ネコと夜景とビール

Nikonのデジタル一眼レフで撮影した写真を掲載しているブログです。路地ネコ、ジャンクションなどの夜景、限定醸造ビールの写真を中心に載せています。

ネコと夜景とビール

愛知・常滑の「甘味喫茶 侘助」であつあつ土鍋カレーうどん!

DSC_2849

焼き物の街・常滑で出会った絶品カレーうどん 

 

夏休みに愛知・常滑に行ってきました。名古屋から電車でおよそ45分、「焼き物と海と空のまち」ということで、常滑焼の焼き窯や歴史ある街並みを楽しめる「やきもの散歩道」で写真を撮り歩きしてきたのですが、そのときに見つけた「甘味喫茶 侘助」さんで食べた昼食が最高に美味しかったのでした。

 

DSC_2823

常滑のやきもの散歩道は江戸末期から昭和にかけての古い街並みを残す観光ルート。そのルートの終盤あたりにある、パン工房やカフェなどが並ぶ細い路地「暮布土屋通り」に甘味喫茶 侘助さんはお店を構えています。 

 

DSC_2826

この日は午前中にやきもの散歩道をてくてく歩いていたので、ここに差し掛かるころにはお腹も空いてきたタイミング。カフェメニューもありますが、迷わずランチで入ることにしました。ランチメニューは主にうどんがメインのようですが、目に飛び込んできたのは「常滑元祖土鍋カレーうどん」の文字。絶対に美味しい要素しかないこの文字列。この日は真夏日でしたが、迷わず土鍋カレーうどんを食べようと決めてお店に入ります。

 

DSC_2841

 

DSC_2838

店内は古い長屋を改装したいわゆる古民家カフェ。昔からある常滑焼の工房を改装しているそうです。イスやテーブルも店内の雰囲気に合わせたレトロな感じで落ち着きます。エアコンはもちろん効いていますが、テーブルにそれぞれうちわが置いてあるのはカレーうどんで暑くなるから・・・?

 

DSC_2840

お茶を注ぐ器はもちろん常滑焼。いいなぁ、雰囲気ある。散歩道を歩いて少し疲れた身体にお茶が染み渡る感じ。

 

文字通りの熱々ぐつぐつのカレーうどん!

DSC_2843

DSC_2842

オーダーしてからしばらくして、いよいよ常滑元祖土鍋カレーうどんがやってきました。土鍋で湧き立つこのぐつぐつ感、そしてあたりにただようカレーの匂いが食欲をそそります! 

お店が推奨する食べ方は、「まずはそのまま」「次に温玉を入れてマイルドに」「最後はご飯をルーに絡めて」とのこと。文字で読んだだけでよだれが出てきます。

 

さっそく、ご案内いただいた通りまずはそのままカレーうどんを食べてみます。カレーうどんはカレーベースに出汁を加えて、チーズをトッピングしたタイプ。辛さは中辛くらいの程よい辛さでチーズがよく絡んで食べやすいですね。うどんは土鍋でグツグツ煮ても負けないコシの強さ。食べごたえがあります。熱々のうどんをフーフーしながら食べる。熱々で、中辛くらいのカレーが絡んだうどんをはふはふしながら食べる。これは季節関係なく美味しい!

 

 

DSC_2844

次は温玉を乗せて・・・

 

DSC_2846

とろっと黄身を絡めていただきます!温玉がカレーをマイルドにしてくれて、これまた美味しい。つるつるっと食べられます。

 

DSC_2848

夢中でうどんを食べると、土鍋にはルーだけが残ったので、仕上げにご飯を投入してカレーおじや風にしていただきます!ご飯をスプーンですくうとカレーがしっかり絡んで、最後まで美味しくいただくことができました。土鍋なので最後まで熱々。夢中で食べてしっかり汗をかいてしまいましたが、テーブルのうちわで涼を取りながら満足感に浸ります。幸せ。

 

ランチだけでなく、カフェメニューも充実。夏はかき氷も人気メニューみたいですね。カレーうどんとかき氷の欲張りコースも考えましたが、ここはぐっとガマン・・・次に来たときはカフェも楽しみたい!

 

DSC_2853

食事を終えてお店を出るとすでに行列ができていました。人気があるのと、やきもの散歩道の終盤なのでちょうどお腹も空いたし、と立ち寄りたくなる場所にお店があるからかな。タイミングによっては少し待つことになるかもしれませんね。

 

常滑のやきもの散歩道はとても良かったので、これはまた別の機会に記事にしたいと思っています。散歩道を締めくくる「甘味喫茶 侘助」さんの食事も最高で、すごくいい経験ができました。すっかり常滑が好きになってしまいました。

 

常滑のやきもの散歩道の散策の時にぜひ立ち寄りたい「甘味喫茶 侘助」さんのあつあつ絶品カレーうどんでした!