ネコと夜景とビール

Nikonのデジタル一眼レフで撮影した写真を掲載しているブログです。路地ネコ、ジャンクションなどの夜景、限定醸造ビールの写真を中心に載せています。

ネコと夜景とビール

大人の方が楽しんじゃう!愛知・犬山のリトルワールドは半端じゃないテーマパークでした!

DSC_7357

愛知・犬山のリトルワールドへ 

 

愛知・犬山にある「野外民族博物館 リトルワールド」へ家族3人で遊びに行ってきました。高校生まで名古屋在住だった奥さんは「リトルワールド♪」とCMを口ずさむなど、愛知県の方にはおなじみの場所のようですが、長いこと埼玉育ちだった私は実はリトルワールドのことをほとんど知りませんでした。

 

「東武ワールドスクエアみたいな、世界のランドマークが展示されているのかな?」なんてちょっと軽い気持ちでいたのですが、行ってみると展示物やイベントの半端じゃないこだわりっぷりにすっかり魅了されてしまったのでした。

 

リトルワールドは名鉄線犬山駅からバスで20分ほどの場所にあります。栄のバスセンターから約1時間バスに乗って、というルートもありますが、我が家の1歳半の息子くんがバスに長時間乗るのは厳しそうかな、ということを考えて、レンタカーで行くことにしました。

 

ちなみに、同じ犬山市でもリトルワールドと犬山城は10キロ以上離れているんですね。同時に観光できなくはないけど、ちょっと移動が大変かも?

 

DSC_7092

入場券は大人1,700円。なのですが、今回は視察入場券をいただいていて、無料で入場することができました。2017年の夏に名鉄主催のフォトコンテストで入賞したときの賞品でいただいたのでした。

www.m-natsutabi.com

 

スポンサーリンク
 

 

 

1周2時間の日帰り世界一周

DSC_7107

さっそく入園して、世界一周してみよう!園内の案内図も「世界案内図」と書かれています。世界各国・各地域のエリアごとに、その場所ならではの生活文化を知ることができる民家や施設が展示されているようです。

 

園内の屋外展示を一周して見て回るには、約2.5キロ。歩いて約2時間程度かかるようです。園内には周遊バスが15分間隔で運行していて、1日500円で何度でも乗り降り自由なのですが、せっかくなのでここは歩いて世界一周することにしましょう。

 

野外展示の施設のリアルさが半端じゃない

DSC_7110

上でも書いたのですが、展示エリアには世界各国の民家が展示されています。わかりやすいランドマークが再現されているわけではないので、ちょっと地味かなぁ、なんて最初は思ったのですが、展示されている建物のリアルさを見て「これは半端なものじゃないな・・・」と感じたのでした。

 

それもそのはずで、展示されているものは現地から移築したか、現地での取材を重ねて精巧に再現したものばかり。

沖縄県・石垣島の民家は1800年代後半に建てられた琉球王国時代の屋敷を石垣市からわざわざ移転してきています。台風からの暴風雨を防ぐために高く築かれた石垣や、屋根が飛ばないようにしっくいで固められた屋根瓦など、石垣島の風土がそのまま犬山にやってきているよう。

 

DSC_7126

アイヌの家はイネ科の植物を束にしたものを材料にして建てられています。これらの家や村の再現はアイヌの人々の協力があったとか。

DSC_7127

民家の中にお邪魔した子グマ・・・この日は寒かったので一番暖かい防寒具を着せたのですが、アイヌでは熊の霊を送る儀式があるんですよね。捕まらないうちに退散せねば! 

 

DSC_7170

丘の上に建っていたのはペルーの大農園領主の家。

DSC_7175

スペインの植民地だったということで、スペイン本土の建築様式が取り入れられていることを忠実に再現した建物になっています。中にキリスト教の礼拝堂があるのもそのため。

 

DSC_7292

乗り物だって本物です。1950年台製造のロンドンバスがヨーロッパのエリアにやってきていました。日本のナンバープレートがついているのは、静岡の日本平自動車が所有するバスだからなんですね。

 

DSC_7283

バスの中は昔懐かしい感じの座席。冬なので風がしのげる休憩場所になっていました。しかし犬山でロンドンバスに乗れるなんて。 

 

DSC_7312

イタリア南部の世界遺産・アルベロベッロのトゥルッリが再現されていました。 

 

DSC_7318

中でも一番スゴイと思ったのは南アフリカの民族・ンデベレの家。住居にカラフルな幾何学模様を描くのが特徴なのですが、このリトルワールドにその住居を再現するために、実際に南アフリカからンデベレ族の人を呼び寄せて書いてもらったと説明がありました。

 

DSC_7321

これらはすべてフリーハンドで下絵もなく直接壁にペイントしていくのだとか。

 

DSC_7323

そこまでするのか・・・!と圧倒されたンデベレのエリアでした。ちょっと半端じゃないですね。

 

DSC_7345

山形・月山の農家も1767年築の家をまるごと移築。築250年!冬は中で囲炉裏に火を入れて、来場者をもてなしてくれるそうです。 

 

屋外展示の建物は気分をその国・その地域に連れて行ってくれるような感じ。同じ犬山の明治村も同じように明治時代の日本を感じさせてくれますが、リトルワールドも明治村に引けを取らないですね。

 

民族衣装体験で世界一周気分が盛り上がる!

