ネコと夜景とビール

Nikonのデジタル一眼レフで撮影した写真を掲載しているブログです。路地ネコ、ジャンクションなどの夜景、限定醸造ビールの写真を中心に載せています。

始発電車に乗って、東京駅の向こうに見える夜明けの空を撮ってきました!

東京駅_夜明け

日の出を待つ東京駅

 

ふと思い立って、東京駅の朝焼けを撮りにいってきました。いつも行幸通りから東京駅の夕景・夜景を撮るときは、東京駅に向かって背中側に太陽が沈んでいきます。なので、東京駅のバックは空の色はあまり変化なく夜の闇へと変わっていきます。なら日の出のタイミングなら東京駅のバックの空の変化が楽しめるのでは!?と、前日早めに布団に潜り、朝の天気予報を確認して出発です!

 

 

夜明け前、シルエットの東京駅も美しい

東京駅_夜明け

この日の日の出時間は6時30分。地元の駅から始発に乗って、東京駅に到着したのは5時50分。東京駅の向こう側が白く明るくなり始めていました。撮影ポイントを探して三脚を立てます。さすがにこの時間に撮影している人はいませんでした。

東京駅の丸の内側、行幸通りから東京駅を見る方角はほぼ東向き。朝日の昇る方角です。ここで日の出を待てば、朝焼けが見えるということですね。

東京駅の向こう側、空の低いところから色が薄くなって、キレイなグラデーションになっています。東京駅は窓からもれる灯りのみで、ライトアップもなくシルエットが映るだけ。シルエットだけの東京駅もまた美しいものです。

 

 

 

東京駅_夜明け

 

朝6時を回って、空はさらに明るくなっていきます。東京駅の向こうには朝焼けが見えます。まだ街は静かに、人も車もほとんど通らない日曜日の朝。普段は土日も明かりが煌々と灯る高層ビル群も、流石にこの時間帯はほとんど電気が点いていません。少しの灯りと空の色だけを楽しめます。

 

 

 

東京駅_夜明け

 日の出まで、まだ20分ほどありますが、東京駅の背後にはもう太陽の光が見え隠れ。薄い紫がかった空のエリアも少なくなってきました。東京駅越しに見るマジックアワーの空。 

 

東京駅_夜明け

日の出まであと10分。あっという間に空の色は白く薄くなり、もう朝の空になりました。

   

東京駅_夜明け

日の出の時間が過ぎ、人の往来も車の往来も増えて、街は慌ただしくなってきました。高層ビルの隙間から、太陽の光が差し込んで、さらに反射してビルを照らしているようです。いよいよ東京駅が動き出します。

  

夜明けの撮影は、夜景とは違った美しさが楽しめる

夜明けの東京駅、いい空間でした。シルエットだけでも美しい東京駅、東京駅越しに見える淡いブルーから紫に変わる朝焼けの空の色。この時間にしか見られない特別な景色です。夜景とは違った美しさが楽しめる朝の撮影。早起きをして見る価値のある空でした。

 

夜明け前とは言えまだまだ暗い時間。キレイに撮るには三脚を使ったほうがよいですね。スローシャッターで撮れば空の色もキレイに写せます。

SLIK 三脚 カーボン 723 EX III 3段 中小型 107942

SLIK 三脚 カーボン 723 EX III 3段 中小型 107942

 

 

今回の写真はD7100に広角レンズを付けての撮影です。 

Nikon デジタル一眼レフカメラ D7100 ボディー D7100

Nikon デジタル一眼レフカメラ D7100 ボディー D7100