ネコと夜景とビール

Nikonのデジタル一眼レフで撮影した写真を掲載しているブログです。路地ネコ、ジャンクションなどの夜景、限定醸造ビールの写真を中心に載せています。

広角レンズで撮影した写真が図らずも「ネコさんを探せ」風になっていた

3年前に夜景撮影に使うために購入した広角レンズ「SIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC HSM」。このレンズで撮影した写真を振り返ってみると、たまに夜景以外にも持ち出して使っている写真がありました。何度かネコさんの撮影にも使用していたのですが、中には広角レンズ特有の遠近感で「これはどこにネコさんが・・・?」という写真が何枚かあったのでした。

 

レベル1

DSC_1198

北千住の商店街を歩いている時に撮影した1枚。これはまぁ、すぐにわかりますね。

 

DSC_1200

焼肉屋の隙間でお休みする「北千住の女王(と私が勝手に呼んでいる)」。最近お見かけできていないんですよね。

 

レベル2

DSC_1170

住宅街の路地に入って、広角レンズの遠近感を確かめようと撮影した1枚でした。路地の奥を追ってみると・・・

 

DSC_1171

植え込みの中に隠れたネコさんでした。 

 

レベル3

DSC_1185

この1枚は自分で撮影しているはずなのに「これはなぜ撮った・・・?」と思わず言ってしまった1枚。

 

DSC_1186

1歩近づいて撮影した写真がありました。専用の台の上にちんまり座っているネコさんがいたのでした。広角レンズで撮るスナップ写真も味があるし、ネコさん撮影も楽しい。ただ、距離感を間違えると「どこにネコさんが?」という風になってしまいますね。

 

 そういえば、ニコンからDXフォーマット(APS-Cサイズセンサー)専用の広角レンズが発売されるんですよね。ちょうどこのとき使用していたシグマのレンズと同じ画角ながら、重さはシグマの半分以下の230グラムとのこと。しかも手ブレ補正つき・・・このレンズいいなー。

 

ニコンのエントリーモデルのデジタル一眼レフ(D3000台、D5000台)を買って、キットレンズの広角端に物足りなさを感じて「広角レンズ買いたい!」と思ったらこれは即買いです。

私もまだ当分DXフォーマットのカメラを使う予定なので、今使っているレンズから買い換えようかな・・・。