DSC_7182

展示の素晴らしさにすっかりやられてしまった私ですが、楽しみ方は他にもたくさんあるのがリトルワールド。リトルワールドの特色のひとつが「民族衣装体験」です。その名の通り、世界各地の民族衣装を実際に試着することができるようになっています。各国のエリアで民族衣装が用意されていて1着あたり500円前後でレンタルすることができます。

 

DSC_7189

奥さんが「息子くんに民族衣装を着させたい!」と息巻いていたので、元気なうちに試着してもらいました。着ているのは南米・ペルーの民族衣装でポンチョとアルパカの毛でできた帽子です。90センチから用意があるので、1歳半の息子くんも着ることができました。 

 

DSC_7197

機嫌がいいうちに写真を撮ってしまいましょう。各エリアの建物は移築したり精巧に再現されているものばかりなので、写真を撮ればまるで実際に現地に旅行に行ったかのような感覚になりますね。

あと、リトルワールドの場所も少し小高い山の上にあって、周りに現実感を感じさせるような高層ビルなどが見えないのも高ポイントな気がしました。ディズニーランドと同じだ!

 

DSC_7223

これこそがインスタ映えっちゅーやつかもしれませんね。 

 

スポンサーリンク
 

 

飲食のメニューへのこだわりが半端ないって!

DSC_7237

展示されている建物のリアルさにも驚かされましたが、個人的にもっと驚いたのは園内で提供される飲食メニューの充実さです! 

 

DSC_7238

私たちはヨーロッパエリアのレストランで食事したのですが、ドイツのレストランということでビールの種類が3種類+アルファと豊富!ノンアルコールビールまでドイツのビールブランドという徹底ぶり。定番のレーベンブロイにエルディンガー、さらにはバイエルン王家の末裔が運営する醸造所の「ケーニッヒ ヴァイスビア」にゲーテの愛した「ケストリッツァー」まで揃っているとは。このときばかりはレンタカーで来た自分を恨むばかりです。ぐぬぬ。

 

DSC_7245

リトルワールドでは定期的に世界の食をテーマにしたイベントを開催しているようで、この冬は世界の鍋料理をフィーチャーした「世界あったか鍋紀行」が開催中。豚肉とパプリカを煮込んだヨーロッパの家庭料理・グラッシュはお肉がほろほろ。美味しいし身体も温まるしでスプーンが止まりません。 

 

DSC_7324

アフリカのエリアでは、ケニアで最も飲まれている「タスカービール」が用意されていました! アフリカのビールなんてそうそう飲む機会ないぞ・・・このときばかりはレンタカーで来た自分を恨むばかり(2度め)。

DSC_7327

ビールは飲めないけどワニとラクダの串焼きを食べ比べすることにしました。他にもバッファロー、ダチョウの串焼きもあるので、お肉の見分け方が紹介されていました。 

 

DSC_7329

赤身のラクダは歯ごたえしっかりで牛肉みたいな味わい。しっかり味があります。ワニは淡白でジューシーな鶏肉風。気軽にアフリカン気分が味わえる串焼き食べ比べでした。

 

DSC_7336

近くを立ち寄ったインド亭ではカレーがなんと8種類もラインナップされています。さらにはタンドールで焼いた焼きたてのナンかライスがついて、かなりお得感あります。ここも例によってインドナンバーワンビールの「キングフィッシャー」がスタンバイ。だからなんで車で(以下略)。

インド亭は屋外なので冬はちょっと寒そうなのですが、春なんかカレー食べてキングフィッシャー飲んでなんて最高じゃないですか。早くも再訪を計画したいところです。 

 

DSC_7347

最後は山形・月山でもう一皿。

DSC_7352

寒い冬にぴったりのカレー芋煮が心も体も温めてくれます。

DSC_7348

デザートは山形のブランド米「つや姫」でつくったみたらし団子! 

 

DSC_7353

 もちもちの団子と甘辛みたらしが絡み合って、至福。道中、息子くんがベビーカーで寝てしまったのをいいことにいろいろ食べ歩いてしまいました。満腹、満足です。

 どこのエリアも食事メニューが充実していて、さらにはご当地ビールも飲めてしまうので、食事とビールを楽しみにリトルワールドに行くのもありな気がしました。次回は絶対バスで行く。

 

大人ほど楽しみが増えるリトルワールド

今回はじめてリトルワールドに遊びに行ったのですが、私が期待していたものをはるか上に超えていた半端じゃないテーマパーク(正確には野外民族博物館)でした!決して有名どころではないものの、現地をまさに犬山に持ってきたかのような再現レベルの展示の数々。現地に行ったような気分を盛り上げる民族衣装。そして胃袋をがっちりつかんでくる世界各国の料理(とビール)。リトルワールドをまるごと楽しむのは、大人の方がより楽しめるのかもしれませんね。

 

犬山は犬山城と明治村だけじゃなかった。リトルワールドもめっちゃ楽しい!また行くぞー!