ネコと夜景とビール

Nikonのデジタル一眼レフで撮影した写真を掲載しているブログです。路地ネコ、ジャンクションなどの夜景、限定醸造ビールの写真を中心に載せています。

ネコと夜景とビール

イチョウが色づき始めた外苑前で子どもの写真を撮ったらすごく撮りやすかった話

DSC_5455

見頃を迎える前の外苑前

 

11月3連休の初日に外苑前のイチョウ並木へ行ってきました。例年外苑前のイチョウは11月中旬から下旬にかけて見頃になると言われています。先週末に様子を伺ったときはまだ緑の葉が目立っていたので、さすがに11月の頭ではまだ早いかな?と思っていたのですが、行ってみるとこれがなかなか楽しめました。特に、写真撮影を目的としている私にとっては、人も少なくかなり快適に撮影ができてとてもよかったのでした。

 

一般的には「色づきはじめ」と言うけれど・・・

DSC_5457

外苑前のイチョウ並木の紅葉状況は、いろいろなサイトで見てみると「色づきはじめ」の段階。確かに緑の葉がまだまだ目立ってはいるのですが、日の当たる木はかなり色が黄色に変わっていたりします。最近日中は暖かいけど朝晩は冷え込むという、1日のうちで寒暖の差が大きくなる日が増えてきているので、紅葉も進んでいるのかもしれませんね。

 

DSC_5452

イチョウ並木の遊歩道を歩いてみても人の数は少なめ。写真を撮る人も、前後に気をつけてポジションを確保すればまったく問題ない感じ。ベンチも空いているし、自分のペースで歩いても邪魔にならないし、快適快適。足元に落ちたイチョウの葉も思ったより多くて、結構しっかり紅葉気分を味わえました。

 

DSC_2738

ちなみに3年前、11月の下旬に外苑前のイチョウ並木を訪れたときはこの人出でした。イチョウの見頃の時期にあわせて「いちょう祭り」というイベントを開催することもあって人出がどっと増えます。ここまで人が増えると遊歩道を自分のペースで歩くことすら困難で、写真撮影の場所もなかなか確保しづらい状況でした。

 

 

人が少ないと子どもの写真も撮りやすいですよね

DSC_5418

息子くん、初めてのイチョウ並木。一人で歩けるようになったので、イチョウ並木を歩かせてみました。人の流れはありますが、子どもがチョロチョロ歩いてもそれほど心配ないくらいの人出なので安心。息子くんを歩かせつつ、カメラで追いかけてみた1枚は足元の躍動感がいい感じの1枚に。

 

 

DSC_5448

落ちている葉っぱに興味があるようで、しきりに足元を見ていた息子くん。こう見ると結構色づいて落葉しているものですね。

 

DSC_5430

紅葉が見頃を迎えるともちろんキレイで見応えがあるのですが、こうやって立ち止まって写真を撮るなんてことは難しいもの。色づき始めのタイミングですが、背景も足元も紅葉らしさは十分。

 

DSC_5486

楽しそうに歩き回っていた息子くんですが、ちょっと疲れてきたようなのでベビーカーへ。せっかくなので歩道の真ん中で最後に記念の1枚。うん、なんだか充実した撮影になって満足です。息子くんもしっかり歩いて満足してくれた・・・はず。

 

DSC_5492

イチョウの色づき始めで見頃前の外苑前でしたが、写真撮影という観点ではとても満足できるものでした。私みたいに紅葉の中で子どもの写真を撮りたいな、という方やペットやフィギュアなどを紅葉の中で撮影したい!という方にもいいタイミングじゃないかな、と感じました。もちろん、他の方の邪魔にならないようにマナーはしっかり守って、ですね。

 

子連れで行動すると食事やお茶の時間のピークを外して早めたり遅くしたりすることが増えますが、こういう紅葉などの季節のイベントもピークの少し早めに行くといろいろ快適かもしれませんね。