ネコと夜景とビール

Nikonのデジタル一眼レフで撮影した写真を掲載しているブログです。路地ネコ、ジャンクションなどの夜景、限定醸造ビールの写真を中心に載せています。

ネコと夜景とビール

まろやかな無濾過のビール!キリン 今日はうちごはん!

DSC_0771

セブン&アイグループ限定の無濾過ビール!

 

2017年7月11日にセブン&アイグループ限定のビールがリリースされていました!キリンビールが醸造した、その名も「今日はうちごはん」!なんだかステキな献立を紹介してくれるブログのタイトルのような名前のビールです。近所のセブン-イレブンの陳列棚をのぞいたら、見慣れないデザインの缶があり「新しい第三のビールかな?」とよくよく見るとビールだったという、完全にノーマークだった一本です。

普段、新商品情報を見落とさないように、ビール大手4社のニュースリリースをRSSリーダーに登録してチェックしているのですが「今日はうちごはん」はなかったはず・・・しかもセブン&アイのニュースリリースにも見当たらず。前に「ブラウマイスター」が缶でリリースされたときも、どちらのニュースリリースにも記事がなかったので、セブンさんとキリンさんの間で何か取り決めがあるのかな?

 

DSC_0773

ラベルの裏面にはビールの特徴が書かれていました。麦芽100%で無濾過。そして麦芽は大麦と小麦を使用しているということで、まろやかなのどごしが特徴のビールのようです。気になるのは「お肉料理を美味しくします」の一文。小麦系ビールの風味と肉料理がどのようなマリアージュを生み出すのか、気になります! 

 

まろやかでフルーティなヴァイツェンタイプのビール

DSC_0774

さっそく缶を開けると、ただよう香りは甘いクローヴやバナナの香り。グラスに注がれたビールは濁りのある明るいゴールド。無濾過らしい濁りです。この間の「ビアテイスター認定講習会」で紹介されていた、ドイツの小麦ビールのスタイルである「ヘーフェヴァイツェン」タイプのビールのようです。「へーフェ」はドイツ語で「酵母」を意味する言葉で、無濾過で酵母がビール内に残っていることを指しています。習ったことはすぐ使いたがるタイプです。国内のビールだと銀河高原ビールと似ている感じですね。

さっそく飲んでみると、ヴァイツェンらしいフルーティな香りが口に広がります。ホップの苦味はほとんどありません。ラベルには燻製した麦芽のほのかな薫り、とありますが、ヴァイツェンのバナナのような香りがよく出ていて、あまり麦芽の薫りは感じられませんでした。

無濾過ということで口当たりもなめらかでやさしく、日本の大手ビールメーカーのビールが苦手な方には飲みやすいビールだと思います。逆に、バナナのような香りが苦手な方もいらっしゃいますよね。実は私もあまり得意ではありません・・・

 

肉料理との相性は・・・?

この日の夕食は鮭のホイル焼きと肉じゃが。肉料理というとちょっとパンチに欠けるかもしれませんが、肉じゃがと合わせて飲んでみましたが・・・確かにお肉の風味を邪魔しないのですが、味が薄い料理よりは濃い目のガッツリ系の肉料理の方が合いそうな気がします。キリンのホームページで肉料理のレシピが紹介されていましたが、スペアリブやハンバーグなど、しっかりめの味付けの料理が多いようですしね。

濃い目の味付けの肉料理にはそれこそ一番搾りやスーパードライでスッキリ!ということが頭に浮かびがちですが、意外な組み合わせほど料理とビールのマリアージュが楽しめるのかもしれませんね。

 

よなよなエールのヤッホーブルーイングや海外のクラフトビールメーカーと積極的に業務提携を進めているキリンビールらしく、いつもと違ったスタイルのビールをリリースしてきました。普段あまりビールを飲まない方にも飲みやすい、ヴァイツェンタイプの「今日はうちごはん」でした!

 

「今日はうちごはん」が好きな方は、エビス華みやびも合うかもしれませんね。

daiki-photo.hatenablog.jp