読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネコと夜景とビール

NikonのD7100で撮影した写真です 路地ネコ、ジャンクションなどの夜景、限定醸造ビールの写真を中心に載せています。

重厚かつ豪華な重要文化財「明治生命館」を見学してきました

建物

DSC_4009

重要文化財・明治生命館 

東京・丸の内にある「明治生命館」の見学へ行ってきました。国の重要文化財に指定されている建物ですが、中を見学することができるようになっているのです。先日、名古屋の市政資料館を見て、歴史のある建物をじっくり見学したい・・・と思っていたところ「明治生命館」の存在を思い出して行ってきた次第です。

 

場所は日比谷通り沿いで、公共交通機関では東京メトロ「日比谷」駅または千代田線「二重橋前」駅が最寄り駅になります。もちろん、JR「東京」駅からも丸の内出口を出て10分もかからずに到着することができます。

 

DSC_4001

明治生命館はその名の通り明治生命の社屋として1934年に建設された建物です。外観は古代ギリシャの神殿のようにコリント式の列柱が並んでいて重厚な印象を受けます。夜は灯りで柱が照らされてこれまた美しい姿を見せてくれるのです。何度か夜景撮影で歩いているときに目にしていました。

DSC_4014

1997年に国の重要文化財にしていされています。昭和の建造物としては初めての指定だったそうです。

 

DSC_3948

日比谷通り沿いの入り口へと向かうと、見学コースの入り口の案内がありました。土・日は11時~17時まで見学をすることができます。見学料は無料。ちなみに平日は水・木・金の3日間、16時30分~19時30分までの3時間だけ見学が可能とのことです 。さっそく中へと進んでいきましょう。

 

DSC_3950

見学コースのスタートは建物の2階から。入り口の警備員さんの案内に従ってエレベーターで2階へ。クラシックな操作ボタンのエレベーターです。昔のデパートのエレベーターを思い出しました。

重厚でゴージャスな内装

DSC_3951

エレベーターを降りて受付にて案内パンフレットをいただいて見学スタート。まず目の前には2階回廊部分がお出迎え。大理石で構成された重厚でゴージャスな空間に圧倒されます。

明治生命館の見学ですが、商業目的でなければ内部の撮影は許可されています。これはカメラ好きにはうれしいですね。ありがたく撮影させてもらいながら見学を進めていきます。

DSC_3960

フロアは吹き抜け構造になっていて、1階の様子を見下ろすことができます。

 

DSC_3956

2階の回廊を進みながら、各部屋を見学させてもらいます。明治生命館は戦後GHQにアメリカ極東空軍司令部として接収されていた時代があり、この会議室はかのマッカーサー総司令官も使用していたそうです。内装や机・椅子などの家具類も重厚感ありますね。

 

DSC_3965

こちらは食堂。およそ30人ほどが並べるスペースになっています。調理された食事は1Fから専用のエレベーターで2Fへと運ばれていたようですね。食堂の控室にエレベーターが設置されていました。 

 

DSC_3966

 

DSC_3968

館内を照らす灯りもそれぞれの空間にあわせたシャンデリアで装飾されています。室内はアンティーク、吹き抜けはゴージャス。 

 

DSC_3980

こちらは応接室のようです。高級そうなソファーとこれまた高級そうなカーペット。家具もアンティークで高品質なものが揃えられているのでしょうね。

DSC_3982

応接のソファーには灰皿が備え付けられていました。このあたりは時代を感じますね。 

 

1Fは現役の店頭営業室

DSC_3988

 1Fへと降りてきました。1階も大理石の柱や床になっています。ここは店頭営業室。今も「丸の内お客様ご相談センター」として現役で使われているんですね。ちなみに床の大理石にはアンモナイトの化石が埋まっているところがあるそうなので、探してみても面白いですね。私はそわそわしながらあたりの写真を撮影していたので見つけることはできませんでしたが・・・気づかなかっただけかな。

