読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネコと夜景とビール

NikonのD7100で撮影した写真です 路地ネコ、ジャンクションなどの夜景、限定醸造ビールの写真を中心に載せています。

秋葉原・万世橋でクラフトビール!「常陸野ブルーイング・ラボ」へ行ってきました!

ビール カフェ・レストランなど

常陸野ブルーイングラボ

木内酒造の東京発の直営店!

 

週末に秋葉原・万世橋にある「マーチエキュート 神田万世橋」へ行ってきました!お目当ては、茨城のクラフトビール「常陸野ネストビール」の直営販売バー「常陸野ブルーイング・ラボ」です!創業200年の老舗酒蔵「木内酒造」さんが20年前に醸造・販売を開始したクラフトビール「常陸野ネストビール」が樽生で飲めるお店なのです。少し遅いですが母の日のプレゼントを兼ねて、ビール好きの母親を連れて遊びにいってきました。

mAAch マーチ エキュート 神田万世橋

 「マーチエキュート 神田万世橋」はその名の通り万世橋のそばにあります。秋葉原駅からは徒歩10分ほどでしょうか。電気街やオタク文化の秋葉原とはまた違った秋葉原が楽しめる一角です。

 

常陸野ネストビールはクラフトビール取扱い店でもよく見かけていたのですが、実はこれまで飲んだことがなかったので、自分としても楽しみ。常陸野ネストビールは海外にも積極的に出荷されていて「世界一売れているクラフトビール」とも呼ばれていたりします。

 

www.kodawari.cc

 

常陸野ブルーイングラボ

 「マーチエキュート神田万世橋」は、その昔、中央線の神田と御茶ノ水の間にあった「万世橋駅」の煉瓦づくりの建物を使ってレストランやカフェ、ショップを展開している商業施設です。昔の煉瓦をそのまま使った内装で、とても雰囲気のあるお店ばかり。 

 

 

常陸野ブルーイングラボ

 「常陸野ブルーイング・ラボ」の店内も、昔の赤い煉瓦の壁をそのまま活かした内装になっていて、とてもオシャレなビアパブといった雰囲気。

  

常陸野ブルーイングラボ

 壁面はカウンターテーブルになっていて、販売されているビールやビアグラスや商品などが展示されており、店内を見渡すだけでも楽しいです。「常陸野ネストビール」のロゴマークであるフクロウ、かわいいなー。

 

 9種類のビールから選んでいただきます

常陸野ネストビール

 店内ではキャッシュ・オン・デリバリー制(商品の注文ごとにレジでお会計)になっており、テーブルでメニューを見てからレジへ。まずは日本ビールらしい定番の「常陸野ネストラガー」と芳醇な麦芽の香ばしさが味わえる「アンバーエール」を注文!グラス一杯680円とお値段もお得に感じます。グラス一杯は330mlなので、量としてもちょうどいい感じ。

 

アンバーエールは少し強めの炭酸に、香ばしい麦芽の香り。ホップの苦味がしっかりあって、さらにアルコール度数は6%と飲みごたえのあるビール。

ネストラガーは日本のビールらしいラガービールですが、ホップの香り高いビール。ホップの苦味も効いていて、個人的に好きなビールでした。 

  

常陸野ブルーイングラボ

バーカウンターにはタップがずらっと並びます。クラフトビールを樽生で飲めるのって美味しいですよね。。うっとり。

 

 せっかくなのでおかわりを

常陸野ネストビール

 ビール好きだと一杯じゃおさまらないですよね。ということで昼間からおかわり。今度はイギリススタイルの「ペールエール」にローストした麦芽の香ばしさが魅力の「スウィートスタウト」をオーダー。

 ペールエールは特徴のあるホップの香りですが、スッキリとした苦味が爽やかで飲みやすいビール。スイートスタウトはアイスコーヒーのようなローストされた麦芽の香ばしさがありますが、見た目よりすっきりした味わい。コクと苦味が飲んだ後にすーっと引いていく感じです。

どれも特徴的ですがバランスのとれた美味しいビール。

 

 

常陸野ブルーイングラボ

おつまみに黒糖七味ナッツを注文してみました。黒糖の甘さと、七味のピリッとした辛さが混ざって甘辛ナッツがビールによく合います! 

