読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネコと夜景とビール

Nikonのデジタル一眼レフカメラ・D7100で撮影した写真を掲載しているブログです。路地ネコ、ジャンクションなどの夜景、限定醸造ビールの写真を中心に載せています。

玄関先でネコさんと出会う

DSC_9187

 な、なにやつ!?

 

実家近くを散歩しているとよくネコさんに出会います。住宅街ということもあっていろいろな場所でネコさんが暮らしているのですが、おそらく飼い猫ではないはずなのに、その家に馴染みきっているネコさんもいたりします。

 

こちらのネコさん、玄関へのアプローチをとことこと歩いているのを見かけたのでカメラを構えたのですが、気配を察知されたのかばっと振り向かれてしまいました。

 

DSC_9188

怪しい者ではありませんよ、お互いに、、、

 

DSC_9190

 お互いに体勢を整えて、カメラ越しに再び向き合います。お互い距離は離れていますが、妙な緊張感のある表情のネコさん。警戒されてますね。

 

DSC_9193

 最後までじーっと見られたままでお別れ。お邪魔しました。

 

DSC_9295

帰り際に見かけたイヌさんの緊張感のないおやすみスタイルが妙にほっとしたのでした。

群馬・館林の桜の美しさを知った2017年の春

DSC_6985

 

2017年の桜鑑賞は群馬・館林の桜でした

 

例年より見頃を迎える時期が少し遅めだった関東の桜もほとんど散ってしまい、若々しい葉桜が目立つようになりました。毎年どこかしらで桜の花を見たり、写真に撮ったりしてきましたが、今年見た群馬・館林の桜の美しさは素晴らしいものでした。また来年も行きたいなという気持ちをまとめておきます。

 

鶴生田川の「さくらとこいのぼりの里まつり」

 NHKのラジオの朝のニュースでふと耳にした館林の「こいのぼりの里まつり」の話。これがきっかけで館林に行くことになったのですが、4,000匹を超えるこいのぼりと満開の桜の共演は圧巻。実は、私たちが館林に行ったのは桜ありきでのスケジュールではなく、たまたま行った時に桜が満開だったという話なのですが、本当に見られてよかった。このときは天気は小雨まじりの曇り空でしたが、次は青空をバックに満開の桜とこいのぼりを見てみたいところです。

daiki-photo.hatenablog.jp

 

満開の桜とこいのぼりの共演を写真に撮ってみて困ったのは「カレンダーにこの写真を使うとき、4月に使うのか、5月に使うのか」というところでしょうか。 

 

「東武トレジャーガーデン」の桜と芝桜

DSC_7260

館林の桜の名所のひとつ「東武トレジャーガーデン」にも行ってきました。こちらは桜の見頃の時期が遅れたおかげで、芝桜と桜の共演を見ることができたのでした。東武トレジャーガーデンでは7年ぶりの出来事だったとか。広告では芝桜やバラが全面に出ている印象ですが、なかなかどうして桜の木も立派なものばかり。枝ぶりがよく、とても見栄えのいいものばかりでした。

daiki-photo.hatenablog.jp

天候や時間帯などもあると思いますが、人が多すぎず、自分のペースでじっくりと桜鑑賞が楽しめる環境で、写真も撮りやすかったですね。花見の騒がしさも嫌いではありませんが、たまにはじっくりゆっくりと桜を愛でるのもよいものです。

バラの時期はかなりの人出になるようですが、バラもぜひ見に行きたいところ。

 

館林は意外と便利だった

DSC_7162

東武スカイツリーライン沿線民・埼玉県民(今は東京在住ですが)として「館林」と聞くと伊勢崎線の終点駅で、なんか遠そう・・・というイメージしか持っていませんでした。それが自動車で行くと実家のある埼玉の草加からは館林まで東北自動車道で1時間かからないという距離。あれ、意外と近い。

しかも、館林は埼玉と栃木の県境にあるので、車で15分も行けば栃木県・佐野の「佐野プレミアムアウトレット」にすぐ行けるのでした。

DSC_7154

桜を見て、買い物もして、大満足。じっくり写真を撮らせてもらった分、奥さんにはアウトレットで買い物を満喫してもらう、みたいな感じで家族みんなで満喫できるコースでした。

桜は見事、アクセスもなかなか便利な館林。桜以外にも写真の撮りがいのある場所が他にもありそうな雰囲気で、また訪れたい街のひとつになりました。

「完璧な」黒ラベルを飲みに、「the Perfect BAR 2017」へ行ってきました!

DSC_7434

「パーフェクト黒ラベル」を飲む!

 

土曜日に東京ミッドタウンへ行ってきました。目的は、「完璧な」サッポロ生ビール黒ラベルが飲めるというイベント「the PERFECT BAR 2017」!黒ラベルの誕生40周年を記念しての特別なイベントになっています。

 

先日「これに行きたいのだ!」という記事を書いた手前、行かないわけにはいかない!ということで、ビール好きの母親を誘って行ってきた次第です。

daiki-photo.hatenablog.jp

 

会場は東京ミッドタウン ガレリア内の「アトリウム」。吹き抜けの天井のフロアに4日限りの特別なバーが建てられています。土曜・日曜は朝11時からスタートということで11時15分頃に会場に到着した時にはすでに満席!そして30人近い行列ができあがっていたのでした。まさかこれほど待つとは・・・! 

