読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネコと夜景とビール

NikonのD7100で撮影した写真です 路地ネコ、ジャンクションなどの夜景、限定醸造ビールの写真を中心に載せています。

道端であったネコとの出会いは一期一会

ネコ カメラ・レンズ・その他カメラ用品

DSC_9735

 人懐っこいネコさんとの出会い

 

とあう下町の路上でネコさんと遭遇しました。特段有名な地区ではないものの、この一帯はネコさんが多くて、ネコさんの写真を撮りたいときにここのあたりを歩けば、だいたいどこかしらでネコさんに出会うことができる場所です。

 

 

DSC_9737

 

同じネコさんと出会うこともあるし、初めましてのネコさんも出会うこともありますが、とにもかくにもネコさんとの出会いは一期一会だな、と常々思います。次にまた会えるかどうかわからない、ということもありますし、写真を撮る、という観点で見るとこちらの装備とネコさんの間合いが噛み合うか噛み合わないかで撮れる写真が変わってくるからです。

 

 

DSC_9738

 今回出会ったネコさんは、人懐っこくてグイグイ間合いを詰めてくるタイプのネコさん。ネコさんが近づいてくるのはとても嬉しいのですが、こちらのレンズのチョイスによっては、近すぎて撮れない、というケースもあります。

 

今回はAF-S NIKKOR 24mm f/1.8G EDというレンズで、少し広角気味の画角で最短撮影距離も短く、ネコさんとの接近戦にも対応できるレンズでした。ネコさんとの距離が1メートルを切って50センチと近づいてもピントが合わせられるので、近くでも撮影することができました。

DXフォーマットでも36mmの画角。ネコさんとの接近戦にも対抗できるレンズ。

Nikon 単焦点レンズ AF-S NIKKOR 24mm f/1.8G ED

Nikon 単焦点レンズ AF-S NIKKOR 24mm f/1.8G ED

 

 

 

DSC_9739

 

例えば、このようにカメラを持った人間に対してものすごく警戒しているネコさんだとすると、広角気味のレンズではネコさんを大きく撮ることはできず、距離を取った写真しか撮れません。当たり前の話ですが。こういう場合は中望遠くらいのレンズがあればぐぐっと寄って撮ることができます。今回は、広角気味の単焦点レンズだったので、そういうぐっと寄った写真は撮れませんでしたが、中望遠の単焦点だったら逆に近づいてきたネコさんを撮ることはできなかったんですよね。こちらのレンズの選択とネコさんの気分やタイプによっては、狙った写真が撮れないこともあるのです。このあたりが一期一会だな、と思う理由だったりします。

 

ポートレートに適した中望遠の単焦点。これも好き。

Nikon 単焦点レンズ AF-S NIKKOR 85mm f/1.8G フルサイズ対応

Nikon 単焦点レンズ AF-S NIKKOR 85mm f/1.8G フルサイズ対応

 

 

ネコさんに合わせるか、自分の好きにやるか

DSC_9742

 

動物写真家で有名な岩合光昭さんは、24mmから120mmをカバーする標準ズームのレンズを使用していると目にしたことがあります。もちろんシチュエーションによってもっと望遠のレンズを使ったりするそうですが、広角から中望遠くらいの画角をカバーできるといろいろなシチュエーションで撮影できますよね。 

  

OLYMPUS 標準ズームレンズ ZUIKO DIGITAL ED12-60mm F2.8-4.0 SWD

OLYMPUS 標準ズームレンズ ZUIKO DIGITAL ED12-60mm F2.8-4.0 SWD

 

 岩合さんにならってネコさんを撮るときはズームレンズにしとけばいいじゃないか、とも思いますが、なんだかんだ単焦点レンズが好きな自分がいて、勝手に葛藤したりしています。画角の違う単焦点レンズを何本か持ち歩いてネコさん撮影に挑むのもありですが、レンズを交換しているうちにネコさんがどこか行っていそう。。

 

いいズームレンズは欲しいですが、まぁまぁいいお値段しますしね。欲しいですが。

Nikon 標準ズームレンズ AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR

Nikon 標準ズームレンズ AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR

 

 

 なので一期一会を楽しむしかない

DSC_9741

 

単焦点レンズが好きなので、ネコさんと出会ったときはそのときつけているレンズで勝負するしかない。なのでネコさんとの出会いは常に一期一会なのである、という気持ちでネコさん撮影に臨みたいな、と思っている次第です。中望遠のレンズをつけているときに限って「なでてくれー」と近づいてくるネコさんもいますし、広めのレンズのときに限って近づいてきてくれなくて、すぐ逃げられることもあります。まぁ、そういう食い違いも楽しんで、これからもネコさん撮影に臨みたいな、と思っています。

新しいレンズと共に、有楽町から東京を歩く

昼の風景 建物 カメラ・レンズ・その他カメラ用品

有楽町高架下センター商店会

 

ディープな高架下「有楽町高架下センター商店会」

 

週末に銀座に出かけた際、もうちょっと散歩しようかな、と有楽町から東京駅まで歩くことにしました。銀座から有楽町へ、そこから東京駅の丸の内側に向かいます。有楽町から丸の内まではいろいろなルートで歩けますが、今回は有楽町のディープな高架下である「有楽町高架下センター商店会」を歩いてみました。