 

 

常陸野ブルーイング・ラボ

お冷は「酒蔵の仕込み水」で微炭酸のミネラルウォーター。これがまた美味しい。こういう部分にも酒蔵のこだわりが感じられていいですね。

 

 

ひと味違った秋葉原の空気

常陸野ブルーイングラボ

 お店の外、神田川沿いはテラスになっていて、飲食を楽しめるようになっています。これからの季節、屋外で飲むのも気持ちいい季節ですよね!店外テラスでちょっと一杯なんていうのも。

 

川の向こうは電気街。神田川を挟んで、いわゆる秋葉原のイメージとはちょっと違った一角で、最高のクラフトビールを飲む休日。最高です。

 

 

 

日本のクラフトビール図鑑

日本のクラフトビール図鑑

 

 

中望遠レンズをつけて上野動物園へ行ったら望遠ズームレンズが欲しくなる罠

動物 カメラ・レンズ・その他カメラ用品

上野動物園_パンダ

 

中望遠単焦点レンズで動物園に挑む

 

週末に上野動物園へ遊びに行ってきました。今回は中望遠単焦点レンズのAF-S NIKKOR 85mm f/1.8GをD7100につけての撮影です。焦点距離は127.5mmとなりますが、動物園での撮影はどれくらい撮れるかな、という個人的な試みです。

 

Nikon デジタル一眼レフカメラ D7100 ボディー D7100

Nikon デジタル一眼レフカメラ D7100 ボディー D7100

 

  

Nikon 単焦点レンズ AF-S NIKKOR 85mm f/1.8G フルサイズ対応

Nikon 単焦点レンズ AF-S NIKKOR 85mm f/1.8G フルサイズ対応

 

 

ちなみにこの日は谷根千散策から上野動物園というコース。上野公園へと通じる道に入ってくるとものすごい行列。東京都美術館の「若冲展」の行列は上野公園の外れ、東京芸術大学の側まで続いていて、入場までの待ち時間はこの時点で210分、、スゴイ行列を目の当たりにしました。。。

 

  まずはパンダの撮影へ!

上野動物園_パンダ

動物園に入園して、まずはパンダにご挨拶。土曜日の昼過ぎでしたが、この日はパンダの前はそれほど人混みはなく撮影することができました。127.5mmの焦点距離だと、パンダの全身像を収められますね。ガラスへの写り込みはPLフィルターが必要でしょうか。

ちなみに2年前に、知人からAI AF VR Zoom-Nikkor 80-400mm f/4.5-5.6D EDという望遠ズームをお借りした際にも上野公園で試し撮りをしていたので、当時の写真と比べてみました。この写真は約280mmで人混みの後方から撮影していました。ちなみに80-400だと、APS-Cサイズのセンサーでは120mmから600mmという超望遠レンズになりますね。

パンダは人混みの具合によりますが、85mmでも十分撮影できそう。写り込み対策が上手く行けばなお良しですね。

 

続いて猛禽類エリアへ

上野動物園_フクロウ

 

続いては猛禽類のエリアへ。鳥の撮影は望遠で檻を消して撮影しましょう!ということでしたが、今回の中望遠でも檻はなんとか消せています。おとなしめのフクロウを撮影。

 

 

上野動物園_タカ

 

こちらは前回の80-400での撮影。望遠端の400mm(都合600mm)で撮影していました。檻も消えるし、精悍なタカの表情がわかるところまでズームできていますね。

 

 

 ゾウは意外と難しい

上野動物園_ゾウ

 

お次はゾウへ。上野動物園のゾウのエリアはワイヤーで囲われているので、ある程度の焦点距離ではワイヤーが入ってしまいますね。この時点でお昼に飲んだビールのほろ酔い加減と照りつける太陽に集中力を欠いてしまい、構図が雑ですね。。。

 

 

上野動物園_ゾウ

 

前回は330mm相当の望遠でゾウの顔のアップを撮っていました。ゾウの鼻が入っていないものの、こういう切り方もありといえばありでしょうか。ワイヤーは入っていませんが、どう切り取ればいいのか。ゾウの撮影は難しいですね。

 

 

 サル山へ

上野動物園_サル

 

今度はサル山へやってきました。暑くなる時間帯、サルたちも日陰で休んでいたりしてそこまで活発ではありませんでしたが動いているサルを追いかけて写真を撮ってみました。127.5mmだと、この大きさが限界。

 

 

上野動物園_サル

 

体重計に乗るサル。面白い試みですね。大人のサルの体重は10から15キロ程度だそうなので、このサルは子ザルか若ザルというところでしょうか。

 

 

上野動物園_サル

 

この写真は360mm相当。動きまわるサルを望遠で追いかけるのは楽しいんですよね。

 

 

ついつい長居してしまう、プレーリードッグのエリア

上野動物園_プレーリードッグ

 個人的にいつも長居してしまうプレーリードッグのエリアへ。カワイイ。。。127.5mmだとこれくらいの距離感。

  

上野動物園_プレーリードッグ

 まだまだ小さいプレーリードッグ。去年産まれた赤ちゃんたちかな?