  

DSC_7385

徐々に行列が進んで、ようやくチケットを購入することができました。今回の「パーフェクトバー」はパーフェクト黒ラベルが1杯飲めるのに加えて、なんとお土産付き!今回のイベント限定のグラスと2017年4月25日(火)から数量限定で発売される「サッポロ生ビール黒ラベル エクストラブリュー」が1本持ち帰ることができるのです!なんて太っ腹なんだサッポロビール! 

 

DSC_7389-2

今回の「パーフェクトバー」の最大の目玉は、40種類ものグラスの中から自分で好きなグラスを選んでビールをサーブしてもらえるというところ。バーカウンターに通される前に、グラスを選ばなければなりません。大きさ、形、深さ、素材・・・これは迷いますが、並んでいる方みながら迷いながらも楽しそうで嬉しそう。私は結局迷った末にオーソドックスなタンブラータイプを選択しました。

 

DSC_7392

バーカウンターには星型の棚にグラスが並べられ、黒い壁に黒ラベルのシンボルマークである黄色い北極星が映えます。 

 

いざ、カウンターへ!

DSC_7400

15分ほど並んで、ようやくバーカウンターへと通されました!私の目の前はビールサーバーが。このサーバーから「パーフェクト黒ラベル」がサーブされるのですね・・・!

後ろの保冷庫にはグラスが入れられていて、出番を待っています。それにしてもわくわく。チケットと自分が選んだグラスの番号カードを渡して、いよいよパーフェクト黒ラベルが登場です!

ちなみに、パーフェクト黒ラベルとは3つの「C」にこだわった黒ラベルのことを指しています。ミクロン単位のきめ細やかさにこだわった口当たりのいいクリーミーな泡「Creamy」のC。次に、飲む度に「レーシング」と呼ばれる天使の輪っかのような泡の跡ができるほどジョッキやタンブラーを徹底的に洗う「Clear」のC。そして黒ラベルの味と香り、そして美味しさを最大限に引き出すためにグラスやビール樽などの温度管理、「Cold」のC。これら3つのCがクリアされたのが「パーフェクト黒ラベル」なのです。

 

DSC_7407

まずは母親がチョイスしたグラスからサーブしていきます。液体のビールの注ぎ口と泡の注ぎ口があり、ビールと泡の比率を「7:3」の黄金比率にしてビールが注がれていきます。 

 

DSC_7410

少し背が高く、肩とくびれのある特徴的な形のグラスに注がれたパーフェクト黒ラベル!美しい・・・ 

 

DSC_7406

そして私のチョイスしたタンブラーにも黒ラベルが注がれてやってきました。泡が真っ白で細かく、クリーミーであるということが見てとれます。そしてエビスビール記念館で学んだ、いつまでもクリーミーな泡が残る「フロスティミスト」も泡とビールの境目に見えますね。

見ているだけで惚れ惚れする美しさ。さっそく飲んでみましょう! 

 

DSC_7412

黒ラベルを最も美味しく適度な冷たさでサーブされたビールは、一口飲む度にキレ味のよい喉越しを感じさせてくれます。そして麦芽の旨味とともに爽やかな後味はほんの少しの酸味が交じる感じ。あー美味しい。飲むと思わず笑いがこみ上げる美味しさ。いつも飲んでいる「黒ラベル」ももちろん美味しくて好きですが、すべてにおいて完璧な状態の「パーフェクト黒ラベル」には脱帽するしかありません。

 

DSC_7413

DSC_7416

パーフェクト黒ラベルにはおつまみとしてミックスナッツがついてきます。これを容器に出してポリポリと食べながら黒ラベルをまた一口。適度な塩味がビールを引き立ててくれますね。

 

DSC_7420

説明の通り、グラスには飲んだ跡のレーシングがキレイに見えています。美味しいビールは思わずグビッといってしまうせいか、一口がいつもより多いなぁ。

 

DSC_7424

隣の席に座った方々もそれぞれ違うグラスを選んでいましたね。どのグラスをチョイスしたかを見るのもちょっとおもしろかったりして。

ちなみに全40種類のグラスは大きさもバラバラで、一番少ない容量のグラスは320mlから、一番大きなグラスはなんと600mlまで!私がチョイスしたタンブラーは大きめのものだったらしく、カウンターのお姉さんに聞いてみると560mlのラージサイズのタンブラーだったようです。ちょっとたくさん飲めてラッキーだったかも。

 

DSC_7427

そんな話をしながらも、美味しいビールはどんどん進んで、あっという間に完飲。見事なレーシングを見せてくれました。ごちそうさまでした。

 

DSC_7438

 

DSC_7455

 カウンターを出るときにはお土産をいただけます!グラスもしっかりとしたタンブラーで決して安物ではない感じ。これは嬉しいなー。いただいた「エクストラブリュー」はこのグラスで飲むことにしましょう。楽しみ!

 

40周年の黒ラベルを応援!

DSC_7465

DSC_7445

今年誕生から40周年を迎えた黒ラベル。最高に美味しい一杯をいただいて、大満足で「パーフェクトバー」を後にしました。普段から黒ラベルは好きなビールですが、完璧な状態でサーブされた黒ラベルの美味しさは格別で絶品。また好きになってしまいましたね。

 

東京ミッドタウンに現れた「パーフェクトバー2017」は4月16日(日)までの営業ですが、普通の飲食店でもパーフェクト黒ラベルを提供しているお店があるみたいですね。今度見かけたら立ち寄って飲んでみたいなぁ。

パーフェクトな生ビール|黒ラベル | サッポロビール

 

今年は黒ラベル誕生から40年。今年のうちにもう一度、「パーフェクトバー」が開催されたらいいのになぁ・・・なんて思いながら。サッポロさん、なにとぞ!