読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネコと夜景とビール

NikonのD7100で撮影した写真です 路地ネコ、ジャンクションなどの夜景、限定醸造ビールの写真を中心に載せています。

赤ちゃん誕生に夏祭り!お祭り気分満載なすみだ水族館へ行ってきました!

水族館 イベント 食事

すみだ水族館_ペンギン_名付け

赤ちゃんペンギンの産まれたすみだ水族館へ!

 

「マゼランペンギンの赤ちゃんが産まれたよ!」というニュースを聞いて、これは会いに行かねばとすみだ水族館へ行ってきました!ペンギンの赤ちゃんが産まれるのはこれで4年連続で、これまで「まつり」「はなび」「はっぴ」「たいこ」と4羽のペンギンがすみだ水族館で産まれています。

www.sumida-aquarium.com

 

ペンギンの赤ちゃんは「ペンギンのゆりかご」という特設ブースで公開されていて、11時~15時の間にその姿を見ることができます。場所はチンアナゴの水槽の近くですね。12時頃にブースへ行くと行列ができていました。曜日や時間帯にもよりますが、この日は10分ほど待って赤ちゃんペンギンとご対面となりました。

 

すみだ水族館_ペンギン_赤ちゃん

6月16日に産まれたということで、すでに誕生から1ヶ月が経過しています。もっと小さいかな、と思っていましたがもう結構な大きさ!体重はもう2キロになるそうです。我が家の子供と同じくらいある。。。 

 

 去年「たいこ」を見に行った時は産まれて2週間ほどということでまだまだ小さかったのですが、赤ちゃんの成長は早いということですね。

daiki-photo.hatenablog.jp

 

すみだ水族館_ペンギン_赤ちゃん

飼育員さんがケースを拭いてくれるのを見ながらお休み中。プールデビューの日が楽しみですね!

 

 

DSC_7965

「ペンギンのゆりかご」ブースはこんな感じで大盛況。みんな「かわいいー!」の連呼でした。かわいいんです。 

 

DSC_8006

毎年恒例、赤ちゃんペンギンの名前募集も行っています。「元気な東京」をイメージした名前ということで、これまで「はなび」「まつり」「はっぴ」「たいこ」という名前がつけられてきました。現時点で投票数が多いのは「みこし」だとか。去年も確か「みこし」は投票数が多かったように記憶していますが、はたして。 

 

 

「お江戸の金魚ワンダーランド」へ

DSC_8002

赤ちゃんペンギンを見届けたあとは、現在展示中の「お江戸の金魚ワンダーランド」へ!常設展示となっていて、日本最大の金魚展示ゾーンとなった「江戸リウム」を中心に、夏祭り気分を味わえる展示になっているとのこと。 

 

 

DSC_7968

天井から吊るされた「金魚ちょうちん」!これは目黒雅叙園の「和のあかり×百段階段展2016」とコラボした企画で、山口県柳井市の「柳井金魚ちょうちん祭り」を模した展示になっています。赤めの灯りがお祭り気分を演出しますね。江戸の夏祭りの雰囲気が味わえる一角です。

 

DSC_7985

 

DSC_7983

展示される金魚も涼やか。 

 

 

DSC_7987

金魚ちょうちんとハイカラな着物の女性。お祭り気分によく似合います。

 

DSC_7996

薄暗い水族館の空間に提灯の灯りがよく合います。 

 

 

 

DSC_7993

 こちらはフロアの階段につるされた江戸風鈴。 

 

DSC_8017

室内だから風が吹かないし・・と思っていたら、踊り場にうちわが置いてありました。なるほど、これであおいで風鈴を鳴らすんですね!これはいいアイディア。 

 

DSC_8009

 さっそくうちわを構えて・・・ 

 

 

DSC_8015

 あおぐ!涼しげな江戸風鈴の音が楽しめました。片手でカメラを構えて片手でうちわを上向きにあおぐのはなかなか難しいですね。。

 

夏のすみだ水族館はお祭り気分!

