、足立区はオーストラリアのベルモント市と姉妹都市提携をしているんですね。ベルモント市との提携を記念して開設された洋風庭園が「ベルモント公園」なのです。赤レンガの建物はオーストラリアの民芸品などが展示された展示室になっています。 

DSC_9459

公園内もオーストラリアをイメージした羊のモニュメントやユーカリなどのオーストラリアの植物が植えられていたりして、足立区の中でオーストラリアを思わせる場所になっています。

結構しっかりした庭園風なのですが普通に開放された公園で、普段は家族連れで遊びに来たり、レジャーシートを敷いてお弁当を食べたり、のんびり日向ぼっこをしたり、なんていう風景が広がっています。当然入園料もかかりません。

 

DSC_9375

いわゆる普通の公園なのですが、植物の管理にとても力を入れている公園。春はチューリップやネモフィラ、夏はマリーゴールドやサルビアといったように花壇の植物を季節に合わせて定期的に植え替えています。

その中でも注力されているのがバラで、45種類ものバラが春と秋に花開きます。バラの手入れは難しいとよく耳にしますが、どれも立派なバラの花。冬には枝についた害虫を歯ブラシで掻き落としたりしているそうで、ほんとうに頭が下がります。 

 

DSC_9383

こちらはつるバラの「カクテル」。赤い花に中心の黄色が目を引くキレイな品種。公園のネットフェンスにつるが絡んで美しい花を開いています。

 

DSC_9388

早咲き、遅咲きなどいろいろと種類があるので、これから満開になる品種もあるようですね。日に日に

 

DSC_9398

無料で楽しめる、足立区の隠れたバラの名所「ベルモント公園」。決して有名ではないものの、バラの見事さは他の庭園に勝るとも劣らないものがあります。この秋もバラを見に行ってみようと思います!