「有楽町高架下センター商店会」は東京駅と有楽町駅の間のJRと新幹線のガード下の隙間に位置している場所で、有楽町の大きな無印良品の脇あたりが入り口になっています。昼間でもちょっと薄暗い、なかなかに怪しげなエリア。週末の昼間ということで閉まっているお店がほとんどですが、平日の夕方にはサラリーマンで賑わっているとか。

  

 

有楽町高架下センター商店会

 

有楽町側から歩いていくと、左手に一際ディープな横道が。「丸三横丁」という名前の薄暗い入り口。。ゲートが閉められていました。週末だから閉まっているのかと思っていましたが、あとで調べてみるとどうやら高架の耐震工事の影響でこの通りのお店はすべて閉店してしまったようです。

 

 

有楽町高架下センター商店会

 

ゲートにカメラを差し込んで撮影してみました。右手の焼き鳥屋「さつまや」さんは安くて美味いお店だったとか。なかなか一人で足を運ぶのは勇気がいりそうな場所ですが、こういうところに名店が隠れていたりするんですよね。

 

 

DSC_9665

 

ガードを抜けると、そこは丸の内。ロールプレイングゲームで洞窟を抜けて別の大陸に出たかのように、ガラッと雰囲気が変わります。たった200メートルほどの距離ですが、まさに異空間。

 

 

DSC_9664

 

週末の丸の内は賑わってはいますが、適度に人がいる程度であまり混み合っていないので、カメラを持って散歩をするにはちょうどいい場所だったりします。

 

 

KITTEの屋上庭園へ 

DSC_9671

 

丸の内にせっかく来たので、久々に「KITTE」の屋上庭園に登ってみました。上から見る東京駅は美しい。

そういえば開業当時は三脚の使用OKでしたが、現在は三脚・一脚共に安全のため使用不可と張り紙が出ていましたね。

 

 

DSC_9667

 

東京駅前のロータリーの整備はまだまだ続いています。2017年春に工事が完了する予定とのことで、ロータリーと共に駅前の中央部分は歩行者広場として解放されるようです。御影石で舗装され、ケヤキが植樹される広場、写真を撮るのが今から楽しみ。あと半年ほどですが待ち遠しい。

 

 

丸の内のオフィスビルは宮殿のよう 

DSC_9674

 

DSC_9678

 

屋上庭園を降りてもう少しぷらぷらと丸の内を歩きます。丸の内といえばオフィス街。さまざまなオフィスビルがありますが、エントランス部分がまるで宮殿のようなところがあって、これがまた絵になります。ここはポートレートが捗りそう。丸の内で撮影会があるときは、ぜひ撮影してみたいスポットです。

 

およそ35mmで切り取る丸の内

今回は新しいレンズで有楽町・丸の内を散歩してみました。AF-S NIKKOR 24mm f/1.8G EDをD7100に装着しての撮影なので、画角は36mm。50mmと並んで標準レンズと呼ばれることの多い35mmの画角ですが、やはり使いやすい。自分の目で見たままというか、それに近い部分を切り取れる感じがします。撮影したくなる建築物も多いので、50mmよりもう少し広いといいなぁ、というときの35mm。個人的にはかなり好みの画角。これからいろいろ使っていきたいレンズです。いろいろと撮影したので、そのうちAF-S NIKKOR 24mm f/1.8G EDについてまとめてみたいと思います。

 

 

Nikon 単焦点レンズ AF-S NIKKOR 24mm f/1.8G ED

Nikon 単焦点レンズ AF-S NIKKOR 24mm f/1.8G ED

 

 

ネコとバイクの親和性について

ネコ

ネコ_バイク

 バイクのあるところ、ネコあり

 

 先日ネコさんの写真を撮りにいった神社の裏手に出ると自転車やバイクが停めてありました。バイクのシートの上を見ると、ネコさんがちんまりと鎮座していました。バイクの下にもネコさんがいますね。「あのシートいいなぁ」というところでしょうか。どうやらこのシートはお一人さま専用らしいですね。

 

ネコ_バイク

これまた堂々と。

 

 

これまでネコさんの写真をいろいろ撮ってきたのですが、「バイクとネコ」という組み合わせで撮った写真が何枚かあるような気がしたのでデータを振り返ってみると、結構撮ってましたね。謎の親和性があるというか、絶妙な組み合わせというか。バイクあるところにネコあり。

  

ネコ_バイク

3年ほど前に撮った写真が初めて「バイクとネコ」の組み合わせで撮った写真でした。出前機付きのバイクにて休憩中だったネコさん。この日は出前はお休みだったようです。

  

ネコ_バイク

これまた出前用のカブとネコさん。カブ越しに狙ってみました。

 

 

 

ネコ_バイク

これまた出前用のカブとネコさん。機体の整備に忙しい様子。

  

ネコ_バイク

こちらも停車中のスクーターに近づくネコさん。このネコさんもシートを狙っているのでしょうか。 

 

 ネコとバイクの相性はいい

ネコ_バイク

 

振り返ってみると定期的にバイクとネコさんという組み合わせの写真を撮っていることがわかりました。狙って撮っているわけではないのですが、面白い組み合わせ。シートの部分がネコさんの休憩スポットとしてちょうどよかったり、風よけがあるのでネコさんも寒風を防ぐために使っていたりするのかも、なんて想像してみました。

 

路地にバイクが停まっていたら、ネコさんに出会えるかも?

 

 

 

ネコへの恋文

ネコへの恋文

 

 

岩合光昭 猫手帳 2017

岩合光昭 猫手帳 2017