ペンギンの赤ちゃんの誕生のお祝いに始まり、夏祭り気分を高めてくれる「お江戸の金魚ワンダーランド」に江戸風鈴と夏のすみだ水族館はお祭り気分満載!浴衣でふらっと遊びに行っても楽しそうですね。夏休み、すみだ水族館に遊びにいこうとお考えの方はぜひお祭り気分を味わっていってみてくださいね。

 

 おまけ:すみだ水族館の年パスでちょっとお得なランチタイム

DSC_8173

 

すみだ水族館を出て、ちょっと小腹がすいたのでソラマチでお昼ごはんです。ちょうど昼時で混み合っていたということもあり、ソラマチ3Fのフードコートで「銀だこ」にしました。ここですみだ水族館の年間パスポートを提示するとドリンクサービスがつくのでちょっとお得。これ以外にもお店によっては10%OFFなどの特典がついてくるキャンペーンをやっているので、すみだ水族館の年間パスポートは結構お得でした。年間パスポートも2回分の入場料で購入できるので、近くに住んでいるといろいろメリットが享受できて嬉しい限りです。また行くぞー!

 

今は「わくわくペンギンサービス」という名前のキャンペーンなんですね。

www.tokyo-solamachi.jp

 

 

すみだ水族館公認フォトストーリー 恋するペンギン

すみだ水族館公認フォトストーリー 恋するペンギン

 

 

すみだ水族館公認ガイドブック 飼育員だけが知っているペンギンたちの秘密の生活

すみだ水族館公認ガイドブック 飼育員だけが知っているペンギンたちの秘密の生活

 

 

 

「足立の花火」を遠巻きに撮影してみました

夜景★花火

足立の花火

 

離れた場所から「足立の花火」を撮る

 

昨日、7月23日は足立区・荒川河川敷での「足立の花火」の日でした。毎年40万人近くの来場者が訪れ、1万2000発の花火が打ち上がる都内でも有数の花火大会です。足立区在住ではあるものの、40万人という人数に及び腰で毎年見送っていました。。ですが、今年はちょっと遠くから撮影してみよう、ということで撮影スポットを探して、少し離れたところから撮影してみることにしました。

 

今回の撮影場所は足立区某所。花火の打ち上がる会場からは約2キロ弱離れた場所です。マンションなどは多いのですが、タワーマンションなど都心のような高層ビルはさほど多くない場所なので、マンションや団地の隙間の空から花火が見られるスポットは結構あるようですね。

 

 

足立の花火

今回の撮影にはD7100に中望遠の焦点距離のAF-S NIKKOR 85mm f/1.8Gという組み合わせで臨んでいます。2キロ離れると、広角だとかなり花火が小さくなってしまいそうなので、今回は中望遠で一発を狙うスタイルです。焦点距離はDX(APS-C)なので127.5mmになりますが、さらにD7100のクロップ機能を用いて、さらに1.3倍の167.75mmまで焦点距離を伸ばします。中望遠単焦点がちょっとした望遠レンズに早変わり。2キロ弱離れた先の花火も結構大きく写すことができました。

 

 バルブ撮影の長さをいろいろ試してみる

足立の花火

 

花火の撮影は三脚を立ててレリーズを繋ぎ、バルブ撮影で撮影するのが一般的ですね。今回私もそのスタイルで撮影しています。2年前、初めて花火の撮影をしましたが、その時もバルブ撮影でシャッターを開いている時間に迷いながら撮影していたことを思い出しました。

 

daiki-photo.hatenablog.jp

 

花火会場から離れていると、花火が打ち上がるタイミングがわかりづらいので、一発上がったら次も上がるだろうと読み込んでシャッターを開く、という感じで狙ってみます。上の写真は6.5秒。花火が2発くらい重なっている感じでしょうか。

 

 

 

足立の花火

 

2枚目にも載せているこちらの写真はシャッターは4秒。色を残すには気持ち短めにしておいたほうがいいのかもしれないですね。このあたりは経験と練習あるのみでしょうか。

 

 

足立の花火

 こちらの花火は炸裂弾のようにピカッと光ってから火花の流れる花火。絞りをF13まで絞っていることで、「ピカッ」の光芒がキレイですね。

 