DSC_3994

受付カウンター、待合のベンチ、そして大理石の柱、吹き抜けの空間。こんなゴージャスな中で保険の相談・・・なぜだかドキドキしてしまうのは私だけでしょうか。 

 

DSC_3990

DSC_3997

上を見上げると装飾された天井にクラシックなシャンデリア。どの角度から見ても重厚で美しい空間。すばらしい雰囲気を味わえる「明治生命館」です。

土曜日の12時頃に明治生命館に行ったのですが、見学している方がたまたまなのかほとんどいらっしゃらず、ほぼ独り占め状態で写真を撮りつつ見学することができました。見応え、撮り応えのある重厚で豪華な明治生命館。とても満足でした。

丸の内の散歩のついでに見学できる明治生命館。カメラ好きの方にもおすすめのスポットです。

ギフト限定のドライプレミアム!「アサヒ ドライプレミアム豊醸 薫り贅沢ビター」!

ビール

DSC_4117

 2016年冬のギフトセット限定商品!

近所のコンビニで見つけた「アサヒ ドライプレミアム豊醸 薫り贅沢ビター」を購入してみました! 元々は2016年のお歳暮シーズンにギフトセットで投入された限定醸造のビールです。年が明けて、お歳暮で捌ききれなかったギフトセットをバラして単品販売するお店も出てきていて、たまたま近所のコンビニで出会ったという次第です。当然単品用のバーコードが登録されておらず、レシートには「商品」とだけ書かれていました。なにはともあれ飲みたかったのでラッキーでした。

 

DSC_4118

 2016年のお歳暮シーズンに投入されたビールということで、ラベルデザインもお正月に飲まれることを想定したデザインになっています。ゴールドにグリーンの市松模様、そして日の出と鶴。正月らしいですね。

ラベルにはビールの説明書きがあり「本場ドイツハラタウ産認証ホップ使用」とのこと。ドライと言えばキレ味ですが、ドライプレミアムは飲みごたえやコクがあるビール。そこに香り高いハラタウ産ホップを投入しているということで、なかなか楽しみなビールです。 

 

ホップの薫りと苦味、そしてコクのある飲み心地

DSC_4120

 

缶を開けてグラスに注いでいくと明るめのゴールドのビールが姿を現します。ハラタウ産ホップを使用しているということで注いでいるところからもほのかにホップの華やかな香り。飲んでみるとホップの苦味と香り、そして甘みが口に広がります。苦味と甘味が絶妙なバランスで、かつアルコール度数6%とやや高めながらアルコールのエグみを抑えて飲みやすさと飲みごたえが上手く両立したビールに仕上げています。適度にコクもあって高いレベルでバランスの取れたビール。

原料には麦芽とホップのほか米、コーン、スターチと副原料を使っていて、うまい具合に味を調節しているようですね。ギフトとして送られるビールですから、飲みやすさを追求するのは大事なポイントではないでしょうか。そしてこの「香り贅沢ビター」はその飲みやすさと飲みごたえを上手く両立させているビールだと思います。さすがギフト限定。ただのビールじゃなかった。

 

年が明けて3週間、近所のコンビニやスーパーにギフト限定がバラ売りされていることもありますので、もし見かけたらぜひ買ってみてはいかがでしょうか?

東京駅限定のロールケーキ!ARINCOさんの「塩キャラメルロール」を食べてみました!

甘いもの お店

DSC_4026

東京駅でしか買えないロールケーキを食す! 

 

東京駅限定のロールケーキを食べました!

先日丸の内へ出かけた際に、奥さんへのお土産ということで何か甘いものでも、と駅をぷらぷらとしていたところ、東京駅限定というロールケーキを見つけました。お店の名前は「ARINCO」さん。POPのとろけるキャラメルの画に完全にノックアウトです。どう見ても美味しそう・・・

 

東京駅Arinco

お店の場所は東京駅八重洲北口1階の「東京駅一番街『TOKYO Me+(トウキョウミタス)』です。ちょうど八重洲側の通路に面している場所に出店されているので、わかりやすいかと思います。ガラス越しにキッチンの様子を見ることができて、スイーツを作っているところが見られるかもしれません。

以前同じくTOKYO Me+で「肉球マドレーヌ」を買いましたが、こちらも絶品でした。

daiki-photo.hatenablog.jp

 

東京駅限定の「塩キャラメルロール」を購入!

