ネコと夜景とビール

Nikonのデジタル一眼レフで撮影した写真を掲載しているブログです。路地ネコ、ジャンクションなどの夜景、限定醸造ビールの写真を中心に載せています。

ネコと夜景とビール

今年もこの季節がやってきた!キリン一番搾り とれたてホップ生ビール2017!

DSC_5222-2

今年もとれたてホップの季節がやってきましたよ

 

毎年10月下旬に店頭に並ぶ、キリン一番搾り「とれたてホップ」が今年も登場しました!10月24日、数量限定で発売開始しています。このブログを書き始めてから5回目のとれたてホップの季節です。

これを飲むと「今年も秋を迎えたなぁ」と感じます。秋と言えば同じくキリンの「秋味」がありますが、販売する時期がまだ夏だったりするので、秋らしさを感じるのはとれたてホップの方ですね。

 

当ブログ5回目のとれたてホップ。

daiki-photo.hatenablog.jp

daiki-photo.hatenablog.jp

daiki-photo.hatenablog.jp

daiki-photo.hatenablog.jp

 

 

DSC_5223-2

去年からラベルにホップの種類の説明が記載されるようになっています。とれたてホップに使用されるのは岩手県遠野市で今年収穫されたばかりの「IBUKI」。通常だとホップを乾燥して圧縮したペレットと呼ばれる状態になったものを使用しますが、とれたてホップはみずみずしいホップを収穫後に凍らせて、いわゆる生のまま醸造に使用しています。だからみずみずしさが感じられるビールになるんですね。

 

グラスに注いで飲みたい「とれたてホップ」

DSC_5224-2

グラスに注いだビールは明るいゴールド。通常の一番搾りと大きく変わるところはありません。ただ、飲んでみるとさわやかさが圧倒的に違います。クリーンでさわやかなホップの香りが口に広がって、ほんのりとフルーティな風味が楽しめます。リニューアルした一番搾りと同様に、雑味や渋味を減らすための工夫をこらしているのも、ホップのクリーンな味わいを引き出しているように感じます。

このすっきりとした味わい、さわやかな香りを楽しむなら、缶から直接飲むよりもグラスに注いで飲んだほうがいいですね。一手間かもしれないけど、このとれたてホップのさわやかさはかける価値があります。

 

2017年も私たちに美味しいビールを提供してくれた「とれたてホップ」でした!

 

2017年もあと2ヶ月ちょっと。新作ビールはまだまだ登場します!