ネコと夜景とビール

Nikonのデジタル一眼レフで撮影した写真を掲載しているブログです。路地ネコ、ジャンクションなどの夜景、限定醸造ビールの写真を中心に載せています。

ネコと夜景とビール

超広角レンズを携えて、箱崎ジャンクションの夜景を撮影してきました!

箱崎ジャンクション_夜景_広角レンズで撮影

広角レンズを携えて、箱崎ジャンクションへリベンジ!

 

 

広角レンズを携えて、箱崎ジャンクションへ行ってまいりました!ジャンクション夜景を撮る方なら気になる「東の横綱」。この迫力を自分のカメラに収めたい、と再度撮影に挑戦します。

アクセスは東京メトロ「水天宮前」駅2番出口を上がるとすぐこの光景が目に飛び込んできます。セブン-イレブンのある交差点ですね。

 

昨年訪れた際は18mm(27mm相当)で画面に収まりきらず退却。満を持して広角レンズ10mm(35mm換算で15mm)で撮るとバッチリ全景が! まさにこれこそ箱崎!キング・オブ・ジャンクション!昔自分が見た箱崎ジャンクションの写真もこんな感じだったことを思い出しました。頭上に走る道路、その下を走る車のライトが残す光跡。写真に収めてみると改めてスゴイ迫力です。

 

  

daiki-photo.hatenablog.jp

 

 箱崎ジャンクション_夜景_キットレンズで撮影

ちなみに前回撮影したのは上の写真です。このときはD5000のキットレンズとしてついてきたAF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6G VRでの撮影でした。広角端は35mm換算で27mm。一般的には広角の部類に入りますが、箱崎ジャンクションを撮影するにはすこし画角が狭かった。頭上に伸びる高速道路が入りきってないですね。NIKONのレンズの方は光芒がキレイに出てますね。シグマのレンズで撮影した時の光芒もキライではないですが。

  

「ヤマタノオロチ」のような迫力!

箱崎ジャンクション_夜景_広角レンズで縦構図で撮影 

縦位置にして再度撮影してみます。頭上の道路の伸びやかさがより強調されて縦構図もいい感じ。5つ首の竜が頭上を飛んで行くかのような迫力。少し首の数が足りないですが「ヤマタノオロチ」のようですね!

しかし頭上にある信号まで入るなんて広角レンズ恐るべし。15mmの超広角の世界は、これまで体感したことのない広さでした。

 

10-20mm F4-5.6 EX DCはライトに強いのか、ゴーストやフレアがほとんど写り込んでいないようです。そしてこの画角の広さ。この一本で夜景撮影・ジャンクション撮影が劇的に変わった!といっても過言ではないくらいの広角の衝撃。ニコンの場合、メーカー純正の広角レンズはお値段が高めで値段が10万円を超えるものも多いのですが、シグマの広角レンズはAPS-Cセンサー限定のレンズではあるものの4万~5万で購入することができます。一眼レフを初めて買ったのが入門機で、次のレンズは広角が欲しい!というときは有力な選択肢のひとつになると思います。少しレンズ自体が重いところが欠点と言えば欠点ですが、この広角の世界は一度見るとクセになります。

 

ちなみにキヤノンだと純正でAPS-Cながら10-18mm(35mm換算で15mm-27mm)という広角レンズが4万円前後で購入できます。しかも軽量(240g)でスナップにも使えそう。これは羨ましい。。。入門機を購入して、広角レンズが欲しくなった時はかなり有力な選択肢になりそうですね。 

 

広角レンズとジャンクション撮影の相性は◎

街の中にあるジャンクションは撮影スポットも限られてアングルも限定されますが広角で撮れたら全体の広がりが収められるので、撮りがいがありそう。今回の箱崎ジャンクションでの撮影でそれを実感しました。箱崎と同じように都会の街中にある谷町ジャンクションとか、西新宿ジャンクションあたり再訪して、広角レンズで撮ってみたいと思います。

 

 谷町ジャンクションの写真はコチラ

daiki-photo.hatenablog.jp

 

 広角レンズで撮影した西新宿ジャンクションです

daiki-photo.hatenablog.jp