DSC_4031

 ということで今回のお土産は東京駅限定で販売されている「塩キャラメルロール」!価格は税込1,429円。箱のデザインからしてすでに美味しそうな雰囲気が漂っています。

DSC_4034

箱の側面には店名の通りアリさんのロゴ。

DSC_4037

箱を開けるととろっとしたキャラメルがたっぷりかかったロールケーキが姿を現しました!思ったよりたっぷりのキャラメル!これは想像以上・・・! キャラメルはイタリア・サルディーニャ島の天然塩を使った塩キャラメルとのことで、期待が膨らみます。

 

DSC_4039

箱から出してみると、ロールケーキのほぼ全面がキャラメルでコーティングされています。サイズは10センチから12センチほどで、2人で分けて2回で食べ切れそうな大きさ。ナイフを入れてカットしていきます。

 

程よい甘さで食べやすい!

DSC_4051

さっそくカットしたロールケーキをおやつにいただくことにしましょう。ロールケーキの端っこはとろっとしたキャラメルが側面まで垂れてきていて美味しそう。

DSC_4054

ロールケーキにかかっているキャラメルはトロトロで柔らかい食感なのですが実はしっとりと固まっています。プルプルで不思議な感覚。 

  

DSC_4060

 

さっそく食べてみると、もちっとしたロールケーキに生クリームとキャラメルのコーティングが絡み合って絶品!とても甘そうに見えますし、私自身もとびきり甘いロールケーキを想像していたのですが、これがなかなか甘さ控えめで食べやすい。コーティングされている塩キャラメルはビターで、ロールケーキの生クリームも自然な甘さ。いい意味で裏切られた感じ。大人のスイーツ。コーヒーや紅茶と合わせて食べるとより美味しい。

DSC_4045

ロールケーキの中には黒いかたまりが巻かれているのですが、これはカリッとしたキャラメルでふわふわしっとりとしたロールケーキの中で食感的にも味にもいいアクセントになっています。

箱から出した時のビジュアルのインパクトから、食べた時に感じる意外とビターで大人な味わいまで最初から最後まで楽しめるARINCOさんの塩キャラメルロール。味も美味しいし、見た目も良くていいおみやげになりそうです!

 

電車での持ち帰りもいけそう

DSC_4042

 

東京駅の中にお店がある、ということで東京観光や帰省のおみやげにしても良さそうです。持ち歩きについては2時間までは無料の保冷剤で、2時間を超える場合は保冷バックの購入が必要になります。電車で揺られてロールケーキが崩れないように台紙に金具が付いていてロールケーキを固定しています。気をつけて持っていけば新幹線で持ち帰るのもいけそう。

賞味期限は翌日までとなっているので、持ち帰ってさくっと食べてしまうのが良いですね。買った当日のおやつ、翌朝の朝食として2人で食べてちょうどいいサイズでした。価格的にもお手頃で、なかなか満足度の高いスイーツではないでしょうか。

 

ちなみにARINCOさんは東京駅以外にも京都・嵐山やディズニーランドのある舞浜・イクスピアリにもお店を出されています。さらには羽田空港や談合坂SA、北陸自動車道など空港や高速道路でしか買えない限定ロールケーキを展開。その場所でしか買えないというロールケーキが全国各地に広がっています。

www.arincoroll.jp

 

さらにはオンラインストア限定のロールケーキもあって、食べたいものばかり。。。むむむ、悩ましい。

www.p-paradis-store.com

 

東京駅限定のロールケーキはしっとりビターな大人の塩キャラメルロール!おみやげに買っていきたいARINCOさんのロールケーキでした!