 

  

上野動物園_プレーリードッグ

 

こちらは300mm相当の望遠で撮影。やっぱりこれくらい寄って撮りたいなぁ。。

 

 

中望遠で行ったのに、帰ってきたら望遠が欲しくなっている。。。

中望遠単焦点レンズ・AF-S NIKKOR 85mm f/1.8Gでの動物園撮影でしたが、帰って写真を見てみると、やっぱりもう一歩寄って撮りたいなぁ、と感じる距離感。動物園にはやっぱり望遠レンズが欲しくなってしまいます。400mmとまでは言いませんが、望遠端が200から300mmはあると動物に寄った撮影が楽しめそうですね。うーむ、望遠レンズが欲しくなってしまいました。

 

 前回お借りした80-400mmの望遠レンズ。重量感はありますが、楽しい撮影だったことを思い出しました。下のは旧型なので多少は値段が下がっているみたいですね。

Nikon Ai AF VR NIKKOR ED 80-400mm F4.5-5.6D

Nikon Ai AF VR NIKKOR ED 80-400mm F4.5-5.6D

 

 

築80年の家屋で飲むビール!「谷中ビアホール」で谷中ビールを飲んできました!

カフェ・レストランなど ビール

谷中ビアホール

 

築80年の家屋を利用したビアホール!

 

上野と谷中の間に位置する「上野桜木」。その一角に、古民家を活用しているビアホールがあるということで行ってきました。古民家3軒をテンポとして使用する「上野桜木あたり」にある「谷中ビアホール」です!前から存在は知っていたのですがお店訪問は初めて。

 

uenosakuragiatari.jp

 

「上野桜木あたり」は文字通り上野桜木のあたりにある施設。近くには有名な「カヤバ珈琲」があります。公共交通機関からのアクセスは若干遠めで、JR日暮里駅南口、千代田線の根津駅、千駄木駅のどこから歩いても約10分ほどかかるのですが、谷根千散歩の途中に寄るのが良い感じです。私はいつも谷根千散策から上野公園の方へ通るコースを歩いているので、ちょうど途中に「上野桜木あたり」があります。ここでちょっと休憩して上野方面へ、みたいなポイントですね。

 

ここでしか飲めない「谷中ビール」 

谷中ビアホール

 古い家屋を使った店内に入ると座席は20から30ほど。中庭にも座席があります。席を確保してさっそくビールのメニューを見ると、ここでしか飲めない「谷中ビール」をはじめ4種類のビールを飲むことが出来ます。ビールを製造しているのは「アウグスビール」という会社で、国内のクラフトビールのコンペティションで何度も受賞しているそうで、飲むのが楽しみです! 

 

www.augustbeer.com

 

 4種類のテイスティングセット!

谷中ビアホール

 

今回はどれを飲もうか迷ってしまったので、4種類のビールを飲み比べできる「テイスティングセット」を注文しました!これで1,200円はお得。昼からビール飲み比べなんて、幸せだ。。

 

 

谷中ビアホール

 

上のプレートにはそれぞれ「谷中ビール」「ホワイト」「アウグスオリジナル」「IPA」の4種類が乗っています。

 

 

谷中ビアホール

 まずは谷中の名を冠した「谷中ビール」からいただきます。ラガータイプながら苦味は控えめですが、どこかアンバーエールのような麦芽のコクがあって飲みやすく美味しい!

お次は「アウグスオリジナル」。ゆるめの炭酸は酵母無ろ過の影響でしょうか。無ろ過ビールながらキリッとしていて、柑橘系の苦味が楽しめるビールです。

「IPA」は苦味しっかり。ですが、決して強すぎないので飲みやすいですね。グレープフルーツのような爽やかさ。パンチの効いたビールが好きならこれがいいですね。

「ホワイト」は大麦麦芽を使用したオレンジピールやコリアンダーの香りを効かせたビールですね。個人的には白ビールは苦手だったのですが、香りも控えめで全体的に飲みやすくなっていました。これは苦いビールが苦手な方にもオススメできそう。

 個人的な好みでは、まずは「谷中ビール」で乾杯のあと、おかわりは「IPA」、という流れが好きそうです。次はじっくりひとつひとつを楽しむ飲み方をしたいなー。

  

 

谷中ビアホール

 

また、ランチの時間には食事のメニューでカレーとナポリタンがオーダーできます。同行した方がカレーを頼んでいましたが美味しそう。。。

 

まだまだ魅力のつまった「上野桜木あたり」!

今回は谷中ビアホールで谷中ビールを堪能してきましたが、「上野桜木あたり」には他にもカヤバ珈琲の出しているパン屋さん「カヤバベーカリー」や塩とオリーブの「おしおりーぶ」、雑貨やアパレルを販売する「でも俺5時間だからユウスケ」などのお店が入っています。そしてこの「上野桜木あたり」という古民家をそのまま活かした一角がなにより魅力的な場所です。今回はビールメインで写真を撮ってしまったので、次回は上野桜木あたりの空気が伝わるような写真を撮ってみたいですね!