ネコと夜景とビール

Nikonのデジタル一眼レフで撮影した写真を掲載しているブログです。路地ネコ、ジャンクションなどの夜景、限定醸造ビールの写真を中心に載せています。

ネコと夜景とビール

函館・立待岬から津軽海峡を眺めて、自分が北海道にいることを実感する

函館・立待岬

函館の景勝地・立待岬へ

 

函館市街の南に位置する立待岬へ行ってきました。津軽海峡に面した岬で、海の向こうに本州・青森の下北半島と津軽半島の姿が拝める函館きっての眺望スポットです。

 

函館のガイドブックにはちょろっとしか載っていない立待岬でしたが、眼前に広がる青い空と海、そして本州が見える眺望に大満足でした。

 

函館の街中から意外と近い立待岬

函館の観光地は金森赤レンガ倉庫をはじめとしたベイエリアや教会や坂のある元町、そして五稜郭など函館の街中にある印象がありました。そのため岬と聞くとちょっと街から離れた、アクセスがちょっと大変そうなイメージだったのですが、これがどうしてアクセス良好。

 

函館の街を走る函館市電の「十字街」駅から支線となる宝来・谷地頭線に乗り換えて終点の「谷地頭」駅へ。谷地頭駅からは徒歩で約1キロ、15分と案外近いのでした。 

DSC_0197

函館市電を降りて谷地頭駅から住宅街の中を歩くと「立待岬」と書かれた手書きの案内板が見えてきました。その先を見ると、、、

DSC_0198

なんと墓地。おおお・・・

 

DSC_0199

立待岬は墓地を抜けた先にあるのです。よく晴れた昼間なのでおりゃーっと歩いて行きましたが、これ夜は怖そう・・・函館の観光を紹介するサイトやガイドブックには「イカ釣り漁のシーズン中は、夜の立待岬からイカ釣りの漁火が間近に見える」という紹介文がありました。でも、夜にこの墓地エリアを越えていくのはなかなかですぞ・・・ 

 

ちなみに雪の降る冬季期間(11月から4月中旬ごろ)以外は車で訪れることも可能です。函館観光でレンタカーを使うプランを立てている方はよりアクセスしやすいかもしれないですね。 

 

津軽海峡越しに本州を望む

DSC_0201

墓地を抜け、坂道を登りきると眼前に広がる青い空と青い海が見えてきました。ベイエリアの静かな海とはまた違う、波が立つ動きのある海。そして青く広い空。最高に気持ちいい景気。

 

函館山から見た函館の街と広い空もステキでしたが、立待岬から見る海と空も勝るとも劣らない絶景です。

立待岬から見た津軽半島・下北半島

立待岬は津軽海峡に面した岬なので、対面には本州が見える形になります。これがまた壮観。海風を受けながら、見晴らしのよい景色を楽しみます。足元の岩場に波がぶつかってしぶきを上げる光景も見ていて飽きないですね。

 

正面中央から左に伸びるのは本州最北端・斧の形に突き出た下北半島で、右手に遠く見えるのは津軽半島です。

 

地図アプリで距離を測ってみると、立待岬から下北半島の先端にある大間まではおよそ30キロ、津軽半島の東側までは約60キロほどの距離。直線距離だと車で1時間くらいの距離なのか。60キロ先まで肉眼で見えるもんだなぁ。

DSC_0212

自分がいま北海道にいて、目の前には日本地図でよく見た本州最北の青森県の半島が見える。

 

海峡を挟んで向かいにある本州を眺めていて「あぁ、自分は北海道にいるんだな」ということを強く感じさせてくれる場所でした。

DSC_0210_2

津軽海峡に向かって右背後は函館山。人の立ち入りがなさそうな、深く茂った緑やごつごつした岩がむき出しになっている姿は、展望台のあるエリアとはまた違った感じを受けますね。まさに断崖絶壁。

 

DSC_0255

夏季限定ですが、休憩所や売店もあります。ソフトクリームやつぶ貝焼きが美味しそうだった・・・

 

DSC_0232-2

立待岬から左手を向けば、函館の海岸線が見えます。市街地に空港がある関係上、規定よりも高い建物が建てられないはずなので、五稜郭タワーが頭一つ抜けた感じで見えますね。

 

ただの印象論ですが、高い建物が少なくて揃っているのも函館の市街地の美しさの秘訣かな、と思ったり。 

DSC_0234_2

そんなことをぼんやり考えていたら函館空港に向かう飛行機がやってきました。結構低いところを飛んでいるようで、思わずレンズを中望遠に付け直して飛行機を追ってしまいました。

 

DSC_0238

函館空港へ着陸するために函館の海岸線に沿って旋回していく姿がカッコいい。望遠レンズがあれば、飛行機撮影も楽しそう。函館の街に向かって飛行機が飛んでいく姿は絵になりますね。

 

青い空と青い海を見ながらのんびりしてみたり。頭上を飛ぶ飛行機を追いかけてみたり。知らない間に30分、1時間と過ごしてしまいました。立待岬、来てみてよかった。

 

函館の展望・眺望スポットは函館山がなんといっても有名ですが、立待岬から見える眺望も函館山に負けず劣らずの美しさでした。青い空と広い海、そして何より自分が今北海道にいることを実感できるスポットでした。