 マンションから見る足立の花火

足立の花火

 

上にも書いたとおり、足立の花火はあまり高いビルに遮られていないので、住んでいる場所によっては家から見られるという方も多いみたいですね。花火大会の時間にはいろいろなマンションから歓声が上がっていたようです。撮影が終わって家に帰ってから写真を見ると、画面右下、マンションから花火を撮影している方がいらっしゃいました。家から見る花火大会、というのもいいですね。

 

離れた場所から撮る花火大会もなかなか楽しいです

今回は花火会場からかなり離れた場所で花火を撮影してみました。ある程度の望遠レンズがあればそこそこ大きく花火を撮影することができますね。すこし離れた場所で穴場スポットを見つけたら、気軽に花火が撮影できるかも。

 

 

Nikon デジタル一眼レフカメラ D7100 ボディー D7100

Nikon デジタル一眼レフカメラ D7100 ボディー D7100

 

 

Nikon 単焦点レンズ AF-S NIKKOR 85mm f/1.8G フルサイズ対応

Nikon 単焦点レンズ AF-S NIKKOR 85mm f/1.8G フルサイズ対応

 

 

夕暮れの公園で、ネコ目線で写真を撮る

ネコ

DSC_7929

 夕暮れの公園でネコさんに出会う

 

週末の暑い日、夕方にカメラを持って出かけると公園にネコさんがいるのを発見。まだまだ暑いのですが多少は涼しい風が吹き始めた時間帯。ネコさんも行動開始のようです。そこまでこちらを警戒しているようでもないので、少し写真を撮らせてもらいました。

 

カメラはいつものD7100にAF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8Gという組み合わせ。散歩の時にはこの軽さがしっくりきます。

 

Nikon デジタル一眼レフカメラ D7100 ボディー D7100

Nikon デジタル一眼レフカメラ D7100 ボディー D7100

 

 

Nikon 単焦点レンズ AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G ニコンDXフォーマット専用

Nikon 単焦点レンズ AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G ニコンDXフォーマット専用

 

 

 

ネコさんの目線の高さで撮ってみる

DSC_7931

公園の芝生の上にいたネコさん。ネコさんの目線の高さで狙ってみることにしました。芝生なので寝っ転がって狙う!というのもありですが、今回はカメラを地面に置いて、ライブビューで撮ってみます。D7100はモニターが可動しないので、身体を小さくしてモニターを覗きながらピントを合わせていきます。 

 

 

DSC_7933

D7100のライブビューはピント合わせが若干苦手な感じなんですよね。この時も、ネコさんの手前の草でピントを迷ってしまって、結局マニュアルでピントを微調整しています。D7200とか、D500のライブビューでのAFの精度はどうなんでしょうね。ちょっと気になるところです。

 

DSC_7937

場所を移ったネコさん。さすがに、それなりに大きな身体を屈めて写真を撮っている人間をみたら警戒しますよね。2メートル以内に近づくと距離を取られてしまうような距離感。まったく人嫌いというわけではないものの、付かず離れずな感じです。

  

DSC_7939

つかず離れずの距離でにらみ合い。

 

 

 

DSC_7941

柵の陰には別のネコさんがお休み中でした。こちらは「!?」という目をしていたので近づくとすぐ逃げられそう。実際一歩近づこうとしただけでぴゅーっと向こうへいってしまいました。だいぶわかってきましたよ。。

 

 

 

DSC_7943

 

最後は草葉の向こうからお見送りいただいて、この日の撮影は終了となりましたいいモデルさんでしたね。またぜひお会いしたいネコさんでした。どうぞ健やかにお過ごしください。

 

 ネコさん写真はまだまだ奥が深い。。。

ねこカメラ

ねこカメラ

 

 

岩合光昭さんセレクト きょうのにゃんこ 100 (アサヒカメラ ネコ写真コンテスト優秀作品集2)

岩合光昭さんセレクト きょうのにゃんこ 100 (アサヒカメラ ネコ写真コンテスト優秀作品集2)

 

 

ネコ写真の教科書 (エイムック 2246)

ネコ写真の教科書 (エイムック 2246)